2017年9月26日火曜日

負けても研鑽努力

野川台フォルコンズは西野川小を本拠とする、Queens所属選手の多いチームである。かつての連合を通じて、フレンズ父母ともいまだに交流のある父母も多い。有馬小とも距離的に近いんである。
そのフォルコンズとQueensの練習試合なんであった。
監督はF、Tanakaさん、Q、Koshimizuさん。二人とも「ちょいワルオヤジ系」であるが、Koshimizu監督のちょいワルは年季が違う。
主審はTohko父、Ueshimaさん。
先発は宮前ヤンキース選出のひとり、ただの速球ではない豪速球派のFujiiくん、QはエースAyaka。

イケメンオヤジと美人妻のカップル、SachikoのPierce(ピアス)夫妻。Jeffは今日は仕事で少し観戦してのち、慌ただしく西野川ドームを後にした。
(LINEスタンプの帯はちょっと遊んだだけで他意はない)
Fの投手陣と堅守にQは三振と凡打の山ではあったが、これもジャビット、川崎秋季へ向けての貴重な鍛錬となるはずだ。

Q姫でありF選手でもあるMiku。速球を打ち返しては両軍ベンチから拍手、強烈打球をセカンドで処理してアウトにしては両軍ベンチが湧く。微笑ましくも楽しい場面であった。



Qベンチに帰還しTohkoたちにレンズを向けると、自らピースサインをしてくれた。
女子ならではの場面。みんな先輩後輩というより、姉妹のような関係なんである。男子にはない、Q姫ならではの伝統的な関係性なんである。

さすが主将Ayakaであった。起死回生となるか、痛烈な(?)二塁打を放った。他のQ選手にも強烈なライナー性のファウルボールが飛び出すたびにFベンチから「おお〜!」と驚嘆の声。



Q&F、お互いにピッチャーを順々と交代しながら研鑽を積むんである。

特筆はフォルコンズ。数人で投手リレーしたのだが、全イニング無四死球試合を敢行。たいへん立派なものである。
..........オマケ。
煙草休憩に行ったんである。
そこに雑然と寝かせて並んでいたのはFオヤジたちの煙草のパッケージ。瞬間的に想起しちゃったのは、縁日の屋台でお馴染み、「射的」なんであった。おもちゃのライフルのコルクでぱすんぱすん、ぺちぺち、ぺこんぺこん打つ、アレである。

でもって寝かしてあった煙草をそれ風に並べてみたんであった。僭越ながら筆者のエコーとZippoもお仲間に加えてもらいつつ。.....。捧げ〜銃!(つつ)
誰か、おもちゃのライフル持ってきて〜!
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: