2018年4月19日木曜日

映画と酒

少しずつ「文章イップス」から快復しつつある私、いや筆者なんである。
日々雑感的ブログ、かつ短いブログ。

先日何度目かの好きな映画を観た。イップスの症状を緩和させるためには、もってこいの映画。
ヒッチコックの名作「北北西に進路を取れ」
突然衝動的に観たくなって観たんであった。自分が生まれる前に制作された映画だけれど、何度観ても魅力的である。
このところ仕事が詰まっていて週末は少年野球に行けない状況である。今週もフレンズ、Queensには行けそうにない。大昔の過去には数ヶ月フレンズ野球に行けなかったことがあった。池袋に出向の時だった。あの時期はブログ更新はほとんど出来なかった。

「映画と酒」の話。
「北北西に進路を取れ」のような昔の名画(洋画)を観る時は、赤ワインとフランスパンに乗せたブルーチーズさえあれば申し分ない。プレーンな塩クラッカーにカマンベールでも全く問題ない。

それならば、アランドロンが「ボルサリーノ」で拷問で飲まされた酒は何だったのだろう?今急にあの「ボルサリーノ」が観たくなって来た。ならば「栗色のマッドレー」や「太陽がいっぱい」や「レッドサン」なんかも走馬灯のように観たくなっちゃうわけで。

筆者の一番好きな「ブレードランナー」を観るのであれば、当然ジョニー・ウォーカーのオンザロックスである。ロックグラスはデカいグラスが良い。観るその前に腹ごしらえするのであれば、安いカップヌードルを食したい。その時はもちろん「二つで十分ですよ、旦那」と中国人オヤジから声をかけられたいものである。

邦画の「鬼畜」や「復讐するは我にあり」や「砂の器」や「飢餓海峡」ならば、ビールのあと日本酒の冷やか焼酎ロックが良いだろうか。

映画とそれに見合う酒という、短い話なんであった。
少しずつ社会復帰するも、ブログ文章には慎重にコトバを選ぶ。そのうちいつもの「晴耕雨読」に戻れると思いつつも、仕事が詰まってきており週末日曜はスコアラーなれど、予定は未定なんであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

0 件のコメント: