2017年12月30日土曜日

クセが凄い野郎ども

クリスマス前後に年賀状投函、今年の年末はそこそこ暇だったなあ、このまま大晦日を迎えるのかと思っていた矢先、中野のあるクライアント「A.C」から電話。
「はいTです。春の浦安の件ではお世話になりました」(...むむむ、嫌な予感。でも嬉しい)
「Tさん、年末忙しいですよねえ」
「いや、そんなでもないですよ」(...そんなどころか、結構暇してまっせ)
「ちょっと新宿南口の物件あるんですけど、いいですか」
「はい、なんでしょう」(...キター!年末ゆっくりできないじゃん。でも嬉しい)
しばらく仕事の概略を聞いたのち、
「じゃあ、明日11時中野へ伺います」

中野のクライアント「A.C」は日本でも指折りのグラフィックデザインと内装設計施工の会社。大昔筆者が20代の頃、個人的コネクションでここに就職するチャンスがあったのだが、政治的なカラミがいろいろあって願い叶わず。あの時入社していれば今頃は...。
11階の打合スペースで待っていると、目に飛び込んできたのは窓外の奇麗な富士山だった。冬の澄んだ空気の中で穏やかに、かつ、しゅっと屹立していた。
なんか、2017年の年の瀬に良いものを見させてもらった気がした。
担当者を待つあいだにiPhoneでぱしゃり。ここは何度も来ているけれど、決して高層階じゃないのに東京からこんなに近くに見えるとは。


というわけで年末の今日29日も仕事なんであった。残りは来年に持ち越しなんである。他にも来年1,2件予定が入っているわけで。個人事業主にとって、来年の予定が何も見えないまま年を越すことほど恐ろしいものはないのである。過去の暗黒の時代は何度も夢にうなされるほどの恐怖を味わったことがある。予定が空白というのはイコール即、死活問題なのだ。そーゆー意味では良い年末になったと言えるかも。

その次の晩は、今度は千駄ヶ谷にある別のクライアント「S.D」の忘年会であった。
かつて何度も通った代々木の鹿児島居酒屋で乾杯。50代前半に短い期間勤務していた会社である。筆者の小説「月に雨降る」のモデルになった会社(T&D)であり、その中に登場する「月地」のモデルにしたTsukiokaくんがいる。彼はジュニア時代サッカーで相当なところまで行き、高校時代はJ事務所に所属しト○オのボーカル○○とタメで、大学時代はスキーでスポンサーがつくほど名をなしたとんでもない野郎なんである。英語もペラペラで新年早々には某スーパーブランドの仕事でニューヨーク出張なんであった。その半面泥臭いことも全く苦にせず、淡々と実務も的確にこなす才覚を持っている。彼とは当時何度も会社で徹夜したり、わいわい歌舞伎町で飲んだりしたものだった。そんなヤツを世の女が放っておくわけがない。「英雄色を好む」はあながち間違いではない。しかしここではその話は多くを語るまい。40歳手前で今年やっと結婚したばかりだし。そのお相手の奥さんがこれまた超セレブの超超美人さんなんである。

その彼がチームリーダーとなって、我々外注設計スタッフを集めての恒例忘年会なんである。彼よりも全員年上のフリーランサーの設計屋である。大型物件では時にチームを組んで手分けして設計業務を遂行する仲間だ。いろんな話に花が咲く。専門的な設計ソフトVectorWorksあるある話から、iPhoneや電子タバコや、子どもや家庭のこと、昔のそれぞれの男の武勇伝、酒のせいでの失敗談から、最後はきわどい下ネタに至るまで。

とにかくこの業界のフリーランサーは「クセが凄いんじゃ」なんである。会社勤めが肌に合わずに独立した猛者(もさ)が多いわけで。筆者も半分はそのご多分に漏れない。
昼間は超真面目で人見知りで無口なのに、夜は酒乱で行きつけの飲み屋でパンツを脱いでチ○コ丸だしにして、行く店行く店全部「出禁」になっちゃう男など、実に面白い野郎ばかりなんである。酒も肴も旨いし、爆笑の連続であった。
筆者「ツッキー、みんなにあの話、しちゃっていい?」
Tsukioka「いやあ、それマズいっしょ。Teshimaさんがそれ言うなら、俺だってTさんのあの女の人の話バラしちゃいますよ」
筆者「あ、それはヤバい。あの話は世界中でツッキーひとりにしか話した事ないから」

そんな「クセの強い野郎」どもと深夜まで飲んで帰宅したのは、すでに日付が変わろうとした頃だった。どいつもこいつも仕事をするプロフェッショナルとしては一流の男たちである。(※ツッキーは唯一ネクタイをしている彼。年末の挨拶周りでオーダーメイドのスーツをぴしりと着込んでいた)

....
話変わって、ついにあの映画「ブレードランナー2049」のブルーレイビデオ(4K,3D,2D、など4枚組)が豪華BOXで発売決定。しかし年末のどさくさで買うのを失念。日本限定3000セットはネットで探してもすでにあっという間に完売したらしい。しかし、どーしても欲しい。理由はあの「デッカードブラスター」のモデルガンが入っているからだ。一念発起して十数年ぶりにヤフオクに参戦し落とした。40代の頃はAppleグッズを落とすためにヤフオクをさんざん利用したものだった。あの当時は海外の出品者からAppleグッズを何個買ったことだろうか。この「ブレードランナー2049」BOXセットは当初は定価¥26,000のBOXが、転売屋によって最高¥40,000近くで売り買いするほどの熱狂ぶり。筆者は2,3日少し様子を見てからほぼ定価に近い価格で落とした。今は落ち着いて値下がりしている。発売、発送は来年3月である。
しかしこれで来年、HONDAダンクを購入する計画は少し遠のいてしまった。せめて「ブレラン」のロックグラスでジョニ黒12年の封を切り、その香りと味わいに酔いしれる年の瀬なんであった。

最後にうちのワンコ、ミニチュアダックス、「りん」。
個人の2018年賀状にはがっつり大きく入れ込んだ。
だって来年は戌(イヌ)年だもの。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: