2014年3月2日日曜日

リトグリとエブリト

昨日はまた雨の悪天候の中グリーンカップ2回戦、相手はリトルグリーンズ戦であった。
他のチームは略して「リトグリ」と言う。エブリー・リトル・シングを略して「エブリト」というのに似ている....。って似てないか(^-^)しかし、リトグリさんは自軍のことは決してそう呼ばず「グリーンズ」という。話はそれちゃうのだが、巨人の一般的な呼称は「巨人」または「ジャイアンツ」である。しかし、巨人の幹部や重鎮たちはしばしば「巨人軍」という名称を口にする。これはたぶん正式名称に「読売巨人軍」が含まれるためと、格式と伝統を重んじるプライドに底通するものではないかと類推。「我が読売巨人軍は永久に不滅です」と言ってもさまになるけれど、「ワシらの広島カープ軍だって永久に不滅じゃけんのう」と言ってもなんだか絵にならないわけで。

おっといけねえ、閑話休題。今日は日曜、15:00までにブログを書いてしまわねばだ。
「しまわねばだ」...「シェラネバダ山脈」...どーよ、って似てないか(^-^)

というわけでグリーンズMikawaくん、フレンズYuutaの先発投げ合いでプレーボール。Mikawaくんはこれは実質もう中学生じゃないかと思わせるような素晴らしい投手。圧倒的なスピード、コントロールは共に宮前の今年のトップクラス間違いない。この時季にここまで仕上がっているとは驚きなんである。対してYuutaは学年のわりに実戦経験があるといえど、実質まだ3年生、春から4年の選手である。言わばもう中学生とまだ3年生の対決なんである。(負け惜しみに聞こえてしまうかな?)

そのMikawaくんの投球を見て「こりゃ打てん!雨天だけに」なんて独りごちる筆者を尻目に、凄い球をこともなげにぎゅんぎゅん投げてくる。しかしRuiがセンターオーバーの安打を放ちほっとしたのも束の間、裏のGの攻撃ではYuutaが2,3,4番を三者連続三振に切ってとったものの、WPで1点を献上してしまう。
2回裏には安打1本ながら四球と失策がらみで3点も献上。4:0に差は広がる。

Mikawaくんはマジ凄い。同じ速球でも微妙にスピードを変えて低めにビシビシ決めてくる。1,2,3回には7者をひとつの遊撃ゴロを挟んで6三振。しかし4回のFの攻撃ではまた4年Ruiがクレバーなバッティングで2本目の安打。それを5番これまた4年(新5年)のYuiがセンターオーバーのタイムリーでやっと1点をもぎとる。

結果はそのまま4:1で敗戦。
しかし相手打線を2安打に抑えたYuuta。Fはそれを上回る3安打。新6年、しっかりしてくれよ。ベストプレイヤーはYuuta、Rui、Yui、Taitiだ。

グリーンズにはQueensのJuriが在籍している。
試合中に3塁コーチャーに走ってきた時にベンチから筆者が「おっJuri、頑張れよ」と声をかけたらにっこり、にっこりコクンと頷いてくれた。彼女も今年新6年生になる。Queensでの活躍にも期待したい。

試合後グリーンズOB、QのYamaguchi元母スコアラーとJuri母とがやってきた。
「Mikawaくん、あんな子がいるなんて、ありゃあ反則だよ〜」なんてジョークから始まりしばし談笑。
バブル絶頂の頃伝説となったのは「ジュリアナ東京」ジュリアナトウキョウ。
今日のグリーンカップは「Juriママと今日」ジュリママトキョウ。
今度はどーよ(^-^)/

さてフレンズはインフルエンザでついに「学級閉鎖」。校内暴力による「学級崩壊」よりはまだマシとしなきゃだが、春季が迫っているだけに今日のグランド使用厳禁の学校通達は手痛い。
けれど筆者はこれを書きあげたら晴海方面へ出撃するんである。勝ちどき「輿」。Queens監督Koshimizuさんの店で、昨年の6年生をご招待しての祝勝会なんである。全員呼びたかったけれど店のスペースの関係で6年のみとなったそうだ。
そのへんの模様は、来週仕事と確定申告データ作成の間隙を縫って、また次回なんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: