2011年12月18日日曜日

黄昏(たそがれ)

なぜか黄色が好きだ。小学生の頃から。
特に山吹色。クロームイエロー。
「黄昏」と書いて「たそがれ」と読む。
「黄」は夕まぐれの空の色。「昏」はほの暗いの意。
「誰(た)そ彼(かれ)」
夕暮れの時分、あの人は誰?人の判別がつかなくなる時間帯を表す。

「黄昏」...転じて終わりに近づかんとする短い期間をも意味する。

毎年この時季の銀杏の落ち葉を見るとそう思う。
終わりに近づいていても、しかしその色は光輝く黄金のようだ。
昨年も書いたけれど、エルトン・ジョンの「GoodbyeYellowBrickRoad」
さようなら、黄昏のレンガ路。
「黄昏」
若い頃パリへ向かう機中で観た、
H・フォンダとJ・フォンダ親娘共演の映画「黄昏」をふと想い出す。
黄色い銀杏の映像が印象に残っている。

明日、6年生が別れの時を迎える。「有馬フレンズ卒業生を送る会」
子どもは至って明るく元気だ。
感傷的になるのはいつも親のほうだ......。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: