2014年12月31日水曜日

有終の逆転サヨナラ優勝!(2014NPBジュニアトーナメント大会)

12月31日の大晦日。最後に連盟広報としての大仕事が待っていたんである。
NPB主催のプロ12球団の少年野球チームによる、「ジュニアトーナメント2014」福岡ドーム決戦なんであった。これはおそらく小学生学童野球の日本最高レベルの大会である。以前の「晴耕雨読」で既報のとおり、宮前からはジャイアンツJrへ3名選抜されているのだった。連盟副事務局長のNishimuraさんが帰省途中で単身福岡に寄り、その模様を2日間に渡り宮前関係者へメールで詳報を電送してきたんである。

筆者、まがりなりにも連盟広報を拝命している身、ここはブログにて報告しなきゃなんであった。昨日の時点ではNさんからのメールを整理して想像を加えて脚色し撹拌咀嚼したのち執筆に、と思ったんであるが、今朝連盟HPを見たらWEB担当でもあるNさんが早速かの地からPCで詳報をアップしていたんである。早速Nさんの了解をもらいこれを引用してしまう横着ブログなんである。

以下、「※青い文字」のみ筆者の挿入文。それ以外は宮前連盟副事務局長であり、永遠の文学青年であり、少年野球とセンシティブなユーモアをこよなく愛し、当少年野球「晴耕雨読」のヘビーユーザーでもあるNishimuraさんのペンによる記事なんである。
ここでは割愛している部分もあるので、連盟HPも右リンクから是非4649アクセスして下さい。
++++++++++++++++++++++++++++

12月27日
12月27日夕刻、福岡着。広報部長Tさんの代理で、明日から開幕の12球団ジュニアトーナメントを取材しますぞー。ホテルで一人住まい。寝坊して遅刻したらごめんなさい。

ジャイアンツJr.、初日の応援団集会。私の撮影では、やはりダメですね。LUMIXとiPhoneの2機種で撮ったものの、結局、慣れたiPhone写真を選択。そっちで撮った写真の方が、まだましだったので。。お盆の時期に、ご先祖様を囲んだような写真となってました・・・
※確かに(^-^)写真あり。こちらは連盟HPでどうぞ。
12月28日
やっとこさ、ヤフオクドーム着。

第1試合:ファイターズJr.4-1マリーンズJr.▶第2試合:ジャイアンツJr.1-1スワローズJr.◆ジャイアンツJr.、先制点を「もらう」も、6回に「お返しあげて」引き分け。グループDは、明日のタイガース戦次第で決勝トーナメント進出チームが決まります。▶第1試合:タイガースJr.対スワローズJr.。第3試合:ジャイアンツJr.対タイガースJr.
どちらのチームもエラーで取った1点のみ。「あの子は将来プロかも?」の選手もいました



12月29日
12月29日、大会2日目。第1試合:スワローズJr.9-7タイガースJr.。ジャイアンツJr.は、12時10分開始予定のタイガースJr.戦で3点差以上で勝てば、決勝トーナメント進出が確定します。
※ここで「大会裏話」なる記事あり。こちらも連盟HPでどうぞ。
今日のタイガーズJr.戦。スターティングメンバーとエンディングメンバー。


ジャイアンツJr.対タイガースJr.戦は13x-1でジャイアンツJr.の勝ち!宮前の3選手も勝利に大いに貢献しました。大会三連覇まであと2勝!明日は朝7時30分からベイスターズJr.と準決勝。勝って12時頃からパ・リーグの勝ち上がりチーム(東北楽天イーグルスまたは北海道日本ハムファイターズ)と決勝戦!

12月30日
準決勝。ジャイアンツJr.は、3-2でベイスターズJr.に勝利しました!
2安打だけど、守り抜いて勝利!
※かなり伯仲した死闘だったらしい。薄氷の勝利といったところか。メールを順々と読みながらちょっとドキドキしてしまった。

いよいよ決勝戦!対北海道日本ハムファイターズJr.戦。
ジャイアンツJr.は後攻。2-1で6回までリードも、最終回2点取られ逆転を許す。ジャイアンツJr.最後の攻撃。9番宇野選手、ショート頭上を越えるヒット。続く1番山田将選手は、無念のピッチャーフライ。1アウト1塁。2番主将の福住選手、ライト前ヒット。3番の石倉選手が、ライト線へのエンタイトル2ベース。これで同点。ランナー2・3塁。そして4番黒住選手の打球はセンターへの飛球。3塁ランナー、タッチアップでホームへ帰り逆転サヨナラゲーム!ジャイアンツJr.、大会3連覇達成の瞬間でした!!

【これって、こないだの新人戦決勝戦と少し似てません?両チームのスコアラー氏なら、きっと分かってくれるはず】
※新人戦片方のスコアラーだった筆者。まさにそっくり、その通りなんであった。勝利目前に追いつかれて最終回奇跡の勝ち越し、しかしその裏外野フライでタッチアップによる逆転サヨナラ負け。ウルフにとってはその逆で劇的なサヨナラ勝ちであった。Nさんはあの時のビデオテープを観ている錯覚に陥ったに違いない。ちなみに筆者はフレンズ、Nさんの出身母体がウルフであるところも面白い(^-^)

何はともあれ、2014年ジャイアンツJr、破竹の大会3連覇おめでとう!
宮前の3選手Nonta、Kippei、Soraも大活躍したようだ。
彼らの母体チーム関係者はもとより、我々宮前で少年野球に携わる者全員にとっても、この子らと宮前を誇りに思うのであった。

※下の結果はNPBのHPから引用させていただきました。
※また明日、元旦から今大会の各試合が有料放送の「J SPORTS」にて放映される。
「駅伝もいいけど少年野球もね!」(^-^)




にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: