2013年9月14日土曜日

カエルくん、宇宙へ

3連休はせめて土曜のレク+BBQだけ行って、あとの日曜月曜は仕事すっかと思っていたんであるけれど、今日(金曜)夕方、やはり断念。連休明けの火曜朝までに図面を10数枚描かねばならないんである。どう転んでも土曜サボっていたんでは間に合わない。不本意ではあるけれどレク担当母に不参加の意向を伝えた。トホホな毎日である。そのうちたまにグランドへ行ってもフレンズの連中に「あのヒト誰だっけ?」なんて言われかねないのでは。そうやってチームから離れていったOBコーチを何人も知っている。筆者は昔と今を知る数少ないスタッフとして、古いOBコーチが顔を出した時は、今のメンバーに極力紹介するようにしているのだが。...筆者が「ミイラ盗りがミイラになっちゃう」かもだ。
例えがビミョーに違うか(^-^)

昨日今日と宇宙的話題が連続している。
今日の朝日のトップはボイジャー1号。とうとう太陽系を飛び出して、太陽系外の宇宙に突入したのだそうだ。本当の無限の大海原に舵を切ったボイジャー。太陽系という小さな井戸から這い出たカエルが、見たこともない広大な世界の冒険に出かけるようだ。「井の中の蛙(かわず)、大海を知らず」は大海を知る旅に出た。
また明日は、8/27に打ち上げを失敗したJAXA日本製のイプシロンロケットの再度の挑戦となるカウントダウンが始まる。宇宙を想う時、恍惚となる中学時代を過ごした筆者には気になるトピックスである。

さて図面を描くコンピュータソフト=CADソフト=VectorWorksを終了し、いつものようにYahoo!ニュースを起ち上げてみる。Yahoo!には面白い話題満載でついブログネタにしちゃうかと思う時があるけれど、これをやっていたんではキリがないし、他力本願的自堕落的怠惰なブログになってしまいかねないので、本意ではないからココでは極力やんないわけで。
しかし今晩は宇宙大好き筆者の目に留まったニュースがあった。目をみはったのち、大笑いののち、ちょっと可哀想のあと、やっぱりニンマリしちゃった。

米国のNASAが月探査機打ち上げの際の写真に、偶然カエルが飛び上がる写真が写っていたというもの。CNNのニュースURLはこれ。
月探査機と一緒にカエルを打ち上げ? NASA

ロケット発射の瞬間、発射台付近のカエルが爆発的なエネルギーで一緒に飛び上がったものらしい。NASAの公式発表でもこれはカエルに間違いないと。カエルくんのその後の安否が気づかれるわけだが、ニンゲンの文明進歩のために尊い命を犠牲にしたであろう彼(彼女)に哀悼の意を表したい。ほとんど絶命したのは間違いないであろうとCNNも報じている。


それにしても見事な跳躍ぶりである。2020年東京オリンピックに出場していれば、間違いなく金メダルである。さすがはアメリカ陸上アスリート勢恐るべしである。
筆者は天の邪鬼なので、NASAの発表は本当なのかと疑惑の目を向けてみる。アポロ13号の月面着陸も、まことしやかにあれは真っ赤な嘘で米国の陰謀だったと大昔から囁かれているではないか。宇宙には風がないのに月面に刺した米国国旗が揺れていたとかって。映画にもなったし。
筆者独自に写真を解析してみた。実際カエルには間違いないようだが、本当にCNNが言うようにニンゲンの犠牲になって命を断ってしまったのか。ひょっとして自分も一緒に宇宙へ飛び出そうとしたのではないのだろうか? だって、そう思わせるに足るだけの見事に強力な意志を感じるシルエットだからだ。

Macにダウンロードしてぎゅんぎゅん拡大してみた。.....ほら、やっぱりね。
彼(彼女)は笑顔であった。こともあろうに両手で余裕のピースサインまでしてるではないか。ヤツは自分の意志で小さな井戸=地球を飛び出し、広大な大海=宇宙へと飛び出したに違いない。
ボイジャー1号とともにこのカエルくんの今後の活躍に期待したい(^-^)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

小野口 さんのコメント...

本当にピースサインをしていますね。でも、カエルの手はこれほどきれいなピースになるのでしょうか。

ご高説にけちをつけるようで済みません。 

テッシー さんのコメント...

小野口さん、コメントどーもです。

このカエルくん、自分の手でなんとか生き返らせることは出来ないものかと思い、架空のストーリーを作って写真加工したんであります(^-^)