2012年8月15日水曜日

愛すべきオヤジども

日本全国お盆の真っ盛り、お盆休みがとれてる人にも、とれずに働いている人にも、万人に等しく、夏の夜の蝉たちの鳴き声が降り注ぐ季節になったんである。毎年この時季は世間がとろ〜んと、ゆっくりキャラメルが溶け出すように、時間の流れが少し緩くなる気がするのは私だけではあるまい。先日のブログ「蝉はどうした?」で書いたことは杞憂だったようだ。やっとこのへん(川崎市宮前区)でもじーじー、ぜみぜみと、盛大な大合唱。夏の始まりには文字通り鳴りを潜めて出遅れていたぶん、今になって一斉大量に樹に這い登り、7年間の暗闇生活から抜け出し、わずか一週間の蝉の一生を謳歌しているようだ。この時間(23時ころ)でも近くの公園の林から、ぎゃんぎゃんと届くやつらの大合唱。ニッポンの夏はこうでなくっちゃだ。安心した。

全国の少年野球(のみならず)チームに携わるオトナの楽しみは、子どもの野球以外に夜の「飲みニケーション」である。特にオヤジたちが集まるオトコの飲み会は楽しい。野球にハマるのはもちろんだが、この身近な地域の大人同士の繋がりにハマってしまうオヤジも少なくないはずだ。筆者もその一人。過去には酒が高じての諍いや、怒号などもあったし、数人だけの飲み会ではしんみりと涙の酒もあったし、以前あるオヤジにはいきなりハグされたこともあったけれど、そんな特殊なケースを除いてほとんどが大爆笑の楽しい酒なんである。

話題は尽きない。
まずは今日の試合の内容について。あの場面であの子がこんなプレーをした、なんであそこであんなエラーをするかなあ、あいつは最近本当に成長している、今日も4回裏にあの走塁は見事だったよね........これで1時間は持つ。またこの時に昼間のグランドでは知り得ない、個々の選手(子ども)の良い所悪い所が聞こえてくることもある。平日一生懸命素振りに励んでいる子のことや、逆に普段グランドではおとなしい子が学校ではかなりの悪ガキ大将なのだとかとか....。

1時間も経てばかなりセブンイレブン、いい気分になっちゃうわけで。
15,6人もいれば分科会よろしく大体3分割くらいの話のグループに分かれちゃうわけだ。
それぞれの話題で盛り上がる。こっちでは野球の話。隣りでは時事問題や仕事関係の話。向こうではナニやら鼻の下を伸ばして大爆笑の歓声が聞こえる。
先日飲んだ時はA金(エーガネと読む)オヤジが珍しく参戦して盛り上がった。話題に事欠くとすぐ下ネタに方向転換する、典型的昭和のオヤジであり、またそれが彼のいいところでもあり、他のオヤジもあながち悪く思わないんである。場を盛り上げるのはうまい。しかし同じ話(特に自分の自慢話)を何度も繰り返すそのしつこさたるや尋常ではない。耳の中にタコが千匹くらい棲みついちゃって。昭和のオヤジと言えば聞こえはいいが....いや愛すべきクソオヤジなんであった。

下ネタに走るとオヤジどもの酒は盛り上がるんである。
こんなふうに書くと世の奥様方は眉をひそめる向きもあるだろう。でも現実は普段はそうは見えないあなたのご主人も、オヤジ飲み会では大なり小なりそうなんである。
先日は最近イジラレキャラとしてめっきり頭角を現してきたS父。ソナチネではない、Sチチである。A金さんのやり玉(槍と玉ではない)に挙げられ、武勇伝、武勇伝....。
普段はグランドでチョコチョコっとボールを追いかけて向かいの畑までタマを追いかけるのであるが、この日はニコニコしながら重い口を開いて武勇伝、武勇伝....。A金さんは「クエッ!クエッ!」と一度受けたギャグを1,000回ほど繰り返し...。Sチチには無に徹することの極意を学んだオヤジどもなのであった。

ブログにも品格というものがあると思う。
筆者のこれは最低限の品格を保ちたいと願う。女性や子どもにもご覧いただいているからだ。でもたまには年に数度だけ、オヤジいや、オトコの世界はこんなにもアホらしくてバカっぽくてHなのが現実なんだということも知ってもらいたいのである。
おそらく賢明な女性読者には「そんなことはとっくの昔に知ってますことよ」と笑って許していただけることを願ってやまないんである。

写真はOhmori父。下戸で飲めないビールを一杯だけ飲んだら、アララ、ぐーすかぐーぐー。本人は横浜DeNaの根っからの大ファンで、気分のいい素敵なオヤジ。彼の奥さんに言わせれば愛してやまないイケメン旦那なんである。ちなみに奥さんは自称「有馬の浜崎あゆみ」なんであった(^^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: