2015年12月23日水曜日

最終戦は雨を凌駕する笑顔

先日の日曜はご存知6年生を送る会に身を投じ、のちに二次会を経て酩酊、仲間と夜ラーメンをすすり帰宅したのだった。
ということは、つまり、「下町ロケット」最終回は見とらんのか?
見とらんのである。
しかし、ちゃんとちゃんとの味の素、しっかり録画しておるんである。
今、それを右目で観ながら、左目でMacの投稿画面を捉えつつブログ開始なんである。
本当は椅子にどっかり居座って、ビールをどぶんと呑みながら、どっぷりドラマに浸りたいのが本音なんだけれど、背に腹は変えられぬ。ながら族さながら、二足のわらじ的わたしなんである。

++++++++++++
北部大会決勝に続き高津ドジャース杯決勝なんであった。
その日は冷たい雨がそぼ降る中、多摩川河川敷スタジアムに参集、寒い曇天とは裏腹に熱いゲームが展開されたんである。
(※昨晩南部リーグ決勝と誤記。俺もとうとうヤキが回ったか。FのUさん、貴重なご指摘ありがとうございます。m(_ _)m12/23PM訂正)

試合会場に向かう道すがら偶然相手チームの野川台フォルコンズさんの母スコアラーさんらと一緒になった。フォルコンズさんは美人母の宝庫として筆者は以前から認識していたんであるが、それを再認識させられるのであった。「晴耕雨読」ブログの話になり、過分のお誉めの言葉を頂戴し正直、めっちゃ嬉しかった。しかもこちらの文章の意図するところを深く理解して頂いていたのには驚き、更に嬉しかったんであった。

さて毎度ながら前置きの長い「晴耕雨読」なんである。ここからはすでに有名無実となってしまった「一気呵成」と行きたい。「下町ロケット」も後半戦に入ってきたんである。
美人母と談笑しながらふとニコタマの高層マンション群を見上げると、今大会の決勝を盛り上げるかのように巨大な横断幕が掲げられていたのだった。(^-^)

ここまでタイムラグ40分。「下町ロケット」に見入ってしまい40分ブログの筆が止まってしまっていた。針の止まった大きなのっぽの古時計みたいに....。
さて鋭意「晴耕雨読」再開なんである。
一度は止まった心臓がガウディによって再び蘇生するように...。


試合経過は割愛したい。試合の数字の羅列よりも互いに切磋琢磨し、もっと人としての素敵なゲームだったから。先日のメイツ戦同様、フォルコンズの中には連合繋がりの見知った子の顔が笑顔で躍動していた。
筆者雨に濡れながら多摩川の土手に登りスタジアムを俯瞰、久しぶりにミニチュア効果の写真を撮ってみる。

試合途中フォルコンズ軍団に笑みが漏れた。理由は忘れたが、こんな笑顔が見られるのがこの時季の大会の良いところ。ピッチャーと監督Watanabeさんのベンチの笑顔が印象的だった。

試合途中我がフレンズ美女母代表OB、Natsukiと、フォルコンズ美女母代表Tanaka母が歓談する姿を激撮してみる。こちらも雨天を吹き飛ばす明るい太陽のような笑顔。


結果はフレンズが優勝。3番Yuiが大暴れ、4番Hajimeも共にそれぞれ3打点を記録。
しかし、お互いに記録よりも記憶に残るゲームだったのではないだろうか。特に6年生父母たちにとっては。
この「愛と青春の日々」的な帽子投げは、今年何回目であろうか。幸せなことである。

閉会式。
MVPはフレンズの主将Rui。彼はこの1年チームを引っぱり、本当によく頑張った。
恒例試合後の集合写真。互いに本塁をバックに和気藹々(あいあい)と撮影。
親たちがこぞってカメラを手にわらわら参集する。微笑ましい光景、野球のみならず全国あらゆる少年少女のスポーツに関わる親たちの本能がそうさせるのであろう。

フォルコンズの写真は筆者が、フレンズのそれはフォルコンズUeshimaさんが。互いのカメラを交換しあいながら撮影。おかげで筆者もフレンズの輪の中に無事収まることが出来た。

「下町...」の勧善懲悪に胸がすく思いをしながら、時に涙腺を緩めながら筆を止めつつも、なんとか今年の野球試合関連ブログが完遂した。

ここから以降の少年野球「晴耕雨読」BLOGは試合とは無縁の、「6年送る会」及び日々の由無しごとにゆったりと緩急取り混ぜ、年末から正月までの短い期間を過ごすことになるんであった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: