2014年5月2日金曜日

最後から二番目の恋の季節

おっと、いけねえ、「続・最後から二番目の恋」を観ていてうっかりブログ書くのを失念するところであった。
今日はどーにも仕事に集中出来なくてうちのワンコ「りん」を連れて、近くの有馬神明社へ散歩がてら行ったんである。もちろん目的は先日のブログ「鯉の季節」の「鯉のぼり」を晴天下で写真に収めたかったからでもある。
うん、うんデカイぞ。
「大きい真鯉はお父〜さあん〜♪小さい〜....」
よく見れば8人の大家族なんであった。

どうせなら風に乗って悠然と、またはダイナミックに空を泳ぐのが見てみたいものだと思っていたら、運良く強風を孕んで、ばさらんばさらん、ぎゅるんぎゅるんと宙に舞い始めた。こうでなくっちゃね。

5月。素敵な季節である。珍しく今年のGWはほぼカレンダーどうりのスケジュール。例年は快晴のGWに休みなしで黙々と屋内で仕事が常であったけれど。今年は実に開放的な気分なんであるが、しかし心にいくつかのどんよりとした闇を抱えた私には、この5月の青空に泳ぐ風物詩を素直には受け入れることが出来ないのであった。

....なんてね。半分本当だけれど。
そんなことを思いつつ目を鯉のぼりに転じた筆者は、我が目を疑った。
おお〜!この大家族にモノホンの鯉が仲間入りしてるではないか。ビッグ・ダディーつーか、ビッグカープファミリーなんであった。

神明神社の境内両脇には全国の神社のセオリーに従って、獅子と狛犬が鎮座ましましていた。いわゆる「阿吽(あうん)の呼吸」。彼らは狛犬が2匹ではなく一方は獅子なんである。
鯉のぼりに鯉の本物が泳いでいるのを発見した獅子が「あ!」
しかし、すぐに相棒が写真の合成に気づいた。狛犬が「ん?」
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: