2017年6月18日日曜日

神宮のささやかな想い出

日曜のこんな時間にブログを書くのは久方ぶりなんである。今日の午後は体験会であったが、すぐに無情の雨が降り始め無念にも解散となってしまったんであった。ポケットのiPhoneも冷たい雨でずぶ濡れでバイクで帰還、熱いシャワーを浴び冷や酒をグビリとやれば、ほどなくして睡魔に襲われズブズブと撃沈、夕方蘇生するも仕事をする気にはなれず、今日息子夫婦から届いた「父の日」のプレゼントを眺めながらまた酒を飲み、重い腰をあげてブログ画面と向き合っているわけなんであった。それに明日からちょっと忙しいので今日中に書いておけば精神的余裕も生まれるというもの。そんな計略もあって書き始めるわけで。「イッテQ」までに完了出来ればいいのだが。(今は「笑点」の時間である)

さて昨日土曜は今日と違い素晴らしい好天であった。北部大会VS宮崎モンスターズ戦であった。先発はMは素晴らしい超速球派のHandaくん、FはShohma。HandaくんのボールにはこのあとF打線がきりきり舞いすることになる。

Mの監督はちょいワル系ベテラン監督のKohnoさん。良く通る声で選手を鼓舞する。


ジャッジメントはMoritaさん。みなさんお気づきだろうか?今年から選手のサングラスが認可されたことに伴い、ベンチスタッフもサングラスがOKとなったんである。但し帽子の上にグラサンを載せる行為は危険なのでNG。筆者は知らずに先日のウルフ戦観戦時にみなサングラスをしていることに違和感を覚えて、本部に確認したところ大人もOKになったとのことだった。筆者は数年前からスコアラーは真夏の強い日射しのもとしばらくスコアシートを見てから、おもむろにグランドに目線を移すと視界が真っ白になってかなわんわいと、周囲にベンチのサングラス着用の是非を問う提言をしていたんである。ミラー系のスポーツグラスはダメとの噂もあったが、どうやらそれもOKみたいである。筆者は若い頃から外出の際、冬以外は薄い色のサングラスを掛けているヒトなので朗報であった。
Moritaさんもマスクの下にサングラス着用であった。


試合は一方的なモンタペースの展開。3回終了時4:0であった。昔からモンタやレッパと聞くと「打つ」打のチームというイメージが強いんであるが、そのチームカラーを踏襲しているモンタなんであった。

ちょっと休憩...。
給水タイムである。担当のお母さんが攻守交代の間に審判たちに水を補給手渡しする、昔からの少年野球の風物詩。たまたま筆者の近くではFのY.Kaito母が三塁塁審の父Yasudaさんに水を渡すシーンに遭遇。偶然夫婦なんであった。美女と野獣のカップル...いやいや奥さんがエマ・ワトソンに負けないくらいの美女であるのは間違いないが、ダンナYasudaオヤジは野獣とは真反対の物静かな優しいヒトなんである。夫婦でなにやら談笑しとるではないか。ナニナニ、フムフム、何ですと?
「アナタ、今日は晩ご飯何が食べたい?」
「う〜ん、そーだなあ。キミが作る料理ならなんでも良いよ」
....なんて言ってるわけないか(^-^)

閑話休題。
さてそれにしてもMのTeramotoくんである。(司馬遼太郎ふうの書き出し)
彼は今日は捕手だった。下手すると投手の投げる球よりも、彼の二塁への走者刺殺の送球のほうが速いんである。盗塁を成功させることが出来るのは、たぶんこの地球上でイチローかウサイン・ボルトくらいであろう。打ってはレフトオーバーのツーベース二本、攻守に渡って大活躍であった。

失策も多くFは無得点であったが、4回にGakuの左中間タイムリーで一矢報いやっと2点を返すのがやっとだった。このところGakuが良い働きをしているのが印象的である。

想い出した。
一昨年の全国大会、猛暑の神宮球場では、独りぽつねんと蒸し暑く暗い神宮の階段を、ひょこひょこ上り下りしている、幼い彼を見かけて不憫に思い声をかけたのだった。まだ入部して間もなく右も左も分からないまま、身を持て余していたのだった。筆者は球場の記者席からあちこちせわしなく移動している最中だった。
「おい、Gaku元気か。おまえだけベンチに入れなくってゴメンな」
「はい」
「独りで大丈夫か?」
「はい」
「迷子になるなよ」
「あ、はい」
...その彼が今や外野への大きな打球を飛ばす。ふと、当時のそんな会話を想い出した。


試合は8:2でモンタの勝利。公式戦まっただ中を縫ってのローカルゲーム。ローカルだからと言って負けて良いはずはない。少しでもチームが負けに慣れ始めると、公式戦でもそれが影響するからである。負のスパイラルの連鎖は避けたいのである。
.......
さて、今、時計は20時前。TVではダッシュ村、もうすぐイッテQ。ほとんどTVは観ずにBGM状態でブログに集中しておった。う〜ん。一気に今日の体験会まで書くつもりであったが、次回に譲りたい。写真選択に30分、ブログ執筆は平均2時間はかかるんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: