2015年3月8日日曜日

開幕2015の春

今日はあいにくの小雨まじりの空模様、この曇天が一気に晴れるような大曇天返し....いや、大どんでん返しは期待出来そうもない。例年のこの日は晴天に恵まれたんであったけれど、今年の春季大会の開会式はこんな肌寒い天候のもと開催されたのだった。

貫禄十分の連盟Sohma会長、眼鏡を新調したようだ。ツルの部分がなかなかのおしゃれさんである。昨年の驚異の全大会の覇者、驚異とともに脅威ももたらした富士見台ウルフから優勝旗・カップの返還。

来賓、連盟、監督指導者、そして主役の選手たち。いよいよ2015年の瞼(まぶた)は切って落され.....いや、火ぶたは切って落されたんである。これから長い少年野球シーズンの始まりだ。

時系列は逆行しちゃうけれど、数年前から「晴耕雨読」で恒例となった全チームの入場行進写真を一挙掲載。そぼ降る雨とカメラの調子が今ひとつで綺麗な写真とはほど遠い出来。この角度から撮ると行進のうまいチームはほぼ全員の顔をきれいに捉えることが出来るけれど、そうではないチームは直線に整列していないため、顔が欠けて見えなかったりしちゃう。行進は足並みと腕の振りを揃えることが一番重要かなと思っていたけれど、その次に顔は真っすぐ前を見る、歩く軌道も直線に....も大事だと知った次第である。
では本大会の部の一挙20チームである。これには宮前Queensも参加する。




















次は次世代を担うジュニアの部全8チームのチビッコ軍団。本来は全チームにジュニアチームを併設出来ればいいのだが、昨今の野球人口減少、少子化問題のあおりからか8チームとなった。こういうチームは恒常的に安定して強くなれるチームだと思う。羨ましい限りだ。








さてこれも恒例、外野から一塁内野スタンド方面を眺めたショット。コーチや父母たちを順々に撮って切り貼り。雨にもかかわらずなかなかのギャラリー、観客数である。日本野鳥の会を呼んでカチカチ人数をカウントしてもらったら、53,257名を記録したんである。
選手宣誓はAbe連合艦隊司令長官の母体チームである、松風スラッガーズのMorimotoくん。自ら志願しての選手宣誓だそうだ。実に見事なスピーチであった。会場からも拍手が湧き起こる。


今年はオマケのショットがある。例年同じ写真パターンなので、今年はむくつけき男どもの、監督コーチ陣のアップを特集しちゃう。顔が写っていなかったり、イカツイ表情だったりしていても筆者は責任とらない。もし筆者がここに写っていればおそらく誰よりも一番イカツイ、不細工な顔をしていたに違いない。母たちの写真掲載には人知れず結構気を遣うのであるが、まあ、男なら文句あるまいて。肖像権侵害、プライバシー侵害、個人情報保護法、秘密情報保護法、ストーカー規制法etcは一切無視しちゃう。
2015年、今年の宮前少年野球を牽引する野郎どもなんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


0 件のコメント: