2018年2月20日火曜日

Qオトナの新年会

土曜午前はぽかぽか陽気、第一公園ドームでのQueens練習に参加。12:00になると花フラへグランドの引き渡し。筆者は午後フレンズへ向かうため帰ろうとし、丘の上へ退避したのだったが...。サプライズであった。Queens母たちから監督コーチ陣へのバレンタインなんであった。姫たちからそれぞれのコーチへ手渡しされた。オッサンたちもまんざらでもない様子。筆者はAohaから手渡されたのだった。因にAohaとHarukaのコンビを「アオハル」と言うが、まるで日清カップヌードルのCMの「アオハルかよ!」を想起する。「アオハル」とは青春を意味するのだろう。
そのあと今度はKuu個人から野郎どもへのバレンタイン。あの砂遊びばかりしていたKuuも今年6年生。実に可愛いではないか。ちゃんとメッセージまで添えられてあったのだった。鉛筆で書かれたそれをじっと見ていると、なんだかほのぼのと嬉しい気分になっちゃうのだった。
サンキューQ姫たち、ありがとうQ母たち(^-^)


この日は対外試合解禁日であった。午後は花フラとフォルコンズが練習試合。Jinushi父が花フラの集合写真を撮っていた。

さてその夜は毎年恒例Queens「オトナの新年会」なんである。「大人の」と書くとフツーだが、「オトナの」と書くと何やら怪しい響きが醸し出して来るのはなぜだろう、なぜかしら?しかしちゃんとした大人の新年会なんである。今年は事情があって一ヶ月ずれ込んでしまったけれど、子どもたち抜きの新年会というか懇親会なんであった。
出張握り鮨のOhsawaさんなんである。銀座久兵衛で修行し、溝ノ口方面で知る人ぞ知る銘店の鮨店のオーナーであり、父はあの大沢親分なんであった。今年も旨い鮨を堪能させていただいた。「魚が旨いと書いて、鮨と言う」なんて。
Sohma会長なんである。と言っても連盟会長ではなく飽くまでQのそれである。皆がSohmaさんをいつものように「会長」と呼ぶと、Sohmaさん激怒する。「俺をまだ会長って呼んだら新会長のMatsuiさんに失礼だろ」と。監督Koshimizuさんあたりが、まあまあとなだめるのであった。「いやいやQueensの会長ですから」と。Queensと聞くとニッコリしちゃう会長なんであった。

Q新年会恒例はもうひとつある。各家庭の母たちが一生懸命作ってきた手作りの料理を持ち寄るのである。筆者はこれも楽しみなのだった。

Qにゆかりのある各チームから指導者も参加。

QコーチDaiちゃんはもうすぐ妻となるカノジョを連れて参加。「Queensはファミリーである」との名言を遺していったKasaharaさんの息子だけはある。こういう温かい空気感のあるところも女子野球宮前Queensならではなんであった。

各テーブルを廻ってみる。フォルコンズ監督Tanaka父と母の会話。夫婦でナニを話していたのかは謎だが楽しそうだった。Tanaka母は聡明な美人さんである。昔は鶴のように細かったのだが、それはそれとして今でも素敵な美人なんであった。会長と話していてTanaka母が「テーブルで醤油をひっくり返す」エピソードには笑った。ちょっとここではつまびらかには出来ないけれど。周りを明るく照らす太陽のように、まん丸な楽しい人なんである。

さて夜も更けてきたので駆け足で行きたい。筆者Q広報としてカメラ片手に徘徊するわけで。酒も廻って良い感じになってくるころが狙い目である。各テーブルに突撃し「はいはい、そこの野郎ども写真撮るよ〜」と言えば良い笑顔でピースサイン。「ほいほいそこのお二人さん、こっち向いて〜」と言えばすかさずニッコリ。


Kurihara副会長がしみじみと言った。「Teshimaさん、ちょっと俺の写真撮ってよ」普段絶対そんなこと言わない人なんである。ジョーダンかと思ったら、曰く「俺の遺影、全然ないんだよ」と。結構マジで言っていたのでこっちも笑いながら真剣に撮ったのだった。
名門ヤングホークス。宮前名物監督のKurosuさんは総監督になり、連盟のアドバイザーという役職を兼務することになった。「Teshimaさんさあ、変な話しさあ、...」とKurosu節は健在である。代わって監督にはIshikuraヘッドが就任。こちらも相変わらずカミソリのようなアイロニーの利いたトーク術は健在である。


今日のAbeちゃんの出で立ちはさすがに赤いジャージではなかったが、替わりにこんなTシャツを着込んでいたのだった。そっと後ろに忍び寄り拙者、接写を試みる。

Q歴代母会長のOB母、MochidaさんとSoneさんも来てくれた。モッチー母は「Queens母会最高永世名誉顧問」というKasaharaさんが名付けた肩書きがあるし、Sone母は通称「ミーシャ」。カラオケでイントロを歌い出したとたんカーネギーホールの聴衆を一瞬で黙らせ、静寂の中男女ともに聴き入ってしまうほどの歌姫なんである。かつての三区懇親会では聴いているうちに泣いてしまう母もいるくらいの。モッチー母とともに二人とも同時代の苦楽を共にした、歴代Qを代表する美人さんなんである。
筆者から「撮るよ」と言わなくても「Tさん、撮ってよ」と向こうから声をかけられるようになった。だいたいは美女とのツーショットをご所望の会長なんであるが。今季母会長のこれまた美女のKitamatsu母とも良い笑顔で。



廊下のベンチで会長、Murata代表と三人で話しているとたまたまSone母が通りかかった。逡巡したのち彼女にカメラを渡しスリーショットを撮ってもらう。
見てくれ、会長の野郎どもと撮るときのつまらなそうな顔。筆者は短いセーターがまくれあがり腹丸出し、だし。Murataさんはペロペロに酔っているし。

そのあと気を利かして会長とSoneさんのツーショットを撮ってあげた。
見てくれ、会長のこの幸せそうな破顔一笑の笑顔。さっきと全然違うじゃん(^-^)

........
恒例、JAから駅前の俯瞰のショット。このあと何人かでカラオケ二次会に流れたのであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: