2014年5月18日日曜日

事故責任は自己責任

今日のブログ予定はお隣有馬中学校体育祭の、男子組体操の一部を活写するつもりだった。五月晴れに恵まれた晴天下、なかなかのいい画が撮れたのだった。
しかし、このあと午後、筆者はまた地獄を体験することになるとは、想像だにしなかったんである。

骨折というのが伝染するものとは思ってもみなかった。
バッティング練習であった。筆者フェアグランドに入るときはほとんどグラブをはめて行く。子どもの守っていない外野を転々とし一度校門の外へ休憩に入り、今度はグラブを持たずにまた外野へ。センターからレフトへ歩いていた時。強烈なライナーが飛んできたんである。見過ごせば良かったものを、素手で捕球する自信めいたものがよぎり、自分でも気づかぬうちに勝手に体が動いて2,3歩進んで両手で取りにいっちゃったんである。

若い頃と違う。それを忘れていた。妙な自信はあるくせに、体のほうは頭で考えているほど機能の精密さは劣っていたのであった。
ボールは右手小指の爪先から甲の方向へ向かって真っすぐ直撃したんである。取りこぼしたボールを内野へ返球したあと、指の感覚がおかしいことに気づいた。触ってみるとぐんにゃり小指は薬指方向に曲がって元に戻らないではないか!激痛はないのに、ぐにょぐにょしている。
これはヤバイ....。すぐに自宅近くの整形外科へ。
「すみません脱臼したみたいなんですが、診てもらえますか」

最初の見立てと違ってレントゲンを見た医師が自分でも驚いたように言った。
「骨折ですね」...「まずこの第一関節のこの骨に縦に割れてヒビが入ってるでしょ。それとこの第二関節のこれ、この骨は完全に潰れてます」
.....つつつ、潰れている!......。見ると隣りの薬指と違って明らかに丸く変形している。実際の指も左手に比べて少し短くなってるんであった。
手術となると聖マリへ通うことに。元どうりになる保証もない。ここでのギブス固定の苦渋の選択をした。骨は1,2ヶ月でくっつくが、たぶん完全な元どうりにはならないし、形も変形したまま、以前のようには曲げることも出来ないだろうと医師に言われた。2ヶ月以上かかりますよとも....。
あの地獄の数週間、数ヶ月がまた始まるのである。

先日びっこを引いていたQueensのKasahara代表と話した。
Kさんも過日飲み屋でやらかしたんである。掘りごたつ席から立ち上がろうとした時に足をギクリ。同時に股間をもぶつけたらしい。Kさんは股間の痛みで足の骨折に気づかなかったと豪快に笑い飛ばす。実は骨折しちゃっていたのだった。筆者は言った。
「Kasaharaさんなら股間のほうは平気でしょ。Kさんのアレ、鉄で出来てるんだから」
「ガハハハハ」....Tさんなんで知ってるの、と言いたげだった。
そんな会話をしたのが2週間ほど前だった。

それにしてもなんである。骨折は実は伝染するんであった。
ここのところ、連盟副会長Kuriharaさんが足の骨折、ヤングホークスのKurosu監督もゴルフ場で足を骨折、フレンズのHiroも全治3ヶ月ほどの骨折、更にQueensのHimariも足を骨折、続いて筆者が若干イレギュラーだけど年末に人差し指を1/5切り落とし、今年に入ってQのMisaki母が顔の怪我と亜脱臼、そんでまたHimariが中学に行ってから今度は指を骨折、過日Kasaharaさんが足の骨折ときた。それで今回の筆者である。
何かあるに違いない。みんなでお祓いに行こうかとHimari母がメールで書いていた(^-^)

それはともかく。
筆者、長年チームの子どもたちの安全には人知れず気を遣ってきたつもりだ。たぶん誰も知らないだろうけれど。足元にボールが落ちてれば注意指導し、集団で素振りする時も互いの間隔をもっと大きくとるようにとか、幼稚園児らが歩いていると気を配りとか....。
それがこの体たらく。全て自分の責任である。大バカ野郎のオヤジなんである。子どもたちに指導する資格がないではないか。また周囲の大人たちにも余計な心配をかけてしまったし。不可抗力の怪我ならいざ知らず、そうではないところに自己嫌悪に陥っている。

ひと差し指も元には戻らなかった。むくみが取れず変形し関節も僅かしか曲がらないし、痺れも未だに残っているんである。それでも生活に支障はないので頭を切り替えることにした矢先であった。
みなさんも十分気をつけて。ゆるい凡フライならいざしらず、強烈なライナーを素手で捕りに行ってはいけない。そんなバカは筆者だけだろうけど(T-T)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

4 件のコメント:

小野口純子 さんのコメント...

またですか。もう、やめにしてください。(悲鳴)

指が1本使えなくなり、2本使えなくなり……
手術をしないでギブスだけで治すのですか?
治るかどうかわからないといっても手術のほうが可能性があるのではないですか?

どちらにしても、どうぞ無茶をしないようにお大事にお過ごしください。

テッシー さんのコメント...

小野口純子さん、コメントありがとうございます。

またやっちゃいました...。
反省しきりですm(- -)m

匿名 さんのコメント...

あーあ、またですか。。
確かTさんは昨年厄年の、いま43歳でしたっけ?

お見舞いに、私の友人からのメールを、本人には無断で転載します。
(この4月にアムステルダムに転勤となった、「W」というチームに所属の、心優しい・心大きな後輩友人からのメールです)

-----
こちらに来てひと月半になりますが、宮前区少年野球連盟と晴耕雨読ブログがアップされるのを楽しみにしている毎日です
-----

ね、お見舞いになったでしょ。
不自由な指になっても、世界60億人ファンのため、書き続けてくださいね(^O^)!

テッシー さんのコメント...

匿名さん、コメントありがとうございます。

二度あることは三度ある...。
転ばぬ先の杖、これからは両手にグローブをはめて日常を過ごそうかと思ってます。

お見舞いありがとうございますm(- -)m確かに元気になりました!
宮前の関係者には結構読んでもらってるという話は聞きますが、どれだけの数なのかはサッパリわからず。そのうちのお一人が海外流出されたんですね。でもあちらでも読んでいただけるとは、嬉しいかぎりです(^-^)
よろしくお伝え下さい。

一日60億人の人は読んでくれて、一人あたり1円徴収できたら、私は1日60億円の収入ですね(^-^)
その暁には、連盟に「川崎宮前少年野球専用ドーム球場」の建設費用を寄付しちゃいます。

ありがとうございました(^-^)