2016年5月30日月曜日

頑張れ、お互いに

今日はQueensのエリエール大会VS横浜オールウェスト戦。会場は境川遊水池球場。昨年フレンズも県大会で何度か行ったところ。しかし断腸の思いで今日はスコアラーなんであった。よって試合中の写真はほとんど無い。
北部大会なんである。名門鷺沼ヤングホークス戦。試合前Ishikuraさんの激が飛び、Kurosu監督が頭を抱える。

試合は序盤にフレンズが5得点。と言っても相手から頂いた点のようなもの。決して打ちまくったものではなかった。ただ打ったヒットは素晴らしい当たりが多かったフレンズなんである。
受験でやむなく野球を離れる子のいるチームがある。ヤングも昔からご多分に漏れないわけで。春にヤングと対戦した時は僅差ながらフレンズの負け。Fノーヒットに対してヤングは長短打7本だった。ところが今回は様相が逆転、終盤になりFが打撃に花が咲き8得点。終わってみれば13:0の完封勝ちなんである。でも下位打線でもしっかりバットが振れていたのは間違いなくヤングだった。ヤングはフレンズには負けないと思っていたかもしれないが、ヤング以上に驚いたのは筆者だった。あの名門ヤングホークスが。Fが勝って嬉しいのにヤングのことを思うとちょっと残念に思った俺が異常なんだろうか。ここは今日のFナインをほめるべきだろう。
三塁塁審を昨年のOB、Hajimeがやってくれた。相変わらずヤツの笑顔を見ると憎めないものだ。しかしその体型は中学野球部活をやっている者とは思えない、恰幅の良さ。大人だったらぴっっちぴちのシングルのスーツよりは、だっぷりしたダブルのスーツが似合うだろう。頭、胸、腹の三段クビレはあたかも正月の鏡餅か。または動物に例えれば子豚を飲み込んだ大蛇アナコンダみたいだった。

こんなことを書けば「なにこれ!このブログ、セクハラよっ!」と言われるかもしれない。
試合を見つめる鉄棒にずらり並んだのはFの母たち。これを動物に例えるならば、ふたコブラクダの群れ。サハラ砂漠を行商するキャラバン隊がオアシスで休憩した時に並んだ「ふたコブ」ラクダみたいに。オトコならワカリマスネ?Ishikuraさんなら今頃ニンマリしているに違いない。

.............
このあと低学年大会の為に4年以下の練習試合をムリクリ敢行す。こちらは少し写真を掲載。普段フライなんか取れない子がおっかなびっくりながら取れたりすると、そのたびに両軍父母ベンチから歓声が上がる。こんなときはYもFも関係ない。おそらく当の子どもらは緊張でいっぱいいっぱいだったのだろうと思うのだが。

回はばんばん進む。このあと西有馬ドームへ行って今季二度目の体験会をやらねばだったからだ。


このところ野球ブログネタが少ないのをいいことに「小説」なんぞを織り交ぜて書いており、その反応評価がイマイチ伝わらない。もうやめるべきなのだろうか?小説ではなく駄文の垂れ流しで社会を汚染しちゃってるんではないだろうか。多摩川の清流を汚物で浸食しているのではと、疑心暗鬼なんであった。...けれど、すでに「小説4」は既にストックしてあるけれど。

このあとの体験会はまた次回。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2 件のコメント:

J2 さんのコメント...

テッシーさま
お誕生日おめでとうございます。

Kurosu監督が現役なことにも驚くけど、20年程前のフレンズにボウフラのように涌いたライパチ少年の、
当時まともにグローブも填めなかった父親がコーチを続けていることに改めて吃驚仰天です。

新連載の小説はどっかで一度、完成したものを出版社に送ってみては?
かつて貴殿のご令息がそうであったように...。

フレンズに、連載に、陰ながらご健闘を祈ったり端折ったりいたします。
また指を切り落としたりしないよう(こう書くと誤解を生むけど)どうかご自愛くださいませ。

J2

テッシー さんのコメント...

かつての愚息殿

コメントありがとう。
というか、誕生日のお祝いの言葉をありがとう、と言うべきか。

このコメント全文引用させてもらうよ(^-^)