2012年4月11日水曜日

嬉し恥ずかしモグラの穴

宮城...仙台、名取、気仙沼etc...よっぽど縁があるのかもしれない。
先日「富士見台ウルフ少年野球クラブ」の野球マグネットボードを制作した話を書いた。偶然ではあるけれどちょうどそのとき、小ブログを見ていただいた仙台のあるチームの事務局の方からメールあり。
「野球マグネットボード、作戦ボード、探していた理想に近いもので是非発注をお願いしたい」....ありがたいことです。
仙台の愛子(あやし)スポーツ少年団のHさんからであった。受注後すぐに震災復興支援のささやかな気持を伝え、定価をダウンさせて請け負うことに。何度かのメールのやりとりで制作にかかり、やっと先週完成、金曜に仙台へ送付。Hさん、とても真摯な方で心が洗われる気がした。月曜にきた返信メールを抜粋。

T様
作戦ボード届きました!
想像を超えた素晴らしい出来栄えに驚いております。
早速、練習試合で使ってみましたが、監督、コーチ、保護者から絶賛の嵐でした。
今後も下の学年の選手など依頼させていただきたいと思いますので宜しくお願い致します。

制作者として、喜んでいただけたことが最大の喜びである。
逆にありがとうございます、と。被災地の方に、被災地の子どもたちによろこんでもらえたなら本望。
このボードの件についてはいずれ写真付きで紹介したい(Hさんの承認済み)

もうひとつ、恥ずかしいけれど嬉しいこと。
これも先日の小ブログで「鷺沼ヤングホークス」の背番号のことを、何も知らぬ筆者がまことしやかに想像で書いた。その後ブログを見た数人の方から「ヤングの背番号はあいうえお順ですよ」とのご指摘。これまたありがたいこと。
更に前回の「インターフェア(妨害行為)ではなく不正打球」の件。
これもスコアラーとして穴があったら入りたいくらいの、初歩的間違いである。
近所にモグラの穴があれば、出来れば一緒に入ってしまいたいくらい。
モグラとそこでしばらく同棲してもいいくらいだ、ほとぼりが冷めるまで。モグラくんは迷惑だろうけど。
ご指摘いただき本当に感謝である。なぜならあのまま誤った記述のまま掲載されることのほうが、筆者にとってはそっちのほうがよっぽど恥ずかしいことだからだ。
「訊くは一時の恥、訊かぬは一生の恥」に通底。
だから「裸の王様」にならずにすんだわけで、指摘して下さる方がいることだけでも嬉しいことなんである。

ブログに分らないことを書く時は一応Netなどで調べてから書くのだけれど、どうしてもぴたりヒットせず時間的にままならぬこともあり、見切り発車で書いちゃうこともしばしば。

これからも皆様、ご指導ご鞭撻よろしくお願い致しますなんである(^^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: