2013年8月18日日曜日

緑と青

さて秋季大会予選リーグ、リトルグリーンズ戦であった。

鋭く伸びる直球、低めに制球された投球のGreeeeeensのエースYoshikura君。Fは2回まで全く手が出ず三者凡退。3回表にはGushikennくんYoshikuraくんの痛烈連続2塁打にて2点を先制された。4回を0に抑えるも5回にはまた2失点。6回それまで1安打だったFはRuiの2塁打にMamoruのタイムリーツーベースでやっと1点をもぎ取るのが精一杯。終われば4:1での敗戦。決勝トーナメント進出への願いが一歩遠のいた。

相手チームにQの女子がいれば、えこひいきして写真を掲載しちゃうのは、Q広報担当として当然の責務なんである。筆者が見た打席では小さくて非力な女子でもなんとか塁に出ようとするセイフティーバント。いぶし銀の土井か犠打記録の川合かってゆーくらいの素晴らしいバントだった。ところがあまりにキレイに決まりすぎちゃってサード正面に。Fのサードは4年生ながら抜群の安定感を誇る、宮前にその名を轟かす名手Rui。ボールに向き合う姿勢は長嶋や中畑の上をゆくのだ。あっけなくアウト。
ん?、どっちを応援してんだオレ。

仕事でスコアラーが出来ないことが近年多々あった。そのたびに木曜金曜あたりに数人にメールして代役をお願いすることもたましば。特にご老体にむち打ってKaneda師匠にお願いするのは連続すると忍びないわけで。たまにはやってもらうと脳トレになるので師匠のためには良いのだが(^-^)、炎天下連日、雨の降る日、極寒の練習試合....これでは申し訳ない。
それで去年からもっとスコアラーを育成しようとしたんであったが、やっと二人の後継者が出来た。OhmoriオヤジとSone母である。今年の最後には映画「愛と青春の旅立ち」みたいに、厳しい訓練を経た士官学校の卒業式みたく、帽子を天に放り投げて巣立って欲しいと願うんである。俺、ルイス・ゴセット・Jrになった気分。「イェッ、サーッ!」
今年はなぜか土日仕事になることが多く、二人にはとても助かっているんであった。
最初はスコアラーに興味はあるけれどいざ本番となると尻込みしていた二人だった。Oオヤジに至ってはスコアラーをやる前の晩は、考えただけで緊張して気持ち悪くなっていたほどだ(^-^)それだけマジメなんである。Natsukiママが惚れたのも無理はない。アレ、逆か?
ようやくスコアラーの醍醐味が分ってきはじめたのだと思う。そのうち争うように、今日は俺がやる、私がやる、とスコアブックの奪い合いになることを夢見ている筆者なのだった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


0 件のコメント: