2014年10月8日水曜日

月の影は僕らの影

タイトルを読んでピンときた読者諸賢はエライ。
そーなんである、今晩は皆既月食なのだった。まだダ・ヴィンチやコペルニクスやニュートンやニーチェやサルトルが生まれてなかった大昔の原始人は、これを見て怪奇月食だと思ったに違いないんである。

筆者のコンデジNikonP100。コンデジ界では一応ハイエンドユーザー向けなんであるが、こういう光が全てを左右するような写真撮影では、やはり脆弱性を認めざるを得ない。どうしてもこういう時こそ一眼レフが欲しくなる。三脚をベランダに構えて東南の夜空へレンズを向けてみる。月食はまだ始まったばかりだった。いろんなカメラモードで撮ってみちゃう。しかし良い写真を撮るにはコンデジではこれが限界か?

その間にもiPhoneの「有馬LINEフレンズ」のLINEがぴこぴこぴ〜ん♪とひっきりなしに鳴るは鳴るは....。それらを無視しつつ数々試したモードで一番良く出来たのがこれ。「有馬LINEフレンズ」にもトークで写真をアップした。

しかしなんである。このあと風雲急を告げお月さまは暗雲の中へ雲隠れあそばしたのであった。不運としか言いようがない、風雲だけに。
この宮前有馬では、いつの間にか厚く広大な雲が背後から音もなくゆるゆると忍び寄ってきたのであった。まるで夜道を帰る乙女の背後からストーカー野郎が距離を詰めてくるように....。
ピークの最大の食19:54を待たずして、筆者は忸怩たる思いを抱えて体育座りをして頭を抱えてしまったんである。
「くっそー! 俺は聞いてないぞーーーー!」
と、世界の中心で夜空に叫んでも誰も同情してくれないわけで。

さて。
少年野球「晴耕雨読」ブログ的には、この天文現象を、健気な野球少年少女の子どもたちにオリジナル解説したい。

セカンドベースに光り輝く太陽さんが立っています。
ピッチャープレートには僕らが住んでいる地球があります。
ホームベースには今日のヒーロー、お月さんがいます。
周りは真っ暗闇だけれど、太陽さんのおかげでセカンドを見れば明るく輝いています。
それでは振り返ってホームを見てみよう。
いつもは綺麗なお月さまにみるみる影が出てきました。
ピッチャーのうしろにいる太陽。その光を投手の僕らが住む地球がさえぎって、ホームにいる月の輝きを隠してしまったんです。
あの月の影は僕ら自身の影。
ワカリマスカ?....(^-^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

nob tsuda さんのコメント...

天文イベントが大好きなテッシーさん
やっぱり夜空を見上げてましたね。
私もこんな写真を撮りたかったです。
天体の位置関係をベースで例えるとはさすがです!

テッシー さんのコメント...

nob tsudaさん、コメントありがとうございます。

天文イベント大好きですねえ。次回の皆既月食は来年4/4らしいですから、また楽しみが増えました。
ベースに例えたのは、最後にとっさに思いついたアイディアでした。
子どもらにうまく伝わったかどうかは怪しいですが...
(^-^)/