2016年11月13日日曜日

青の新人戦

いよいよ新人戦が開幕なんであった。各チームともに手探りながらも、来期の戦力をこの時期にどう調整し立ち上げてくるか。フレンズは第二試合。第一公園に到着するとすでにヤングVSモンタの試合が白熱していたのだった。
それにしてもヤング3塁側のスタンドに座っているあの美人はいったいだれだろう?QのYamaguchiさん、QヤングのKurashigeさん、旧QヤングのMochidaさん。その隣にいる謎の美女であった。

連盟本部席に行くと会長が興奮していた。「Ayakaが凄いよ」
そーなんである。来期、強豪猛打打線が予想されるモンスターズ相手に、終盤まで僅か2失点の好投を見せていたのだった。筆者は途中からだったので内容は分からないが、あのモンタ相手に淡々と投げる球は、打者を翻弄することしきり。

拮抗した試合展開。
イケメン、ちょいワルオヤジコーチ軍団のモンタベンチ。

それにしてもあの子はいったい...。

最終回裏、ヤングの攻撃。Ayakaはバント。きれいにグランドを球が転がっていく。

必死に一塁へ疾走するAyaka。完全にアウトのタイミングではある。

Katsugeさんの両腕が左右に伸びる。セーフになった。

モンタも渾身の力投で必死の投球。

両チームにも5万の大観衆にも息詰る緊迫の空気が漂う。打席はこれまたQ姫のYuriko。たまらずモンタは選手自らタイムを要求。この場面でこれはなかなか出来ることではない。しかも絶妙のタイミングで。


Ayakaは三塁まで進塁している。その間名将ヤングKurosuさんが動いた。Ayakaに耳打ちをする。次に打席に入った選手にも。(※後日談。耳打ちの内容は試合後本人に訊いたけれど、今後のベンチワークに影響もあろうかと思い、ここでは開示しないでおこう)

スクイズであった。投球はスクイズ警戒で故意かどうかはわからないが、大きく高いボール球となり捕手が必死でキャッチしマスクをぶん投げて飛び出す。走者Ayakaはすでにスタートを切って本塁へ突っ込もうとしていたのだった。驚いた彼女は慌てて3塁へ戻ろうとするが...。

これはこの試合もそうだし、次のフレンズ戦や3試合目の試合でもそうだったけれど、やはりこれが新人戦なんである。大舞台で緊迫した場面ではまだ守備面でのほころびが露呈するのであった。
三本間での挟殺プレーにエラーが出てしまった。Ayakaが本塁へ生還する。スライディング後思わずセーフのジェスチャー。スキージャンプ競技のレジェンド葛西紀明が、K点越えで勝利を確信したときのポーズに似ているではないか。その後もボールは外野を転々とし、次の走者も生還。

このあと劇的サヨナラゲームとなった。(このあと二試合目のフレンズも似たような試合展開となるのだが、それはまたいずれ近日中のアップなんである)
Kurosu,Ishikura,Sakoの三氏、久々にヤングベンチで白い歯がこぼれる光景を見た気がする。ヤング応援父母たちも大いに湧いていた。
強豪モンタナインには逆に良い経験になったと思う。この悔しさをバネに更に強くなることだろう。

それにしてもあの謎の美女はいったい...。
実は筆者ここへ来てすぐMochidaさんらと話をしていたんであった。もちろんこの子はあのQueens2013年のレジェンドとなった黄金時代の主将Himariだった。有馬中の3年間、女子硬式野球京急で活躍し、いよいよ来年は高校受験なんであった。
小学生当時と変わってない可愛らしさに加え、ちょっとオトナっぽくなって彼女の笑顔はオジサンには眩しかった。彼女のタイムLINEでは、本当に中学時代を思い切り満喫した様子が伝わって来て楽しく嬉しい。これからも頑張ってほしい。
試合後会長らと談笑する。会長は相好を崩しっぱなしでもっとデレデレだった。

この時季、まだまだ青いチームが多いと思うのであった。当然である。例外は昨年のウルフ。この新人戦ですでにAチーム並みの走攻守揃ったずば抜けたチカラを備えていた。それが今年の快挙となったのは周知のとおり。
まだ新人戦始まったばかりだけれど、ここから冬の練習を経て「青の時代」から来春には新緑が芽吹くように緑に変化するんである。
このあとの「まだ青い」フレンズの試合。次回ブログにて。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: