2014年4月28日月曜日

ルーズベルトゲーム

ざっくり、さくさく、俊敏かつ簡潔に防犯大会初戦VS宮崎台シャークス戦なんである。
第一公園での第一試合ゆえ始球式は県議のMochidaさん。往年の江川ばりの胸を張ったピッチング。

シャークスのマウンドは主将Saitoh君、対するフレンズ先発はRui。試合前からこのゲームは3人の継投で行くと決めていたようだった。(後日談)また先発メンバーにセカンドKyousukeを大抜擢したのも、理由あってのことで、これもあとから聞いた後日談ではある。

F軍は1回2点2回1点3回2点と、小刻みに得点の5:0。5回には一挙7得点で大会規定により12:0の5回コールド勝ち。久々の快勝である。
特筆は3人の投手がそれぞれの仕事をしてピシャリ無安打0失点にしたこと。
主将のYuusukeが体調不良でベンチウォーマーに甘んじたものの、4番のHiroが4打数4安打、2本の二塁打2打点の獅子奮迅。安打のうち一個は相手失策かと微妙だったが、筆者が親であったなら息子にヒットを付けはしなかっただろうけれど、勢いで安打にカウントした結果だ。5番のYuiも綺麗に弧を描くクリーンヒットを連発。打撃の質はHiroを上回るものだった。3の2で3打点なんであった。Kyouも3の2安打。ベストプレイヤーはこの3人。


筆者スコアラーしながらの広報班でいつものカメラ片手のスタイル。
丘の上スタンドを仰ぎ見れば、おお〜いるいる、ヤングKurosu監督、松風コーチ兼5年連合艦隊総司令官監督Abeちゃん、ヤングIshikura、Yamamoto両コーチ。なんだか楽しそうに話していた。今にもビール片手にフランクフルトをかじりそうな雰囲気である。
たとえ勝っても慢心してはいけない試合である。けれど勝つことの喜びを味わうことは、何にも増して選手、父母、指導者の気持ちをひとつにさせる、かけがえのないものだ。

+++++++++++++++++
ここで終わらないのが少年野球「晴耕雨読」なんであることは、前回ブログでも使い古した言い回しではあるけれど、またやっちゃうんである。
楽しみにしていたTBSドラマ「ルーズベルトゲーム」を観た。
ああ、面白かった(^-^)
会社の存亡と野球部廃部の危機を両軸にして、そのどちらも面白く、絶妙にリンクしながらストーリーが進むわけで。同時進行で原作小説を読んではいるけれど、TVのほうが早そうだ。筆者読むのは遅いほうなんである。銀行がらみの中小企業の葛藤も、半沢越えに肉薄する造り。キャスティングも半沢とカブリが多いがそれもまた一興か。
かつての栄光の常勝社会人野球部が今は凋落の憂き目に遭う存在。それが大逆転を目指して話が展開していく様は、まるでうちの名門有馬フレンズの「古豪復活」を夢想する自分に重なって、なんとも痛快なドラマであった。「半沢直樹」を越えるかどーかはどうでもいいけれど、来週からも楽しみに観ていきたいと思っちゃうのであった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: