2012年6月20日水曜日

Excel野球スコア集計

台風ですね。強い雨がアスファルトを叩く音もうるさく、TVの音量も若干ボリュームアップしなきゃならないほど。風も急激に強くなってきた。ところが不思議なことに、窓を全開しても一滴の雨粒も部屋に入り込むことがないんである。道路を見れば雨がこのまま降り続ければ、明日朝にはアスファルトを1mくらい浸食しちゃうんじゃないかってくらいなのに。ニュートンの法則に従いひたすら愚直なまでに直下型降雨のスタイルを堅持する雨なのであった。
それにしても自然の持つチカラの不思議さよ....。(ハイ、司馬遼太郎的ブンガク的フレーズのパクリです)

それにしてもExcel野球スコアの集計の過酷さよ...。
先日の小ブログでも書いたけれど独自開発のこのExcelを2年ぶりにリニュアルした。リニュアルと言ってもたいした修正ではないけれど、例えばフォントをMS製のMSPゴシックから、全面AppleのヒラギノW3に変えた。実はこのブログもMacで書いてるのでスッキリ美しいヒラギノで書いてるのだけれど、皆さんのWinPCで見るとおそらく旧態依然的MSゴシックでの表示なんだろうと思う。(PCによるだろうけれど)
どれだけ違うかと言うと、これだけ違うんである。
例えて言うなら、MSがバブルの頃の肩パッドの入ったスーツとするならば、Appleは最新型のブルックス・ブラザースのスリムスーツのようなものだ。メンズプラザAOKIじゃないよ。

改めて紹介しちゃう。過去に何度か小ブログで書いたけれども。
これは我がチームのスコア集計前任者から引き継いだExcelをもっと見やすくし、かつ要所に自動計算の関数を与えたものなんである。筆者真面目にExcelをいじったのはほとんどこれがきっかけと言ってもいいくらいExcel音痴であった。今でもExcelとカラオケは音痴のままである。音痴のくせにカラオケは嫌いではないけれど。
大きく分類すると、
A打撃成績
B投手成績
C6年生の入部からの通算成績
D年間全試合のスコアボード
である。これにBチームバージョンも付随し、また成美堂のスコアブックに準拠するように順列組合せを工夫したスグレモノなんである。
まずはメインの「A打撃成績」

「地道にコツコツ」はこのスコア集計のための言葉なのではないかと思えるほど、「地道にコツコツ」やらねばならないのである。「地道にコツコツ」が苦手な人には地獄絵図を見るがごとしであろう。「地道にコツコツ」が比較的許容できる筆者でさえ、年末には地獄を見ちゃうのだから。

さて関数を与えているセル(←悟空の敵ではない)のひとつ、打率と出塁率のアップ。出塁率は打数・総安打数・犠飛・四死球などが絡むのでこんな感じ。

次は長打率。これも以前の「晴耕雨読」に書いたし、昔チームの飲み会でも数人に話したけれども。長打率は強打者(スラッガー)の証でもある。いかに遠くまで打球を飛ばせることが出来る選手かなんである。ところが....。
イチローがバントヒッティング内野安打でシングルヒット100本打ったとする。
松井が3塁打を30本量産したとする。
「長打率」が良いのはどちらか?
内野安打のイチローなのだ。正式な計算式を適用するとこうなるんである。おかしいでしょ!?
なのでワタクシT式関数では塁打数から単打を引いて計算、つまり純粋に2塁打以上を打った打撃成績に特化して計算している。

毎年発行するこれは年末の「6年生を送る会」で配付するのが恒例だ。ゆえに多少卒業生への記念誌的慰労の意味もあるわけで。なので6年生が入部以来、数年間の全成績をまとめて集計してるページもある。プロ選手が引退したあと、生涯成績が発表されるように。例えさほど成績の良くなかった子でも、「小学生のころこんなに一生懸命野球をやっていたんだよなあ、オレ」みたいに、オトナになってからの想い出の記録簿として机の奥にしまい込んでもらっていいわけで。
「6年生の入部からの通算成績」

投手成績である。筆者の尊敬する「草野球のためのスコアブックのつけかた」の主宰者によると、投手の「自責点」を判断するのは、最も難しいスコア集計の項目のひとつなんだそうである。確かに言える。因にその方が言うにはプロ野球のスコアをつけるよりもよほど難しく楽しいのが少年野球のスコアとのこと。
そう、ワカリマスね。プロはほとんどセオリー通りのプレーだから、グランドの白球を追わずともおおよその見当がついてしまうのだ。その点少年野球はいつどんなハプニングがあるか分らない。だからこそ面白くてやがて難しき少年野球ではある(^^)
これは防御率の関数の内訳。

最後は年間全試合の対戦チーム別スコアボード。印象に残った好ゲーム、例えばサヨナラゲームや特別延長試合や力の差のある強豪チームを倒した試合などは「BestGame」として色分けしている。もちろん合計点数欄は自動計算。

今まで全国の、メールを頂いた方30数人の方に無償で送っている。
今日も偶然ではあるけれど、広島の少年野球自称「超新人スコアラー」のお父さんからメールを頂き、時間があったので速攻データを送って差し上げたばかり。
こんなんで良ければいくらでも送ります。
少年野球の底上げに微力ながらほんのちょっとでも貢献出来れば...。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: