2017年7月3日月曜日

強いチームと良いチーム

低学年大会フレンズは、ほぼ同時進行の子ども会大会本大会の部で優勝した、野川レッドパワーズの弟分のレッパなんであった。
スコアラーはOhmoriスコアラー部長の予定であったけれど、筆者急遽第四へ行けることになり、最近スコアラー機会が激減している私はやれる時にやっておこうと思い、試合直前になって久々のペンを握ったんであった。
これがもしいつものようにカメラマンをやっていたら、ブログは延々と文章写真に埋もれてまた神経をすり減らす晩になっちゃうから、実は少しホッとしているわけで。簡単に写真...といってもスコアラーなので、最初と最後の数枚しかない。いっそ「お蔵入り」させて没ネタにしようかとも思ったんであるが、「モッタイナイ」の日本人の美徳を思い出し、小さい記事になるけれどアップしちゃうんである。
集合!.....パシャリ。

試合前の投球練習。マウンドは4年エースK.Kaito。ベンチや応援席のリアルタイムでは分からないことが静止画の写真で判明することが良くある。打席のバッティングフォームもそうだけれど、ピッチングもまたしかり。どうしてこれを指導しないのかと不思議に思うことすらあるが、筆者も写真を撮って初めて気がつくことが多いわけで偉そうなことは言えない。これは以前のブログにも書いたこと。リリースの瞬間左手のグラブが左胸に納まっておらず、地面に着かんばかりに垂れ下がっている。これでは体の芯がブレて真っすぐな球が行かないと思う。野球経験者ではないけれどサッカー経験者なので、つまりスポーツ経験者なので、それくらいは理解出来るんである。サッカーではとかく脚にばかり注目が集まりがちだが、フリーキックなどボールコントロールの際に以外と大事なのは両腕のバランスなんである。
※この記述は自分のチームのフレンズのことなので書ける。ご理解されたし。


一夜明けて今日(日曜)は終日練習であった。打撃練習では久々にレフトの守備につく。選手が十分いるときは球拾いに回りもっと後ろに位置するのだが、今日はたまたまレフトが空いていたんであった。年齢はジジイだが気持ちは42歳、まだまだイケテルと思ったのは十年前。マジで体が言うことを聞かないわけで。もし深夜パソコン相手に不健康なブロガーなどやらずに、28番あたりのコーチを今でもやって、毎週健康的にノックなどしていれば、体の動きは随分違っていたはずだ。ほんの一時期父コーチの頃はユニフォームを着てベンチに座っていたけれど、素人ながらYanagisawa代表などの教えを踏襲し、子どもらにも熱く指導していたが、今は昔、今昔物語。いろんな大人がいろんな事を言えば子どもが混乱するという、大昔から言われている少年野球指導の弊害を鑑みて、今は筆者、ほとんど子らには具体的な指導をすることは控えている。どのチームでもよくある話で。監督にはこう指導された、○○コーチにはこう言われた、○○くんのお父さんにはこうしたほうが良いと言われた、家に帰ればパパが...。じゃあ、ボクどーすればいいの?おそらく皆言ってることはそれぞれの正論なのだろうと思う。しかし一番の被害者は子どもなんである。指導陣が一枚岩で基本の骨格がきちんと形成されていれば、多少そういうことがあっても問題ない。今のフレンズはその点不協和音は全く聞こえてこない。(筆者の知る限りではあるが)
親は指導者に敬意と感謝の気持ちを持ち、指導者は常に奢らず親に対しやはり感謝の気持ちを忘れなければ、ほぼ良いチームになるはずである。強いチームになるかどうかはこれにプラスまた別の要素が加わってくるが、少なくとも「良いチーム」にはなるはずだ。

前置きが長くなってしまった。「晴耕雨読」の悪癖のひとつであった。
今日そのレフトの守備位置にいるとショートの守備の4年Kaitoに接近遭遇したんである。
「Kaito。昨日はめっちゃフォアボール多かったなあ」
「はい」
「Teshimaコーチさ、あんまり言わないんだけど、今日はひとつだけ聞いてくれるか?」
「はい、なんですか」
Kaitoは学年のわりに実に会話が流暢で、「自分の言葉」を持っている希少なヤツなんである。大人の会話に十分ついて行ける頭脳を持っている、頭のいい子だ。
「あのさ、写真撮ってるじゃん、俺。そうするとKaitoの投球フォームを見るとさ....」
こうこうこうで、グラブの持ち方を左胸に引き寄せてこう直したほうが四球が少なくなるはずだよ、ということをジェスチャーを交えて循循(じゅんじゅん)と伝えたんであった。
こくんこくんと頷きながら聞いていたKaito。
「はい。パパにもすごくそれ言われていて、良いときは全然良いんだけど、どうしてもクセが直らなくって、ダメな時はダメなんです」
「それをいつも意識して、左手のグラブをな、ちゃんと直すようにしたらさ、もっとストライク入るようになるぞ」
「はい、わかりました」
「おし、がんばれよ」
と言って頭をポンポンしてやった。
ちょっと自分に課した規範を逸脱したが、これくらい基本的なことなら許されるだろう。
因に彼のパパとは、フレンズOBでチームのコーチでもあり、かつては甲子園球児だった熱きフレンズ魂を継承するKakenoくんである。一昨年の全国の時の前監督Satohくんとフレンズで同期だった。
.........
すんごい試合から逸脱しちゃった。簡単にアップしてTSUTAYAのレンタル映画を観ようとほくそ笑んでいたのに、もう、やんなっちゃう。
試合はレッパが圧勝かと思いきや、最終回なんとかフレンズのHideakiが痛烈な左中間ツーベースタイムリー、続く4番Junのタイムリー連打で2点を返したが、結果は6:3の負け。スコアラーやっているので、最後にもしやAnjuにも連打が出るか?という場面では、一旦スコアラー席を放棄し一眼レフを手にし、ベンチから離れてAnjuにシャッターを切った。すかさずまたスコアブックにカウントを記入しまたカメラを持ってベンチの外への繰り返し。

面白かったってゆーか、低学年にしては珍しいのは、犠牲フライが低学年の試合なのにフレンズに2本も出たことなんである。Aチームでもなかなかスコアブックに犠牲フライの△マークを付けることは少ないのに。審判もちゃんとタッチアップを良く見ていた。
強豪相手に負けてしまったけれど、悲壮感は伴わない負けだったように思える。


それにしても今日帰宅後は、都議選と藤井聡太くんのふたつの勝負の日。
面白い日だった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: