2018年3月13日火曜日

春の明と暗

今回は連盟広報兼Queens広報としてのブログなんである。スコアブックがないので写真中心に行っちゃうわけで。(誤記があれば許されたし。訂正します)
ウルフVSフレンズ戦のあとは、水沢ライナーズVS白幡台イーグルス戦であった。イーグルスは昨年春季の覇者なんである。6年生が実に13名も在籍しているのは羨ましい限り。手元の大会冊子を見て気になったので調べてみた。ナニか?出身小学校が混在しているチームと単一小学校で構成されているそれとを。因にフレンズは近年増えて4小学校から来ておりバーズに至っては5校など、結構このようなチームが多いんである。ところが単一学校出身で成り立っているチームは少ないかと思えばそーでもなかったのだった。ワイルダース(犬蔵)、モンタ(宮崎台)、ライナーズ(稗原)、メイツ(宮崎)、グリーンズ(平)の5チームもあったんである。(※本大会の部のみ。少年野球「晴耕雨読」調べ)
だからナニよ?って話ではあるけれど、どうってことない話でもある。
両軍投手の勇姿。

初回からE打線が好調、3点を先制する。

がんばれLナイン。


試合を観戦しながらフレンズの野球小僧と姫たちは昼ご飯。

それをじっと見下ろし「うまそうなモン食ってるなあ。早よ地面にこぼさんかいな」と鳩たち。虎視眈々ならぬ鳩視眈々なんであった。

試合は一方的なEの優勢のままゲームセット。Lナインもこれをバネに頑張ってほしい。


強いチームはやはりこーゆーところからして違うんである。試合後円くなってコーチ監督の話しを聞く選手たち。ピシリと背筋を伸ばしコーチの顔を見て黙って聞き入る。ちっともダランとしていないわけで。
ウルフOgasawaraコーチの話を聞き入るウルフナインと一方ではイーグルス。
このウルフ選手の中から将来東大に行って大蔵省、じゃなかった財務省に就職する子もいるかもしれないが、決して公文書を改ざんしちゃうようなオトナになってはいかんぞ。

さて三戦目は野川台フォルコンズVSリトルグリーンズ。
ここはひとつQueensびいきでフォルコンズのQ姫中心で行くのであった。
Gの主将でエースは昨年5年連合でも大活躍だったYuukiくん。一段と投球に磨きがかかった感がある。

Fのベンチは夫唱婦随、監督TanakaオヤジとスコアラーSatokoちゃんのコンビネーションなんであった。


さてQ姫たちである。一塁手Mikku、二塁手Ayane、右翼手Tohko。ファインダー越しに表情を観察すると、Qの練習の時とは明らかに違う緊張感に包まれているように見えた。特にAyaneはゴロを一球処理するごとに、深呼吸しちゃうくらいであった。でもちゃんと捕手から投手への返球のカバーに走り、健気に頑張っていたんである。他の姫たちも大同小異であった。



初回Fが幸先良く先制点を挙げるも、その後GのYuukiくんの速球にタイミングが合わず打線が繋がらない。対してGは着々と加点する展開に。まるで先のウルフVSフレンズのようなスコアだった。フレンズはもっと悲惨だったが。
それでも守備では見事なホームゲッツーなどを見せて頑張るF。


Q姫の打席に立つ姿もカメラに納めた。敢えて打撃の瞬間ではなく、顔が見えるサイン確認の瞬間を狙った。




試合はFハヤブサ軍団の完敗であった。小さな緑軍の圧勝。

最後に余談ではある。
今年から連盟前会長から顧問となったSohmaさん。カメラ抱えてネット裏に行った時に筆者言ったんである。
「Sohmaさん、ダメですよ。昼間っから銀座のママと同伴ですか?」
今年Q及びフォルコンズ卒部の、ギロッポンのチャンネエ...じゃなかった、ザギンのチャンネエ...でもなかった、有名な「クラブ・銀座Queens」のママ、Emmyちゃんと談笑していたんであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: