2014年6月2日月曜日

川崎市宮前区少年野球を支えるオトコども

今日はジャビットカップ宮前大会、VS向丘サンダース戦である。
ところがなんである。今回ブログは有馬フレンズを幽体離脱し、宮前区少年野球連盟WEB広報班、及び宮前Queens広報部長職の職責を全うするべく、筆を執るわけである。

第一公園ドームへ着くと第二試合の長沢ドングリーズ対有馬子ども会の熱戦が繰り広げられていた。今年は強いぞとのもっぱらの評判のアリコに対して、ドングリーズはかなり善戦しているようだ。
大きな声を出してファーストを堅守するは、我らがQueensのYuma6年生。
実は昨日「エリエール杯」に出場したQueensの姫たちは初戦惨敗、苦杯をなめる結果となった。試合結果の連絡網のメールをもらった筆者は、Qに何か返信しようと思いつつも言葉が浮かばずiPhoneを打つ右手が止まってしまったままだった。昨日のそのうっぷんを晴らすかのようなYumaの元気な声が第一公園ドームにこだまする。
Dのベンチには連盟審判員で29番も兼任のHatanoさんが檄を飛ばし、スコアラーにはHatano母が相変わらずのにっこり笑顔でベンチ入りしていた。

ぎゅんぎゅん、ぎゅるぎゅる試合は進む。その間筆者は連盟の公式野球帽を拝受しているので、遠慮なくバックネット裏の役員席、放送席、貴賓席をうろちょろしオヤジ的Y談に興じたり....。
写真的には時系列的には相前後するんであるが、ネット裏では5年生連合監督のHirataさんとAbeさんが談笑。実はこの二人、宮前少年野球ここにありと、川崎全土にその名を轟かせた名監督なんであった。Abeさんは命を賭けていると言っては大袈裟だが、昨年から各チームの4年生を綿密にリサーチして構想を描いているんであった。どうゆう人選になるか知らないけれど、今年の連合は6年連合も含めて楽しみなんである。

宮前の少年野球を主催、統括、運営する連盟本部席。
Sohma会長やKasahara副会長、Ohtake副事務局と談笑。名将MatsuiさんKuriharaさんやSasakiさん、SatohさんNishiharaさんのいつもの顔ぶれも。先日連盟HPに「10年後の竹野内豊」の写真を掲載しちゃったNishimuraさんがいる。自前のパソコンを持参しネット裏で試合結果などをリアルタイムでアップしたり、各方面へメールを飛ばしたりしているんである。数年前の記念誌事業ではその辣腕の鬼編集長ぶりを遺憾なく発揮し、世界中の少年野球界にセンセーショナルを巻き起こした素晴らしい冊子が出来た。
先日のHP掲載には筆者にメールがあってTさんは「公人」なので肖像権はありません、とのこと。実にうまいことを言う。安倍晋三さんの写真をネットで使っても安倍さんは文句を言えないのと同じだ。ならばお返しにNishimuraさん(ペンネーム2460さん)も公人として写真を載せちゃうわけで(^-^)テーブル席手前ウルフの早稲田カラーのシャツを着てPCを叩いているのが2460氏なんである。

公人と言えばこの人ほどの公人はいないだろう。連盟トップの会長Sohmaさんである。その存在感とオーラは他の追随を許さない。初めて見る人にはちょっとコワイおじさんに映ってしまうのだが、(実際ちょっと恐い時がある)、その実宮前少年野球とQueensをこよなく愛する気の良いおじさんなんであった。少女野球Queensの会長でもある。(※会長も当「晴耕雨読」の愛読者の一人ゆえ、ちょっと恐る恐る書いている自分がいる)
その会長から「いつもQueensや宮前の野球を宣伝してくれてありがとう」と、畏れ多くも高級ウィスキーを賜ったんであった。花フラ夜の部室Saitohさんの酒屋さんからの直送便。目の球が飛び出るようなとんでもなく素晴らしい酒である。サントリーの高級酒「響」と、ジャックダニエルよりも濃く重厚なワイルドターキーなんであった。見てるだけで垂涎(すいぜん)の酒なんであった。しばらくはこのボトルをツマミ替わりに眺めながら1リットル900円のコップ酒が進むこと間違いない(^-^)
公人が公人に公然と贈呈するのだからこれは賄賂には当たらない。公職選挙法違反には抵触しないんである。しかし、そうは言っても会長のヒミツ話などはこれで永久にブログには書けなくなったのも事実なんである。それを言えばK副会長の裏話や武勇伝にも枚挙に暇(いとま)がないが、そこはそれ、オトナ同士の暗黙の了解というやつで筆者の胸の内にしまっておくわけなんであった....。
人の上に立つ人は人生経験豊かな人、というのは間違っていないようだ(^-^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: