2014年5月5日月曜日

千差万別千変万化

今年のGW仕事スケジュールは例年になくほぼカレンダーどおりで大いに結構なんであるが、逆に若干憂鬱な気分でもあるのだった。
なぜか?連日練習試合や公式戦やイベントが盛りだくさんで、油断してるとどんどん写真やブログネタが溜まってしまって、早く書かねばというプレッシャーで気分憂鬱なんであった。筆者の弱点はプレッシャーと綺麗な女性に弱いことなんである。

というわけですでにネタ倉庫には溢れんばかりの在庫を抱えて、黒字倒産寸前ゆえにやっと筆を執った次第であるからして、サックリサクサクといきたいのである。
今年から関団連をパスして「あじさいリーグ」に参加。なぜなら.....。おっといけねえ、これだから長くなるんであった。サクサクしよっと。
予選リーグ無勝利同士の同じ宮前の仲間、馬絹メイツ戦。シートノックを観ながら気になったのはやはり4番センターのHayashiくん。

写真を多く撮っているとマンネリ化してきてしまい、つい何かいつもと違う写真に浮気しちゃうんである。今回のF軍のそれは打席を外しベンチサインを見る様子を特集してみた。この写真のアイディアは数年前第一公園での試合でもやったんであったが、子らによってそのポーズは千差万別、表情も千変万化なので面白いものである。

前半スコアを付けて後半は広報活動に移行。久々にグランドを睥睨(へいげい)する高台の道路から俯瞰で撮ってみる。ほっほう、やはりちょっぴり新鮮。

筆者それならばと、いっそのこと上空から鳥瞰で有馬スタジアムを空撮しようと画策、元自衛隊のSone父に頼んで航空自衛隊ヘリをチャーターしてもらった。彼はバリバリバリというヘリの飛行音を聴いただけで、空自ヘリか海自ヘリか警察ヘリかはたまた、新聞社ヘリか民間航空ヘリかを聴き分けることが出来るんである(もちろんウソである)
右翼方向が若干浅いことを除けば、なかなかに少年野球には格好のスタジアムなんである。

初回に1点、2回に4安打一挙5点、その後も小刻みに加点する展開で、9:3でフレンズ勝利。ベストプレイヤーはHiro、Yuiと、最近非力ながらも球威に打ち負けない打撃で2塁打を放ったKyoh。

試合後は2塁走者の本塁への走塁と、同時にそれをホームで刺す守備の練習。
ごんごんざくざく砂まみれで撃沈の子、きゅんきゅんしゅるしゅる本塁生還の子。

この日の晩はまた飲み会があったんである。筆者の娘が6年の年代のOB親たちの、年に一度の飲み会なんであった。これに鷺沼ヤングホークスやKurosu御大もからみ〜の、ヤングオヤジ軍団とも楽しい一夜を過ごせたんであった。
そのへんの話はまた次回なんである(^-^)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

「最後から二番目の恋」にハマっています。「続」の方じゃ無くて、2年ほど前に放映された方。
このGW期間中、公私ともどもの仕事の合間中、8話まで観てしまいました。

きっかけは、もちろんこの「晴耕雨読」。
ドラマにしろ本にしろ、影響受けること多々。


4休・3勤・4休のこのGW。
浅田・村上両先生や椎名兄貴の昔の本まで、押し入れの奥から引っ張り出し、朝・夕の電車の中や、ドラマの合間に、その世界にも浸っています。

「晴耕雨読」がもう少しつまらなければ、私の睡眠時間もある程度は確保できるのですが・・・。
何せ会員番号でいうと、たぶん一桁代の古くからのヘビロテ読者です(^-^)/。

今日は久々に、日をまたがない時間帯にアップされてるし、ついついコメントしたくなった次第でした。

「睡眠不足」がずーっと続くよう、これからも頻繁にワクワクドキドキさせてくださいね^^。

明日朝、第一ドーム球場の倉庫のカギ開けは、2480さんか310さん、お願いします。
私はたぶん無理です。
これから「~二度目」の9話観て、そのあと、浅田先生の「メトロに乗って」残り30ページを完読予定です。

2460
・・・人生であと2回はやだけれど、もう一度だけ恋してみたい51歳・・・



テッシー さんのコメント...

2460さん、久々のコメントありがとうございます。

このコメントを書く前日にはすでに2460さんと第一公園ドームでお会いして、「~二番目の」の話に盛り上がりましたよね(^-^)キョンキョンと中井貴一の掛け合いは、かなりアドリブが入っているんだそうです。だからまた、面白いのでしょう。

「晴耕雨読」執筆継続意欲を支えてくれているのは、やはり2460さんのような読者さんがいることが、現実世界に存在してるからです。カウンターのアクセス数だけではなくてね。

浅田次郎に衝撃的にハマったのち、確か2冊目に読みあさったのが「メトロに乗って」だった記憶があります。映画化もされてますね。

テッシー
....最後から二番目なのかどうかは分らないけれど、今でも一方的に恋をしている筆者、脳内年齢45歳.....