2015年11月11日水曜日

新しい風

新人戦の季節がとうとうやってきた。
否応にも思い出すのは昨年の闘いはVS富士見台ウルフ戦。決勝で涙を飲んだけれど、ずっと1,2回戦敗退だったあの弱小チームだったフレンズに、来季への希望に満ちた価値ある準優勝なんであったことを、まるで昨日の事のように想起されるのだった...。

2015年来季の新チームによる「新人戦」の開幕なんである。
例によって開会式の行進から全チームの面々を一挙掲載。写真左側に多少妙な白濁があるのは、レンズフィルターに雨粒が付着しているせいである。女子野球Queensも含めた全20チーム。



















昨年度優勝の富士見台ウルフから優勝旗の返還。
それにしても行進の時のかけ声はなんともまだ「子ども」を彷彿とさせる黄色い声であった。1年間6年Aチームにずっと接してきたオトナから見れば、なんとも可愛らしい声なんであるが、これが冬を越え春のヒバリの声を聴く頃になれば、ずず、ずんと成長しちゃうから楽しいのである。


これまた恒例の、グランドから見た観客席のショット。折悪しく小雨が降り出し、ぱっとしないけれど、以前まで使っていたNikonP100ならもっとぱっとしない画しか撮れなかったはず。今のD5500だからまだ、ここまで写っている。どんなプロ仕様の高級機一眼レフカメラでも、雨模様を晴天に変えて撮影は出来ないわけで。



選手宣誓はサンダースの主将。きりりとした気持ちの良い宣誓。
昨晩は一生懸命練習したのだろうか。その宣誓の先生となったのは彼の親御さんに違いない。
特別賞はフォルコンズ。行進の優秀だったチームに与えられるものだ。フォルコンズのUeshimaさんは遠く海外出張の地で、このブログを見ているだろうか。海外へMacを持ち込みホテルで連合ヤンキース祝勝会・解散式のDVD制作に没頭しているんであった。


このあとフレンズ1回戦は場所を移動して第四公園ドームにて。
対戦はKurosu監督率いるヤングホークス。シートノックは29番HCのIshikuraさん。
雨のせいかホーム........。
(※書いている途中たった今、世界野球プレミア12で中田の安打でサヨナラゲーム)
雨のせいかホーム周辺のマーカーが埋没し、試合直前になって必死にかつ冷静に白線を引くKatsuさんたち。

「プレイっ!」
試合詳細は割愛したい。
フレンズ2015年の大快挙、今年はフレンズ史上特別なシーズンであったけれど、それが為に5年生以下の練習や練習試合は今年、ほとんど実現していないんである。Aチームの応援ばかりで野球をさせてあげれなかった。チーム事情を鑑みれば致し方ないこととは言え、彼らには可哀想なことをしたと思っている。反して一生に一度あるかないかの全国大会や県大会などの大舞台をその目に焼き付けられたことは、彼らの一生の想い出になったはずである。いつか二度目の大舞台をキミたちに託したい。

負けの、言い訳がましくなっちゃった。
惨敗の12:1なんである。
正直、12失点で終わったことに安堵した。もっと悲惨な結果を想定していたんである。
それだけにほんの少し、トンネルの暗闇の向こうに一条の光明を見た思いがしたんである。きっと今年全国へ導いた監督Satohが、長い目でしっかりチームを作ってくれるに違いない、ことを希うばかりだ。
(※筆者スコアラーにて写真は開始前のこんだけ)



にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


0 件のコメント: