2016年5月9日月曜日

得点を自信に、失点を反省に

8日、日曜日は歴史ある防犯大会なんであったけれど、その前に7日QueensVSフレンズの練習試合があって、時系列を無視するとBLOG的にはナニかとよろしくないんである。たった一日の違いは、賞味期限5月7日のイングリッシュマフィンと5月8日のクロワッサン程度の差しかない。ならばイングリッシュマフィンのほうを早めに食べちゃうわけで。
カリッと焼いたイングリッシュマフィンを半分に切って、マーガリン+オニオンスライス+塩+粗挽き黒胡椒+生ハム+からしマヨネーズでおいしくいただきたい。

あれは忘れもしない2013年、初めてQueensとフレンズが練習試合をやった。Himariの代のQの黄金期であった。女子には負けないぞという気負いがあったのか、フレンズはプレーの全てが悪循環し、逆にQueensは当時の猛攻打線が爆発しイケイケドンドン、20数点対いくつかで惨敗を喫したフレンズなんである。逆に言えばQにはとても自信になって勢いが付き、このあとの大会で破竹の連勝街道をまっしぐらなんであった。

練習試合、所は第一公園ドーム。宮前少年野球のメッカである。ここで練習が出来るだけでも幸せなんである。声をかけてくれたのは監督Koshimizuさん。連合監督時代にフレンズの若きコーチ(20代前半)のShohtaがお世話になった縁もあるのだった。


筆者本日はQueens側につく、と言っても練習試合、そこはそれ、あっち行ったりこっち行ったりするんであるが、基本Queens広報部長の重責を果たすべく帽子もQのをかぶって戦況を見つめることにした。勝ち負けの話ではないと言いつつ、どちらにも勝ってほしいし、どちらにも負けて欲しくないわけで。世界中で一番日本をこよなく愛するアメリカ生まれの在日米国人が、WBC決勝日米対決でどっちも頑張ってほしいと願うようなものである。

初回表Qは2本の安打とFの四球失策がらみもあり、3点を先制。先発Shohはきっと次々に打席に立つQueens姫の美貌にコントロールが狂ってしまったのか。
冒頭の2013年あの時の悪夢が蘇る。しかしFのチカラは知っていたので、まだまだ大丈夫、むしろQへの期待を込めて良い試合になるかと思ったのであった。もっと点を取ってもいいぞQueens、なんて。

しかし昨年の面影はなくなってしまったとは言え、やはり男子チーム、その裏Fはクリーンナップ以降の長短打で6点を返して6:3。
ベンチ周りの点景。

Fの女子である、フレンズ監督Itohの姪っ子Anju。大人びたこの身長でまだ3年生なんである。先日Sohma会長が優しくQへの勧誘をしたら、きっぱり竹を割ったように言い放った「いえ、入りません!」と。鬼の形相の会長かと思いきや、破顔一笑「そこまで言われるとむしろ気持ちいいな」と大笑いしていた。
そのAnjuが代打で起用。4番主将の代打なんである。かろうじて四球で出塁。


その後Fは尚も6点加点。しかし3回にはQも踏ん張り1点をもぎ取る。Q二番手はAyaka。
Ayakaの舌ペロリの「ぺこちゃん投法」についてはまたの機会に譲りたい。
ドリフ。「宿題やったかあ〜!」「顔洗ったかあ〜!」「ボール磨いたかあ〜!」

練習試合なのでQも代打起用でKurena(Coo)も打席に。

見てくれこの笑顔。Yurikoである。9番ながら終盤見事にツーベースヒット。筆者が審判なら、こんな笑顔を見せられたら2塁打を思わず5塁打とジャッジしてしまうだろう。
憎めないなあ〜(^-^)


試合は14:6でFの圧勝。
Fは6失点を反省し、Qは6得点を自信にして欲しい。やはり男子には厳しく女子には甘い筆者であるが、ジョーダンではなく本当にFは反省点が多すぎるんである。ただ、伸び伸び野球が出来れば勝てるのだという一種のセオリーを垣間みた気がしたんであった。そういう意味ではFも収穫のある試合だったと思う。

試合後は合同練習。名監督Koshimizuさんのもと、男女関係なく守備につく。
さすがに監督ちょっといつものQのノックよりは強めなんであった。

..............
有馬ドームに戻り午後は練習。世代は違うけれどOBのKazuとKentaが来てくれた。筆者も含めて当時のコーチに挨拶もきちんと。他チームでもそうだろう。こーゆーところが野球の良いところでもある。
若いフレンズではある。監督Itoh32歳、29番Shohta20代。

OBのKazuは大学3年生、Kentaは今年社会人になったばかりの18歳。みないずれもバリバリの高校球児であった。監督は現役当時副将だったがあとはみな主将だった。子らのバッティングピッチャーを務めた。緩くもなく速すぎでもなく。しかし実際これが難しい。Kazuは小学生相手に気を使いすぎてか、最初はとんとストライクが入らない。徐々に良い球を放れるようになる。

風になびくのは何も鯉のぼりだけではない。お茶のペットボトルのラベルもぴーぴーぴらぴらなびいていた。

二人のバッティングピッチャーは子ども相手に2割くらいのチカラで投げていたが、休憩時間になると二人でバッテリーを組み互いに100%本気モードで交互に投げる展開に。さすがである。形相が一変する。しなる右腕、躍動する肢体、目にも留まらぬスピードボール。Kentaがビーンボールを投げてキャッチャーKazuが受け損なった時にはKazu、後輩Kentaに「おめえ、これが硬球だったらぶっ殺してるかんな!」と言う。こんな性格、母親に似たのに違いない(^-^)それでもKentaもニヤニヤしながら豪速球を投げる。KazuもKentaも兄貴がいてだぶだぶユニフォームの入部当時のことを覚えているが、それを思えば光陰矢の如し、実に楽しい光景である。


最後はKazuをセンターに置いて外野ノックの場面。
筆者大声で叫ぶ「Kazu!本気のバックホーム見せてくれ〜」
すかさず周りの子らに言った「いいか、よく見てろよ」
ぱしっ!
ずさっ!
びゅんっ!
きーーーん....。
ばすっ!
イチローばりの「矢のような返球」という見本のようなプレー。
子どもはもちろん母たちからも歓声が上がる。

...........
次回は賞味期限5月8日のクロワッサン的な防犯大会開会式の模様をお伝えしたい。例によって全チーム行進の写真はあるのだが、素人カメラマンゆえの反省点多し。今度は一塁側のコーチ陣の前からガッツリ撮ってやるぞと決意を新たにするんであった。

では次回まで「美人局(つつもたせ)」的に終わる少年野球「晴耕雨読」BLOGなんである。(^-^)
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: