2017年7月24日月曜日

Q姫のプロ野球始球式(YBvsYG)

土日と図らずも仕事になったんであった。今日日曜は歯医者に行った他はずっと図面を描いていたんである。
さて土曜からは2017年フレンズ夏合宿なんである。宮前のみならず全国的に夏休み最初の週末、少年少女スポーツ団体の合宿は花盛りであろう。フレンズは今年も山中湖へ行っている。フレンズのグループLINEにばんばん写真がアップされるのは例年どおり。時間をみてそれもここでアップしようと思う。
その前に、土曜はQueensなんであった。

横浜ベイスターズVS読売ジャイアンツ。この日の共催社がJAの関係で、JAの専務でもあり宮前Queensの代表でもあるMurataさんのコネクションで、なんとQ主将Ayakaが始球式をやることになったんである。観客席を50シート確保でQ関係者がどどんと押し寄せたんである。筆者はフレンズ合宿の代わりにこちらの観戦に行ったのだった。

広島カープ以外のプロ野球観戦はたぶん初めてである。しかし同じ神奈川だもの、横浜ベイにやはり肩入れしちゃうわけで。試合前のグランド整備からバシバシ写真を撮った。始球式で失敗しないように練習を兼ねて。ある種グランドというものは、野球人にとって神聖なものである。特にグランドキーパーの整備にかける思いはどの球場でも真摯で相当なものである。(多少ショー的な要因もあるだろうけれどそれでも良いものは良い)


中でも本塁とマウンドはキーパーにとっては気を遣うゾーンであるに違いない。何やらマウンドの傾斜角をミリ単位で調整し、土の湿度まで1度単位で補正しているかのごとく、熱心に整備していた。或いは噂の「ヒアリ」の巣を発見したのかもしれない。

さていよいよ始球式。
数時間前にはQの監督コーチたちが「Ayaka、投げる前にキャッチャーのサインに首を振れ」だの「一塁に牽制球を一発投げてみろ」とか、さんざん愛のある指導をしたらしい。
これを撮ったらとたんに筆者の今日の仕事は終わったように思った。ピンが甘いのが難だけれどなんとかベストポジションから撮ることができた。通路に立ってカメラを構えていると、ベイファンに見えないからどいてくれと言われたり(丁寧に)、係員からこちらで立たないようにお願いしますと何度も注意されたり(丁寧に)、それでもほんの1分間ほどだったけれど、どうにか仕事を完遂できた。
サウスポーの小学生女子が、プロのマウンドで数万人の大観衆の前で一球を投じることは、オトナが想像する以上に緊張するものであろう。
Ayakaの一球はシュート回転(?)し僅かに外角に逸れたものの、しなやかなフォームから繰り出した球は見事に捕手のミットに綺麗に納まった。観衆から「おお〜!」とのどよめき、続いて割れんばかりの拍手が涌き起こった。
連写にて。




シートに戻って来たAyaka。ネーム入りのユニフォームと投手用グラブ、始球式のボールをもらった。ボールには日付まで刻印されていた。
球場に来れなかったSohma会長から筆者にLINEが入った。
「Ayaka、テレビに4秒間映りました」
お返しにこの写真を会長にLINEする。


試合は初回ベイのセカンドとライトがお見合いしてポテンヒットとしてしまったのを機に、Gが3得点。これが最後まで響く展開。G先発はエース菅野。さすがの貫禄である。

ベイの筒香はあの若さで独特のオーラを持っている。好きな選手の一人である。野武士のような風貌で結果を残す選手はなかなかカッコいい。

観客席を活写。その間ビールを何杯飲んだだろうか。しかし球場のビールってどこもなんであんなに高いのだろうか。あきれるほどの高さに閉口しちゃうが、それでもやっぱり飲みたい。Ayakaの若くて上品なおばあちゃんから、皆に大量のハイボールをごちそうになったりして。ごちそうさまでした。



ラッキーセブンでの風船飛ばしは阪神のお家芸と思われがちだが、もともとはカープが発祥、元祖なんである。今や全国レベルになった。ここハマスタでも例外ではない。
使用前。ぱんぱんに膨らむ。誤解しないでいただきたい。

使用後。へなへなと萎む。誤解しないでいただきたい。

興味はないけれどなんとなくチアガールを撮ってみた。筆者目が悪いので遠くからでは顔がほとんど判別出来ないけれど、大勢の中で一番笑顔がはじけている子にピントを当ててみたら、めっちゃ可愛い子だった。視力は衰えてもオトコの第六感はいまだ健在か。それにしても本当に素敵な子だった。オトコなら街ですれ違ったら二度見するに違いない。

さて最終9回裏、ベイが3:0からなんとか1得点した時はこの日一番の大盛り上がりだったが、そのまま試合終了。どちらのファンでもなく純粋な野球ファンとしては、投手戦なのか貧打戦なのか、消化不良で決して面白いゲームではなかったけれど、メインはQのAyakaの始球式だったから良しとしたい。


このあと、監督Koshimizuさんのひと声で、地元川崎宮前のQ御用達夜の部室「宮前平藍屋」へ急行し、Q野郎どもで終電間際まで飲んだのであった。
........
今週はこのあとフレンズ合宿ブログなんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ



0 件のコメント: