2012年6月28日木曜日

転ばぬ先の杖

昨晩のこのブログはMacのG3というマシンでかろうじて書いた。このパソコンは買った当初は「最新Winマシンを凌駕するスピードとスペック」というのがウリであった。まさにそのとおり。当時はめっちゃ速いと思ったものの、10数年後iMacG5に身体が慣れてしまった筆者には、とてつもなく遅いのであった。ぎくぎく、カクカク...。でも愛着は変わらない。こうして細いながらもライフラインを維持してくれているのだから、感謝なんである。

ありとあらゆる延命救急措置を施したけれど、ついに蘇生することがなかったIntel.iMac。意を決して昨日夕方クロネコヤマトの宅救急車を呼んで、横浜の病院へ搬送した。今日の昼にドクターから電話あり。「ただいま患者さんを救急病棟へ収容しました。初診の感じではやはりかなり重傷のようです。これから精密検査に入りますので、夕方ころには検査結果を連絡します」とのこと。検査の結果...つまり修理の見積が出てから手術する=HDDハードディスクの交換をするかどうかの打診が来るんであった。
しかし、とうとうドクターからの連絡はなし。
相棒のiMacが今頃暗い病室でぽつんとベッドに横たわっているのかと思うと、不憫でならないんである。
電話の感触ではパソコンに精通してるかなりオタクっぽいドクターであったが、明日朝一番に電話してやろう。

みなさん、大事なデータは本当に外付HDDまたはDVDなどにに保存したほうがいいですよ。
今回は9割がた外付HDDにデータが残っているのでまだ良かったけれど、悪い事は言いません。転ばぬ先の杖。バックアップは大事です。

0 件のコメント: