2017年3月26日日曜日

中学生版「春のセンバツ」(追記)

昨夜のブログ執筆から一夜明け、Ohmoriオヤジのタイムラインが更新されたので、今朝その写真を追加して良いかAyumumちゃんに了解をとり、追記掲載しちゃうんである。
勝手に写真を使ってはいけないと忖度(そんたく)し、いや斟酌(しんしゃく)し、いや慮(おもんぱか)り、一応掲載は控えていたんである。
※「忖度」は今年の流行語大賞の候補になるんではないだろうか。

まずは有馬を出発する前の有中ナインたち。中学生とはいえジャージ姿はまだあどけない少年たちの印象もある。一昨年フレンズから全国へ行ったOB(新2年生)たちの姿もチラホラ。全く幸せな世代である。

試合後のスコアボード。フレンズ以外でもヤングの3番Kurashigeくんなどの名前が並ぶ。

試合は1:1のタイ、特別延長の8回裏、一死満塁で打順は4番のHiroに回って来た。応援はいやが応にも盛り上がったことだろう。ここでレフトオーバーのサヨナラ決勝タイムリーを放ったのだった。HiroがHEROになった瞬間だった。

宮前連合時代からの盟友、有馬子ども会OBのHayateくんと。

そのHiroに抱きつく母のNatsukiちゃん。嫌がりのけぞる息子のHiro。中学男子と母のいかにも「あるある」的な写真である。

今日も静岡では熱戦が続く。有中勝てば2試合ダブルだそうだ。
有馬も宮前も、今日も吉報を待ってるぞ。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: