2013年8月17日土曜日

横浜DeNAベイスターズガールズ

NSPとは何か。「納豆そら豆ピーナッツ」と揶揄されていたのは筆者が高校時代であった。「ニューサディスティックピンク」でれっきとした伝説のバンド。筆者と同世代のオヤジには懐かしい響きであろうか。
ではNPBとは何かなんである。「納豆ピーナッツバター」ではない。もの凄く濃厚でねっとりしていてそうで、ちょっと食べてみたい気もするが。
NPB=NipponProfessionalBaseball=「日本野球機構」であることは、野球ファンならずともご存知のはず。もちろんプロ野球の発展と向上のために活動している組織であろうことは想像に難くないんであるが、プロ野球のみならず日本全体の野球人気の底上げを図ろうといろんな活動もしているわけで。これは宮前少年野球連盟もお世話になっている読売巨人軍なども同じで、少年野球や女子野球を盛り上げていこうと様々な努力をしている。我々少年野球に携わる者にとっては非常にありがたいことだし、何より子どもたちにとって夢のような機会をもらえるのだから、これに勝るものはない。

その一環としてNPBでは9年前から女子野球の大会も主催している。
ひとつは「NPBガールズトーナメント」小学生の女子学童で編成された各都道府県代表チームによる全国大会なんである。全日本軟式野球連盟と共に開催する。
神奈川代表チームは県花にちなんでチーム名は「Yamayuri」このチームに200人中20人の狭き門でセレクションに選ばれたのが、我が宮前Queens所属(登録出身母体は向丘サンダース)のIchikaなんである。もう明日17日は東京ドームで開会式だ。是非ぜひ頑張ってほしい。
出典:NPBホームページURL(画像は勝手に引用させていただきます)
http://www.npb.or.jp/

更にNPBでは6年前から関東女子学童野球の大会もあるのだ。
「NPB CUP関東女子交流大会」関東の各都県代表チームによる女子野球大会である。これにも宮前Queensから精鋭3選手がセレクションで選ばれた。Hinata、Noeri、Himariの姫たちだ。Queensの主将でもあるHimariはQの他に名門鷺沼ヤングホークスでも不可欠なレギュラーメンバーだし、これにNPB CUP神奈川代表チームにも入って、まさに二足のわらじどころか、3足のスパイクを履き替えて八面六臂の大車輪である。他の二人も同様だ。親は大変な思いをしていることだろう。と同時にかけがいのない良い想い出をも心にたくさん刻んでいるはずだ。
下は昨年のHPによる大会の抜粋画像。(飽くまで2012年の結果)

ところでこの神奈川代表チーム名は「横浜DeNAベイスターズガールズ」各チームいろんなネーミングであるが、神奈川は横浜DeNAの協賛?賛同?を得て名前だけを冠したようだ。

1ヶ月ほど前にQ代表のKasaharaさんからメールがあった。
ひとつは宮前の大会の開会式後にQの29番Murataさんの始球式。長身痩躯の右腕から繰り出した豪速球は果たして捕手のミットに無事納まったのだろうか(^-^)

「横浜DeNAベイスターズガールズ」の29番コーチには、我が宮前Queens監督のKoshimizuさんが就任。宮前第一公園ドームで華々しくユニフォームデビューしちゃったんであった。氏は言わずと知れたちょいワル系オヤジなんである。日本のKoshimizu、イタリアのジローラモと言われるくらい。(かどーかは分らない)
いやはやKasaharaさんは「見て見て、笑えるよ〜」とメールしてきたんであるが、実際このピンクづくしはどうであろう。筆者の好きな色味のピンクであるが、ちょいワルオヤジが着てみると....ゴメンナサイ、実際ちょっと笑ってしまった(^-^)/
しかし筆者の審美眼はこれを見逃さなかったのだ。Koshimizuさん、しっかりケツのポケットにはピンクのタオルを忍ばせているではないか。これぞ「コーディネートはこうでねえと」、いかんわけだ。偶然の成せる技か?いやいやダンディーKoshimizuの面目躍如に違いない。

グラフィックは専門ではないが筆者のデザインの経験則から言えば、ピンク地に白いロゴはほとんどロゴが認知されないカラーの組合せだ。いわゆる「昼行灯(あんどん)」ホワイトボードに白いマジックで文字を書くようなもの。遠目では横浜ベイなのかどうかまず分らないだろう。せめてロゴのアウトラインを濃いブルーにするとかの気転が欲しい。何かの間違いで出来ちゃったのかと詮索しちゃうくらいである。(デザインした方にはゴメンナサイ)

ところがなんである。
Kasaharaさんから送られてきた写真の最後の一枚を見たら思わず頬がゆるんゆるんになっちゃうのだった。そんなピンクユニフォームであるが、この姫たちが着用すると、あ〜ら不思議、なんともしっくり可愛く似合っているのだった。さてはこれを緻密に計算した上でのピンクに白のミスマッチングのマッチングだったのか?
左からHinata、Noeri、HimariのQの6年の娘たち。屈託ない笑顔で可愛いけれど、ひとたびグランドに立てば男子顔負けの旋風を巻き起こす彼女たちなのだ。
8月31日に開幕。頑張れよ〜!(^-^)/
※更にもう一枚女子野球のHP画像を掲載したかったが、承諾無しの転載禁止で断念。時間があれば承認をもらってから載せたかったが。せめてURLを記載しよう。日本の小学生から一般までの女子野球を応援するサイトである。元雑誌記者出身の女性の方が書いているので内容が厚く濃い。
がんばれ日本の女の子!女の子も楽しめ女子野球!
「がんばれ!女子野球」
http://girls-bb.com/index.php?npb
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: