2017年11月24日金曜日

「日々雑感」数題

日々雑感的「晴耕雨読」ブログなんである。雑多に書き散らす。

フレンズ仕事で美人妻たちに悩殺されて...じゃなかった、忙殺されること、ここ数週間。やっとトンネルの先に光明が射したのだった。成績表冊子は明日からの土日に最後の写真を撮って、それを原稿に取り込み、月曜ネット発注すればおしまい。「6年送る会」色紙に貼る、子どもとコーチの顔写真のシールは今日完成した。明日、母たちがグランドで手分けして、夜なべして、手袋編んでくれた...じゃなくて、手分けして色紙を作るらしい。ここ10数年作ってきた冊子の内容を「晴耕雨読」で公開しようと思う。しかし、まだ今年は配付してないので今はつまびらかには出来ないわけで。インサイダー取引的、法令遵守、コンプライアンスに反する行為なので今は無理。覚えていたら年内に大公開しようかなと、企画、画策、思索、暗中模索なんである。

そのシールは色紙に貼るもの。この時季毎年コーチの写真を撮りにグランドへ。先週残り数人のコーチの写真を撮った。そこに「アラガネーゼ」ことAraganeオヤジが偶然いたんであった。フレンズには滅多に来なくなったオヤジ。千載一遇のチャンスとばかりに、望遠で狙ってみた。何枚か撮ったうちの一枚がこれ。
試合を観戦しながら大あくびをブッこいていた。シン・ゴジラを凌駕する、今にも口から火を吐き出しそうな形相であった。一番彼らしい写真である。(^-^)
ガオオ〜〜〜ン

完成シールはこれ。コーチ・ベンチ関係者などオトナ14名、6年生5名、5年生以下19名分である。

話変わって。
先日「宮前タウンニュース」のことは書いた。今朝新聞折り込みを見た。「天声人語」を読むより早く。なんかもう、ずっと昔のことのように思えるのは筆者の気のせいだろうか。あの時の感動が蘇ってきた。

話変わって。
そんなこんなで、すったもんだで、なんてこったの、パンナコッタ。
11月初めに届いたTSUTAYAの映画2本は未だに封も切っていなかった。来週あたりには観れるだろうか。何を借りたのかもちょっと忘れてしまったわいな。
因に住所部分を隠蔽している写真のZIPPOは、数年前フレンズOBのInoueオヤジからもらったモノ。ZIPPO第一号モデルのレプリカ製造版なんである。

話変わって。
さて夜も更けてきたので、子どもたちはとっとと寝て欲しい。ここからは「晴耕雨読」的オトナのブログタイムであるからして。「宿題やったか〜?歯磨いたか〜?早く寝ろよ〜」なんである。
以前にも書いたけれど終日デスクに向かって仕事してる筆者は、あるとき深刻な「エコノミークラス症候群」に近い症状を発症してしまった。それ以来忙しくても必ず一度は外に出て散歩するようになった。と言っても15分くらい近所を徘徊するだけであるが。これを沖縄弁でハイサイオジサンならぬ「徘徊オジサン」と言う。
近所には有名な有馬神明社という神社があるけれど、その近くには禅寺もある。このへんを軽く徘徊散歩したのちセブンで煙草とかを購入して帰るわけで。夕方だと有馬中のフレンズOBと遭遇して「おう!Rui、元気か?」なんて声をかけたりするし、また遠くから「Teshimaコーチ!こんちは」なんて言われたりもするのも楽しい。

数日前その禅寺近くを通った時のことだった。いつも見慣れてる敷地の林に夕陽が当たっていたんである。ふと感じちゃったのだった。あれはいったい、まるで!...。

拡大すると、

階段を登って接近し明るく撮ってみた。

妄想と想像と予想がクセになってる筆者。先日ブログに書いたように「視点を変えて見ると、そのモノの違った姿が立ち上がってくる」んである。
先の画像を横に寝かせてみると、実に艶(なまめ)かしい姿が、ぬるりと立ちのぼって来たのであった。サルバドール・ダリの画のシュールな二人の女性が寝そべっているような。ヘソと脚と...。オトコなら想像逞しくして観察すれば、ワカルはず。
ではでは、おやすみなさい、なんである。(^-^)

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: