2015年7月22日水曜日

赤のアップシューズ

今年はなにしろ忙しい、仕事も明日から渋谷○○の設計が始まるけれど、それよりも野球の仕事が凌駕しちゃっているんである。そんなこんなでとんとQueensにはご無沙汰なんであった。申し訳なしm(_ _)m
フレンズの間隙を縫って土曜はQに行こうと今年は思っていたのだったが、そんな時に限って仕事で行けなかったり、朝から雨だったり....。ここ2ヶ月くらいはTSUTAYAのレンタル映画もデスクの片隅でホコリをかぶったまま観ていないし、歯が痛いのに歯医者にも行けないし、新国立競技場建設の迷走ぶりに建築業界の端くれとして、憤懣やるかたなく忸怩たる思いを抱えて....そりゃ関係ないか(^-^)

先日やっとQueensに顔を出した。来年創立10周年のイベントを計画しているのだけれど、その企画会議に参加。フレンズでの30周年記念時の経験をあまりひけらかさないように気を遣ったつもりだったが、つい「あの時はこうだった」的な発言をしてしまいちょっと自己嫌悪。筆者は必然的に記念誌担当に。今年のFの忙しさとQの重責とのバランスをどう取っていくかが今後の課題なんである。連盟20周年記念誌制作の時の、あの高揚感の陰で、必死で徹夜で作った想い出が蘇り、ちょっと怖いのも事実。

宮前少年少女野球のメッカ(メッカの意味は分かりますね?)第一公園スタジアムでQueensVSリトルグリーンズの練習試合があった。久々のQ姫たちは劣勢でもにこにこ楽しく野球をやっていたのは相変わらず。ほんの少し前までちっちゃい子だったのが、もう既にレギュラーなんであった。来年は今年から急転直下11人ほどに減りそうなFもそうだが、Qも選手人数の確保は急務なんである。どうか宮前各チームの女子選手諸君、女の子だけの野球チームQueens(クィーンズ)でも楽しく野球をやろう!
そんな中フォルコンズから一挙数人が入部してくれたことは驚天動地ののち欣喜雀躍の大変な朗報だった。筆者がもしウサギなら「鳥獣戯画」のように酒を呑んで踊っていたに違いない。

今日は主力のAyanoが、やまゆりに行って参戦できなかったけれど、一生懸命(?)Q姫たちは頑張っていた。
では一挙写真にて。




試合後。新代表兼29番ヘッド、Murataさんがなんと「赤いちゃんちゃんこ」を着る年齢になったんであった。幸い筆者はまだ「赤ちゃんこ」まで20年くらいの執行猶予があるので安心だ(^-^)
Q姫たちからadidasの赤いアップシューズの贈呈。もちろんそれはQ父母たちのMurataさんへの真心があってこそなんである。脱帽。
※因に「進呈と贈呈」の違いを知っているだろうか。前者は個人から個人へ軽い気持ちで。後者は複数人いる公の場で贈る時に使う。ならば、「配付と配布」の違いは知っているだろうか。ちょっと似ているんである。日本語は深くて面白くて難しいものだ。

場所を変えて神木会館へ、10周年記念イベント白熱のミーティング。現役OB親全員で臨むところもQらしい。
ここではMさんへバースデイケーキとオリジナルネーム入り煎餅の贈り物。照れながらも嬉しそうなMurataさんなんである。筆者もこんな風に歳を重ねたいと思うのだが、現実は厳しい....。

ここ数ヶ月楽しい笑顔ばかりではない、時に殺伐とした空気の中で嫌な気分に落ち込むこともある。そんな中久々Queensに顔を出し、ココロのどこかがほわんと温かくホッとした気持ちに浸った筆者なんであった(^-^)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: