2017年3月8日水曜日

宮前春季大会開会式

ブログなんて書いている場合ではないんである。このところ土日も含めて仕事、今日も先ほどまで(23時)やっていた。確定申告も迫ってきちゃったわけで。

確定申告のデータとにらめっこしながら、WBCの中継を観戦する。途中JAPANの山田の幻の本塁打を見た方も多いだろう。-38.6°の入射角でフェンス際に飛び込んだ打球は、少年の差し出したグラブにすっぽり収まった。これがビデオ判定となり、結果二塁打となる。スローを見た筆者の見立てではこの行為がなければおそらく数センチの差でスタンドインしていたと思う。
しかし、少年を責めてくれるな。彼は一生忘れないであろう貴重な体験をしたわけで。むしろナイスキャッチ!と少年野球コーチとしては褒めてあげようではないか。元プロ野球の解説者が「グラブなんか持たせちゃいけないですねえ」みたいなことを言っていたが、あれは失言だと思うんである。これがもし、酔っぱらいのジジイがやった行為なら、山田に謝れバカヤロウと思うけれど。

さて、このままでは春季開会式の模様をお伝え出来ない。いや旬というものがあるから急ぎアップしなきゃいけない。はてさて、その狭間で乙女心は揺れ動くのであった。
頑張ってアップすることに決めた。一気にいく。

あらためて球春なんであった。

まずは開会式前に2017Queens姫たちの集合写真を。セオリーとしてちゃんとフラッシュを使ったのだが、まだコントラストがきつくてせっかくの美女たちの顔に濃い影が。

そして一気呵成に全チーム入場行進を掲載。例によって順不同である。





我らが宮前Queens

そしてジュニアの部。いわゆるBチーム。合併チームとして出場したのは「フェニックス」宮崎台バーズと野川台フォルコンズである。ふたつのチームともにBとしては人数が不足しており、よって鋭意合併連合チームとしての参加となった。素晴らしいことである。オトナたちのその熱意に敬服。互いに共通項はバーズ(鳥)とフォルコンズ(正式にはファルコンズ=隼はやぶさ)...。つまり互いに「鳥」なんであった。一個のチームだけでは参加出来ないけどふたつが合体して結束すれば、ヒヨコと言えどまるで不死鳥のごとく蘇り、大空に羽ばたく...というコンセプトで「フェニックス」なんであった。
誰が考案したか知らないが、なかなかのネーミングではないか。(^-^)
全7チーム。


優勝旗返還。昨年の覇者富士見台ウルフ。

Sohma会長、更に来賓からのご挨拶。宮前区長の野本さんは今年で退任なんであった。
長い間お疲れさまでした。ありがとうございました。

恒例丘の上のギャラリーのロングショット。いくら探してもウォーリーは潜んでいない。



選手宣誓は松風スラッガーズのKamedaくん。マイクを通したその大音声(だいおんじょう)には会場がどよめくほどの元気の良さ。時季的にも啓蟄である。地面を揺るがすほどの選手宣誓に、まだ寝ぼけ眼(まなこ)の虫たちもこれで目が覚めたことであろう。会場からの拍手にも力がこもる。


来賓のアップ、Qとフレンズのアップなんぞを。
宮前の大会横断幕はライオンズクラブさんのご厚意で今年刷新されることに。ありがとうございます。このあとの第一試合では始球式を。それはまた後日。


会長は美人に目がないのはこのブログで周知のとおり。しかし待ってもらいたい。会長だけではなくオトコたるもの誰だってそーなんである。それをフランクに態度に示せるか否かの差なんである。日本人はなかなか態度に表せないものだ。さりげなくこういうことが出来る人は羨ましい。この日も会長はガッツリツーショット写真をおねだりしたのであった。宮前区長、グリーンスポーツ社長、山際衆議院銀秘書さんらと。
※このあとの試合はまたいずれ。めっちゃ忙しいのでブログがいつになるかは保証の限りではない。ご容赦。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: