2012年5月12日土曜日

「喰う・寝る・呑む・泄す」

今TVで「風の谷のナウシカ」....なう。
ちなみに筆者はツイッターなるものはやっていない。ネット上のヘンなものにハマッたら、ますますブログる時間が削られちゃうではないかってんだー、ラブミーテンダー。今度「巨神兵」の特撮短編映画が出来るらしい。先日のYahoo!ニュースで知った。CGではないところがいい。実物を美術館で展示もするらしい。「巨神兵」を見るたびにウルトラマンシリーズの怪獣ジャミラを想起するのは筆者だけだろうか。巨神兵もジャミラも大好きな哀しいキャラクターである。


前回ブログを書いたのはジュラ紀か白亜紀ほど昔じゃないのは確かだけれど、一週間以上くらい前の太古の大昔だったような気がする。しかし「1:100の正解」を書いたのはなんとつい火曜日の夜中なんであった。連休前あたりから忙しくなり、連休中はほとんど既定の予定以外は仕事、明けてからの今週も蟻地獄でもがくアリンコのようにどっぷりと仕事づけ。挙げ句の果てに昨日は朝8:30からMacに向かい、「喰う・呑む・泄(だ)す」以外は図面と格闘、そのままあっという間に深夜に突入、「あくび・背伸び」及び、コーヒーを入れるお湯を湧かすために席を立つ以外はiMacの画面と対峙するのみで、気がつけば朝日が眩しい午前6時。

久々の完徹である。7時から3時間だけ睡眠をとり今に至っているけれど、怖いのは完徹したあとのこれからの3,4日である。若い頃は一晩死んだように眠れば翌日は元気ハツラツオロナインH軟膏であったが、今は数日頭が眠くて仕方がないこと必至なんである。若い時分はベッドに倒れて雑巾のように眠れば翌朝新品のバスタオルのようだったけれども、今は雑巾が一晩寝て朝になっても廃棄寸前の足ふきマットになっていたりする。日中も快晴の景色をガラス越しに見るのではなく、間に一枚防虫ネットをはさんで見てるような感じで日常が過ぎてゆく。

さて「スコアラーのブログ1.2」以来のシリーズで、匿名さんの正解をコメント欄に置き去り、なおざり、おざなり、にしてしまっていた。ゴメンナサイなり。
改めて記載しようと思うんである。宿題と称して提示したのがこれ。
===================================================
では問題!
次はこんな記号がスコアシートにギッシリ並んでいたとする。↓↓↓
《8と9の間に●を記入し、その上に1/2の円弧上半分。+赤い菱形の右半分記入
+1●-3BH四角で囲む+中央にⅠ+前打者左上に(二)
+6●1/2の円弧下半分-3+Ⅱ
+5と6の間に●上に横棒+右下に赤い斜め線1本
+先頭打者欄赤で左下に4を丸で囲む(④)+中央に赤ベタの丸を記入
+4番打者欄に↑+右上欄に7-2を記入。》...(※ボールカウントは省略)

これに対して匿名さんからのコメントは大正解の創造豊かな試合展開である。
===================================================
匿名 さんが投稿「スコアラーのブログ2」にコメントを書き込みました。

'09年市N0.1を決める○○杯大会優勝チームスコアラーの○○です。
あの大会は、スコアラーのいう通りに監督が選手たちを動かし(準決勝までは…)、各選手がそれに応えて勝ち取った優勝でした...。
まぁ昔話は、おいといて…。
ふむふむ、ふむふむ…そういうことですか。
正に、あのシビれた大会の再現です。

ここまで0-0のお互い譲らぬ決勝戦にふさわしい展開。残り時間10分、(たぶん)最終回の表の攻撃。
打順良く1番バッターから。
期待に応え、右中間へのツーベースヒット。続く2番バッターが監督のサイン通りに送りバントを敢行。
相手ピッチャー、サード側に転がったボールを素手でとり、3塁への送球を試みようとするも、間に合わないと判断し、ファーストへ。左バッターでもある打者走者は俊足ながらも、間一髪の1アウト。但しきっちりランナーを3塁に進めた。
さぁここでどうするか。
スコアラーの「初球スクイズ」の進言を、監督はいう事聞かず、3番バッターに「打て」のサイン。結果、シュートゴロ。相手遊撃手、3塁ランナーを目で押さえ、ファーストへ送球、これで2アウト。
残り時間は、「10分」だった…。
0-0の均衡を破るかも知れないこの場面で、進言を聞かなかった監督とベンチで内輪もめ。そうこうしているうちに、サインを待ってられない4番打者M選手が三遊間をライナーで破る。相手左翼手、捕手へレーザービームで返球するも間に合わず、3塁ランナー、ホームイン!待望の先取点をもぎ取る。

最終回の相手チームの猛攻を、リリーフエースKを投入し、守りきり見事優勝!
ベンチ裏では歓喜の輪。選手たちもピッチャマウンド上で、帽子を高く舞い上げ、人差し指を天に突きだす(おいおい、少年野球ではそこまでやるな。相手チームにも失礼だろ。)
2年ぶりの頂点へ!

※但し、ベンチ内での内輪もめを見逃さなかった区協会の判断で、翌年以降、このベンチスタッフが再び召集されることは無かった…。

翌年、新スタッフで挑んだ同大会では、中原街道以北に、大会旗・カップを譲ったものの、'11年の大会では見事奪還!

今年も、同スタッフでの「連覇」が期待される。

※上記は全くの「フィクション」であり、文中に登場する人物は誰一人実在しません。
勝手な想像は、厳禁であります。

====================================================

改めてこんな文面でブログに正解を書こうと思っていたけれど、見事に筆者の代わりに書いていただいたわけである。仕事で書くに書けない筆者にとっては大変助かった。
またいつかこんな問題を作ってみてちょ、という匿名さんのリクエストに応えて
またいつかこんな問題を作ってみちゃおと思う今日この頃なんである。
感謝!(^^)

明日はQueensのオヤジオトナの祝勝会。
男同士で飲む会は楽しい。
女性も入り交じって飲む会はもっと楽しい(^^)
でも野郎だけの飲み会もしみじみと実にいいんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: