2012年5月17日木曜日

IWGP

朝、相手に一時間半待たされ池袋の現場へ。更に要領を得ない打ち合わせが続き、昼メシにありついたのは午後2時。

池袋西口公園。石田衣良の小説《IWGP》池袋ウェストゲートパークの舞台となったところである。今でも新刊文庫が出ると買って読んでいる。マコトの語り口とスピーディーなストーリー展開が小気味よい。

池袋は河口付近で海水と淡水が入り混じるような、都会と田舎が混沌としてるような、独特の空気感を醸し出しているところ。

さて仕事に戻らなきゃだ。また忙しくなる。

3 件のコメント:

K さんのコメント...

お疲れさまです。

ⅠWGP?私はプロレスのベルトかと思っちゃった(^^)

お仕事ガンバ!!

匿名 さんのコメント...

おっ、私もそう思いました。
初代チャンピオンはアックスボンバーのハルク・ホーガン。
全日本プロレスに移籍したスタンハンセンの後継者として、新日本プロレスで一時代を築きましたよね。
 本文とは、無関係ではありますが、その昔、真剣に(ホント真剣に)見ていた「プロレス」話題に、ついついコメント投稿してしまいました(^^;;

テッシー さんのコメント...

kさん&匿名さん、コメントありがとうございます。

私も小さい頃はジャイアント馬場、吉村道明、大木金太郎、ボボブラジル、鉄の爪エリック....なんだっけな?
(メッチャ古っ!)
プロレスはその頃はよく観ていました。金曜夜8時だっけかな。
しかし、そのあとはサッパリです(^^)

なので自分にとっての「IWGP」はこの小説の(連ドラにもなった)タイトルなんであります。