2015年7月20日月曜日

夏、スプリンクラー

筆者も好きな、故宮崎台バーズ高橋さんも好きだった達郎の「スプリンクラー」
私はTubeの世代ではないので、夏と言えば吉田拓郎の「夏休み」「旅の宿」や前記達郎の「さよなら夏の日」などが想起されるんである。いずれも哀愁に満ちた歌詞とメロディーで聴くたびにココロが何モノかにきゅっと掴まれる。

毎週の壮行会実行委員会での微に入り細にわたる打合、アリーノ懸垂幕、のぼりデザイン制作、全国大会出場記念ポスターデザイン、その縮小版の制作配付、先日は宮前Queens10周年記念事業の打合に参加。その間仕事のクライアントと小杉で呑んだり、友人と台風時に呑んだり、etc...。よって夜中ブログを書いてる暇はないんであるからしてご容赦願いたい。

当然Macのデスクトップフォルダは、本業の仕事よりも野球関連のほうが圧倒的多数を占めることになる。連盟事務局Nishimura2460さんも毎週同じ思いをかかえているのだそうだ。会社仕事のメールよりも野球関連のメールが遥かに凌駕していると。連盟事務局Nishihara2480さんは今回のフレンズ壮行会には並々ならぬ意欲を発揮し、イニシャチブを取りつつおかげでなんとか壮行会の全容が具現化されつつある。昨年まで新しい親たちには「誰、あの眼鏡のおじさん?」的に思われていただろう彼は、もはや今はなくてはならぬ存在なんである。かつてはフレンズ運営の中枢を支えていた。経験値というものは若くしては獲得出来ないもののひとつである。
それもこれも「全国大会出場」という偉業を成し遂げたフレンズの選手たちが、我々オトナを突き動かせている原動力だ。指導者も含めて父母ともに子どもに感謝しなければいけない。

閑話休題。

「しゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅんしゅん......」
「しゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅるしゅる....」
モグラが地表に顔を出して遠くを眺めるように、スプリンクラーがぱっかり現れ小気味よいリズムで熱いグランドを冷ましにかかる。
「しゅんしゅん、しゅるしゅる.....」
今日とうとう梅雨が明け暑い夏がやってきた。
今年の夏は暑い以上に熱い夏になる。
毎年スプリンクラーの放水を見ると少年のような気持ちになるのが不思議だ。
花火や焚き火を見ると、少年の夏の遠い記憶がよぎるのに似ているのかもしれない。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

テッシーさん!お疲れ様ですᐠ( ᐢᐢ )ᐟ

暑い夏が熱くなるんですね!
きっと良い思い出になりますね。

私は夏になると井上揚水さんの「少年時代」歌ってしまいます����

Kさんも上手でした��

熱い夏☀️体調壊さないようにしてください! B

テッシー さんのコメント...

匿名さん コメントありがとうございます。

そーでした、陽水の少年時代も夏の定番でしたね。
拓郎と来たのに、次に陽水が出て来なかったのは、筆者の不徳の致すところ(^-^)