2017年9月17日日曜日

子どもは半永久運動機関

※冒頭でお詫び
前回土曜に書いた「消える魔棒」のブログで、文中Ureshinoくんの打席と表記してましたが、正しくはOhnishiくんの誤りでした。筆者試合中スコアブックを確認後撮影したものの、選手交代になったのを知らずにてっきりUreshinoくんと思い込み書いてしまいました。日曜夕方事実が判明し訂正し書き直しました。関係各位様にお詫び申し上げます。
因にUreshinoくんはこの日2打数2安打の打率10割でした。

今年これで何人目だろうか。写真と名前を間違える愚挙は。戦場カメラマンはもとより、日本のジャーナリズムの根幹を揺るがすことにもなりかねない、ジャーナリストの風上にも置けぬ筆者なんであった(^-^)+m(_ _)m
※日曜夕方17:30記(小説執筆を途中で放棄しつつ)

さて、宮前スマイリーズ(Queens)と、宮前ヤンキースJr(5年連合)の練習試合なんである。ヤンキースJrの監督は鷺沼ヤングホークスB監督で手腕をふるうSashikiさん。その愛娘YurikoはQueensで、母はQのスコアラーという、なんとも複雑な対戦なんである。
(※写真と文章、イニング数は必ずしも一致しない。また、写真のなかに浮いている白いゴミのようなものは、そぼ降る小雨の粒なんである)

ヤンJr先発はTachikawa(Tatekawa?)くん、QはAyaka。

初回Nakagawa、Tahara(Tawara?)両選手の安打や、二死後4番のEndohくんのホームランなどで2点先制。



2回には打者一巡の猛攻の中、今度は5番Tachikawaくんがまたまた大きな本塁打を炸裂させて大量点。Q姫たちは必死に攻めるもSachiko、Hinataの安打2本のみ。



たまたま遭遇のQ美人妻3人と、Qベンチの遠景。

途中からヤンJrはEndohくん、QはAkaneにスイッチ。

こちらもちっちゃきQ美人姫3人と、ヤンJr応援選手団。



結果はヤンキースJrの大勝だったが、Qもスマイリーズとして川崎秋季大会へ出場するわけで。点差を憂うることなく、何かこの強化練習試合で得るものがあったと思いたい。

試合後、台風の影響で雨が継続的に降ってきた。ところが走るのが大好きQueens。Murata代表によると特に今年のチームはベーランが大好きなんだそうである。こともあろうに、Q姫全員が男子ヤンキースJrベンチへ直談判しに乗り込み、「やいやいやい、男子ども、ベーラン競争やろうぜ」(もっと可愛く懇願したと思うが)ということになったんである。男子チームにはないQueensの面白さである。
本塁と二塁に別れて、よーいDON!
足に若干故障を抱えているAkaneは走らず投手板で待機、ゴール係。そのかわり、Hinataが「男子〜、こりゃ〜待て〜い!」と言わんばかりに肉迫する。


人数の関係もあって2回戦やる。フレンズでもそうだが、子どもってなんでこんなに疲れ知らずなんだろうか。一日中走り回っても筋肉に溜まる乳酸値は1ミリも無いに等しい。人類はいまだに「永久運動機関」なるものを発明していないと思うけれど、ランボルギーニのエンジンにこの選手たちの脚力パワーエキスを注入してやれば、軽く地球3周はノンストップで走れるに違いない。

学校で流行っているんだろうか?妙な人物名を合唱しQ姫たちを煽(あお)るヤンジュニ男子。つい最近各チームから招集されたばかりで互いの名前もまだ覚え切れてない時期と思うが、しかしこういう時の結束力は早いものである。まるで旧知の友のように。
ただし、ウチのQ姫たちを泣かしたら筆者や会長がただではおかんぞ。

ヤンジュニにハンデを与えたものの、ラストランでは良い勝負になった。アンカーの俊足Sachikoがダイヤモンドを激走する。
両者投手板へ向かうが、タッチの差で男子の勝ち。
最後にマウンドのAkaneを中心に左右に弾け飛び宙を舞う両者。
ちょっと良い画が撮れたかな(^-^)


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ



0 件のコメント: