2014年1月8日水曜日

術後経過報告

縫合手術...と言ってしまえばかなり大袈裟ではあるけれど、右手人差し指斜め67°切断事故の術後経過報告連絡相談、ホーレンソーブログなんである。

術後数日間は可憐な乙女が初恋に胸を焦がす痛みとは180度違って、就寝時は右手だけを鉄鍋の煮えたぎる熱湯に突っ込んだような痛さで睡眠もままならなかった....と言ってしまえばかなり大袈裟ではあるPart2。実際は指先にちっちゃい心臓が埋め込まれたように、終始ドクドクズキズキ、鉛のように重い鈍痛に悩まされたのが事実である。時折忘れた頃にやってくる腕に電気が走るのにも閉口した。

それでも人間の自己治癒能力はたいしたものである。医者が言うには「うまくくっついたみたいですね」と。縫合が一日、或いは半日遅ければ合体は無理。カケラが壊死(えし)しちゃえば万事休すである。その場合は2,3ヶ月かけて肉が盛り上がるのを待つしかないんだそうな。トカゲの尻尾切りみたい。包帯を解けばそこに現れたのはまさにフランケンシュタインの首筋みたいなものであった。1,2週間後には抜糸の予定。
多方面に多大なるご心配おかけました。m(_ _)mとりあえず順調のようです。
おっとそれになんと言っても酒が呑めるようになったことは、快方に向かっているバロメーターであり、何にも増して嬉しいことのひとつでもある。

そんな状況で先日の日曜、グランド開きのあと普通に練習に参加した。怪我人なのでフリーバッティングではバックネット裏に椅子を構えてどんと座り、まるで楽天春季キャンプの野村前監督のように偉そうに鷹揚に構えてふんぞりかえっていたのは言うまでもない。しかし、怪我して思うようにならないストレスの反動だろうか。盗塁ランニングの練習時にはいつの間にバットを持って打席に立ち、打撃を想定したエアー素振りを数十本もやっちゃったんである。当然怪我した指だけは立ててバットのグリップには触れないように。今にして思うと無理して打席に立ったのはここまで治ってきたんだぞと、自分に納得させたかったのが動機かもしれない。

練習中ふと思い立ち一人倉庫に行ってみた。確か、グランドに打ち込むための鉄筋の杭があったはず.....。あったあった。
いっそこの不自由な右手をちょん切って、ピーターパンに登場するフック船長みたいに鉄筋のフックを装着してみてはどうだろうと、中学男子のような稚拙な発想と少年のような無垢な遊び心でやってみた。

やっぱダメだ。
これでは地球上の食べ物の中で一番好きなラーメンが食えないではないか。怪我した初日医者の帰りに新装開店のラーメン屋に行った。(鷺沼駅前の味噌ラーメン屋。ウマイッ)箸を持つことすらままならない状態でなんとか麺を持ち上げて、いざ口に運ぼうとすると目の前の麺が音を立ててズルリ落下し、箸だけを噛んだりすること数回。まるで大物を釣り上げたにもかかわらず目の前で糸が切れて釣り逃してしまった釣り人の気分。このフック船長的フックでは箸すら持てないことに今更ながら気づき、鉄筋フック装着は断念したわけなんであった(^-^)

話は変わるけれど。
今日仕事で六本木泉タワー付近の現場打合に行って来た。100坪の飲食店舗プロジェクト。旧知の仲間からは指の包帯を見て驚かれたりニヤニヤ嗤(わら)われたり。初めて会ったお客と名刺交換したら、「初めまして○○と申します」という挨拶をされず、いきなり「マウスクリック大丈夫ですか?」なんて言われたり。
「大丈夫です。親指と中指はビンビンですので」と筆者。
現場打合後泉タワー1Fのカフェで打合1時間。打合終了後全員外へ出たら灰色の空からはいつの間にそぼ降る冷たい雨。吹き抜けの階段には寒空の下、ガリガリに痩せてTシャツ1枚で下半身裸の変な体型の変な人が変な格好で佇んでいた。筆者、頭をなでながら、
「アンタ、下半身丸出しで寒くないの?」
と、訊いたけれど彼(彼女?)はキョトンとしてなんの返事もなかったのは言うまでもない。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: