2015年4月19日日曜日

花は女、女は華

忘れた頃にやってくるのは天災とグリーンカップなんである。雨や過密スケジュールなどでグリーンカップがまだなんであった。今日は南野川ブルーアローズ、青い稲妻軍団である。昨年は上部大会まで行った強豪。しかし今年は人数の激減と低学年の子が多いためか、かなりの苦戦を覚悟の上であろうか。来年のフレンズの鏡を見る思いなんである。試合前に小さい子らが健気に練習している姿を見ると、チームの別なく「頑張れよ〜」とココロの中でつぶやいてみたくなる。
今年の南部リーグの幹事チームはブルアロさんである。
闘将かつ名将Yoshida監督。時にこのブログ、公器になることもあるゆえここでは多くを語りません。本年度どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m


監督Satohはフレンズ先発メンバー下位打線を大幅に入れ替えて、普段出れない選手を起用した。そんな子らを中心に激写。

試合は初回からF打線が爆発、Ruiが安打で出塁、失策絡んで走者2,3塁から3,4番Yui、Hajimeの連続タイムリーツーベース、四球失策に乗じてKyoh、Kohki、一巡したのちの2打席目でもまたYuiがツーベース...そんなこんなで初回で9:0と大量リード。

特筆はYuiの3打席連続のあわやホームラン的なツーベース、しかも全打席に打点が付く適時打。6番Kyohも気を吐き単打1二塁打2の大活躍。主将Ruiも2本の長短打に加えて、投げては3回にHenmi(Y)くんに打たれた二塁打の1本のみの安定したピッチング。
他の伏兵たちもよく頑張った。しかしこれが大きな勘違いを生むことにもなる。午後の他チームとの練習試合ではそれを露呈することになるのだったが....。

結果は15:0で4回コールドゲーム。
ソメイヨシノとは違う樹種の桜たちは今でも満開である。5枚の花びらのソメイヨシノではなくもっこりした風情の桜やドピンク色の桜などは、重そうにその枝を風に任せて揺れていた。

この時季これも「晴耕雨読」ではほぼ恒例であるところの、西有馬ドーム花壇のチューリップの咲き乱れる姿。「春は桜ばかりじゃないのよ。アタシたちをお忘れでは?」と言っているかどうかは筆者の預かり知らぬことであるが、あたかもそう主張しているかのようなチューリップたちの百花繚乱ぶりなんであった。

写真を見ていてふと、思った。
動物には男と女、それぞれのイメージに分類されると思うのである。例えば鹿やリスやウサギなら女性のイメージで、ライオンやサイやバッファローなどは男性的なイメージを持つだろう。ね?
ところがなんである。じゃあ花はどーよ?
桜もチューリップもあれもこれも...。花というのはおしなべて男か女かと問われればほとんど女性の印象を持つに至るに違いない。「野に咲く名も知らぬ可憐な花のような少女」とかとか。
花と言えば女。それならば、さしずめ花の蜜に群がる虫たちは男なんであろうか。

世界中の女性にちょっぴりゴマをすりつつ、今晩は筆を置く「晴耕雨読」なんであった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村



0 件のコメント: