2013年7月13日土曜日

ゆるぎない黒へ

間に合った。もうちょいで先週日曜の、練習試合対フォルコンズ戦は没になるとこだった。今日を逃して明日に突入すると、今度は秋季開会式、月曜は初戦のウルフ戦が続くので、とてもこれを書いてる暇もモチベーションもなくなってしまうんである。今日もA社の仕事で振り回されて練習には行けず、来週からはまた違うプロジェクトに首を突っ込む予定。ご指名で2物件来ちゃっているんである。
やはり今年も合宿は行けそうもないか....。

日曜午後のフォルコンズとの練習試合AとBである。
Aは5:2で勝ち。
Bはフレンズは1,2回に計8点を先制したが、フォルコンズは2,3回に6点を返したわけで。
結果は8:6でこちらも勝利。どちらにしてももう少し時間があれば、或いはあと数回回を重ねれば結果はどちらに転んだかは分らないと思う。しかし、練習試合とはいえ勝つ楽しみ、喜びは、子どもたちのモチベーションを高めるには、100本ノックよりも効果があるというものだ。

筆者は初回のみスコアラーを務め、あとはOhmori父・Sone母にお任せ。
写真班としてマンネリ化したアングルを打破すべくグランドを徘徊す。やはり野球は夏が似合う。夏のジリリとした太陽光線は、一枚の写真に特別な色彩と陰影を付与してくれる。「色彩を持たない多崎つくる」も一度真夏の炎天下、カメラ片手に少年野球を訪れると良いかもしれない。
今はまだ日焼けで真っ赤になっているけれど、8月を過ぎる頃にはこの赤は真っ黒に変わっているに違いない。

子らのその肌の黒さは、誰もつけ入る隙のない、何者をも怖れることのない、エボナイトのような逞しくゆるぎない黒になっているはずだ。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村



0 件のコメント: