2017年1月23日月曜日

球恋遊学

久々のオムニバス形式的日々雑感ブログなんである。

昨日土曜はQueens年間最大のイベント「卒部式」なんであった。全部載せられないと分かっているにもかかわらず、結局200枚超えの写真を撮ってしまうわけで、あとで公開出来ないのに後悔しちゃう。本日日曜はフレンズ午前のみで、午後帰宅後にQの写真から厳選70枚に絞り込んだものの、まだ多すぎて断腸の思いで更に削除し40数枚に絞り込む作業。ひと仕事終えるとここ1,2年の悪いクセで疲労感を覚えて集中力が続かない。ましてや風邪が長引いて寒気を覚える中、熱燗を飲みながらであるからして余計なんである。

風邪と言えば一週間ほど前から風邪をひいちゃった。ピークは木曜の晩。仕事部屋で暖房をかけていても悪寒が止まらず上下ヒートテックを着込んでから厚手の服を着て更にダウンベストを羽織ってもまだ寒い。やっべ、風邪の野郎俺の中に完全に居座りやがったな。風呂に行き裸になると震えが止まらない。慌てて部屋に戻り体をファンヒーターで十分に暖めてから熱めの湯船に身を沈める始末。なんとか土曜のQ卒部式には行けたものの、延々昼から夜8時頃まで続いた酒宴の席では酒はほとんど進まず、あまり酔えなかったんであった。Kurashige号、Sashiki号の送迎してもらった車の中では極力咳をしないように心がける。これを書いている今も時折咳が止まらないが、だいぶ良くはなってきている。

小説「月に雨降る」のこと。
一回のブログアップには400字詰め原稿用紙で平均して5,6枚程度、短くて4枚、長くて8枚ほど。ブツ切れでの掲載は読み手を混乱させて、一気読みが出来ないイライラ感を助長させることは百も承知なんであるけれど、致し方なし。Queens新年会でもSohma会長に「Teshimaさ〜ん、小説いつ完了するのよ?」...昨日の卒部式でもMurata代表が「Teshimaさ〜ん、芥川賞はいつ?」...今日のフレンズでもKaneda顧問が「テッシーさあ、希伊のその後が早く知りたいんだけど」と。少年野球ブログの中で小説を書き始めるという暴挙に出て、フレンズではKanedaさん以外ほとんどの人からの反応はなく、フレンズでは誰も読んでないのかと疑心暗鬼、むしろ他チームからの父母から言われることのほうが多い。例えば連合で知り合えたメイツHazama母や、バーズ、Qの熱烈な「晴耕雨読」ファンと言ってもらっているYoshikawa母などである。そして連盟事務局の至宝鬼の編集長Nishimuraさん。きっと遠くから見守ってくれているに違いない。そんな声をかけてもらうことが小説執筆のモチベーションとなるわけで、とてもありがたし。短編と長編の線引きは曖昧だけれど、長編小説とは原稿用紙で200から300枚らしい。今、佳境に入っている「月に雨降る」は現在219枚まで行った。晴れて長編の領域に入ったんである。

前回ブログで「球遊学恋」という多少苦しげなタイトルで、中学生の部活あるいは学校生活をなぞらえてみた。野球を頑張って、仲間と遊んで、学業も怠らず、そして恋をする。親の庇護の元、家庭中心だった生活が中学になると、次第に初めて親抜きでの世界を知ることになるのが中学時代だと思う。
この「球遊学恋」(きゅうゆうがくれん)を野球のみに転じて言葉を並べ替えてみた。
「球恋遊学」(きゅうれんゆうがく)
野球に恋して夢中になって遊んでいるうちに、社会人になっても通用することの基礎を学ぶことになる。

いささか強引だったろうか。
やばっ、もう寝なきゃ。こほこほ、げほげほ。相棒Macに向かっていくら咳をしても彼に風邪はうつらないので安心だ。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: