2011年12月14日水曜日

20th記念誌Vol.2表紙

昨年の我がチーム30周年記念誌デザインの時の表紙は、ほぼ全ページ出来上がりに近づき、ほとんど最後の段階での制作であった。けれどこの連盟20th記念誌ではかなり早い段階でのデザインを迫られた。鬼編・Nishimura編集長の命(めい)である。逆らうわけにはいかぬ。

私の場合、グラフィックデザインや本業の店舗デザインにも共通して言えるのは、すぐにアイディアが浮かんでサックサクに行けちゃう場合と、いつまでも「降臨」がなく時間ばかりが過ぎていく場合と2分される。この一番重要な表紙デザインは後者のほうであった。そーゆー時はとにかく頭に浮かんだインスピレーションをラフでがしがし描いていく。片っ端から、がしがし...がしがし....。
.....が、しかし。
描いても描いてもダメな時は、酒呑んで寝る。
昨晩は良いと思ったものでも、翌朝ラフスケッチを見てみたらガッカリするものもある。そーゆーのはダメだ。翌朝見ても「やっぱいいじゃん」と思えるものだけを残していくんである。

次の写真はそのラフスケッチ集。
1は大好きな映画「愛と青春の旅立ち」のラストシーンからインスパイアードされたアイディア。(これはのちに裏表紙となる)
4は随分前にこのブログでも紹介したけれど、娘の少年野球時代の5年生の時の写真からのアイディアエスキース。
良かったらクリック→「娘女妻母」
5は描きながら「こいつはダメだな」と思いながら描いたもの。しかし、この絵から次の発想につながることになる。
7の絵がそうだ。
描いてる途中から頭の隅に電気が走る。ストーリーがむくむく勝手に湧き上がる。0.9のシャーペンを持つ手が勝手に走り出す瞬間を感じる。

7を描き終わる前にすでに「これで決まった」との確信を得る。
宮前区少年野球のメッカは第一公園野球場。そのピッチャーマウンドは皆の憧れでもあるわけで。球場の中心でもあり、宮前連盟を象徴する意味もある。更にマウンドは盛り上がっていることから、山の頂上=頂点=本丸=勝利なんて発想にもつながってきた。その頂点を目指して全20チームが攻め上がる絵が浮かぶ。周りに各チームのヘルメットを配置する。当然「円」を形成することになった。この円もチームワークの「輪」=「和」とした。お互いライバルでありながらも、野球を通じて人と人との和を大切にして欲しいとの願いを込める。
「おいおい、それって後づけの理屈じゃねえの?」
とお思いの貴兄、時にそーゆーこともたましばあるけれど、この時は本当に手の動きと頭のストーリーが同時進行していたんである。ラフをスキャンしてMacで色をザックリ彩色。
これらを記念誌メンバーの何度目かの会議にプレゼン。プレゼンには手法と順番と言葉の「キレ」がモノを言う。このアイディアを採用させるために、流れをコントロールするわけだ。思惑どおりにメンバーから賛同を得られた。

このスケッチを元に全チームが集合する大会日程を睨み、後日写真撮影の段取り。Kasahara社長、Nishimura編集長立ち会いのもと。
N編集長、プロ級カメラマンの花の台フラワーズNemoto師匠を中心に、大勢の記念誌メンバーによって撮影する。私は参加出来なかった(Vol?裏表紙編でも書く予定)
その写真がこれ。改めて写真は光と陰がいかに重要かと思い知らされる。
さすがは師匠のレンズと腕の差を思い知らされた。
この段階ではヘルメのリトグリさんのロゴが古いのと、2チームのロゴが貼ってなかった。

この写真を中心に表紙デザインを更に進める。
でも、でも、でも......なんか足りない....。
悪く言えば、マウンドの周りにヘルメを置いてみました的、安易な発想に見えちゃわないだろうか....。
悶々とした夜を過ごす。悶々とした夜は酒を呑んで寝るのだ。
酒を呑むと違う意味で悶々としちゃうこともあるから油断禁物なのだが(^^)

=====================================================

う〜む、0:00から過去のフォルダをひっくり返し写真加工を始めて軽〜く1時間くらいでブログアップとの算段はもはやご破算、時計をチラ見すればもう泣く子も眠る午前2:30。
この続編は次回ということでご勘弁なんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: