2015年7月21日火曜日

秋季は盛夏にやってくる

毎週毎週の土曜日の夜、壮行会に向けての10数名の実行委員会を開催、今晩はいよいよ最後の打合、4,5回目なんであった。帰宅後ブログをアップするにはいささかお疲れ気味であるんで、写真中心にさせていただきたい。この「お疲れ気味」を一気に快復するためには、サントリーセサミン100粒をリポビタンD+にんにく+赤マムシ+シジミ+すっぽんドリンクで流し込み、ついでにバイ○グラを呑まないといけないくらい、疲労困憊・満身創痍なんであるからして、お許し下され。(少年野球ブログにあるまじき傲岸不遜・不適切な文言があった場合は平身低頭・三拝九拝して深謝したい)

さて盛夏を迎えたばかりだというのに、もう秋季大会開幕なんである。過密スケジュールを年間通してこなしていくには致し方ない。連盟事務方側では血のにじむような努力の末、断腸の思いでこの時季に秋の宣言をせざるを得ないのである。ご理解頂きたい。7年間地中に蠢(うごめ)いて一週間の短い人生を謳歌しようと、やっと地表に出て来たと思ったらもう秋季かよ、と思ったであろう蝉たちにも申し訳ない気持ちなんである。

写真中心にノートリでいっちゃう。
フレンズ+Queensの開会式前の集合写真撮影点描。


恒例の入場行進を一気呵成にいっちゃうわけで。チームの親は我が子の写真を必ずしも撮っているわけではないだろう。ましてや入場行進をこのアングルでは撮れない。良かったらこのブログ写真を保存して、我が子の成長記録のフォルダに加えていただけたら筆者も嬉しい。但し、イイ顔で写っているかどうかは責任が持てないわけで。
本体会の部Queens含めて全20チーム、ジュニアの部9チーム。





























写真合成はしないで、そのまんま掲載。富士見台ウルフの優勝旗返還と会長Sohmaさんの挨拶。



これまた恒例の第一公園スタジアム岡の上ギャラリーの点景。
「俺、こんな不細工じゃねえよ」
「私、もっと化粧してくるんだった、もう!」
そういう外野の声は私のココロの中で不協和音を奏でているのだが、構うもんかなんである。






追い打ちをかけるように宮前が誇る各チームの番号を背負った指導陣。
「俺、こんな不細工じゃねえよ」
と思ってももう遅い。普段の素の姿はこうなんである。筆者は立場上写真に写ることはまれであるが、たま〜に写った己の姿を見るとやはり「俺、こんな不細工じゃねえよ」なんである。どうやら人は自分のことを過大評価しているのかもしれない。






選手宣誓。今年も素晴らしい宣誓だった。筆者は小6のことを思えば絶対出来なかったと思う。連盟特別賞の受賞。行進は決して賞をもらうためにやるのではなく、そのためにチーム一丸となってみんなで歩調を合わせることに本当の意味があることを子らには学んで欲しい。





解散。
ゆるゆると選手たちが陣地へ戻っていく。まるで東京マラソンスタート直後の光景のような無数の頭の群像。Queensの新入部員の小さな子がお兄ちゃんたちに揉まれてニコニコとことこ歩いていたのが印象的だった.
宮前の少年野球少女野球がこれからも発展して行くことを願ってやまない。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: