2017年3月21日火曜日

桜咲かずに散る早春

春季2回戦、VS向丘サンダースなんである。今年の宮前春季大会は春の嵐のごとく、大荒れに荒れて、大番狂わせや下克上や参勤交代や(ちょっと違うか)、何しろ意外な展開が待っていたのである。このブログは今日月曜の準決勝の結果も分かったうえで書いている。白幡台イーグルスが宮崎モンスターズを6X:5で破り、また花の台フラワーズは向丘サンダースを10:0でコールド勝ちの圧勝。なんということでしょう。決勝でイーグルス、花フラどちらが勝つにせよこの2チームが川崎市大会へ駒を進めることが出来る。まずはおめでとう、なんである。

さてそれに先立つこと日曜のVSサンダースとフレンズの試合であった。結果を先に書いたようなものなので、周知のようにフレンズは敗戦となってしまったけれど、写真にて展開しちゃう。最後にオマケもある。
先発はFはShohma、SはYamadaくん。あのSoraくんの弟なんであった。しっかりとそのDNAを受け継いでいる確証を目の当たりにすることになるわけで。
F主将Shohmaも兄のイケメンぶりと父の笑いのセンスと母のバレーボーラーの運動神経を受け継いでいるんである。

初回Sは無安打なるも走者を溜めてFの失策により一気に2点先制。


Fはあの豪速球に下位打線が打てないのは分かっていたけれど、それにしても全く良いところがなかった。二塁まで進塁したのは一度だけという始末。ここまで打線が沈黙するとは思わなかったんである。午前の練習では主力打線がそこそこ速い球をパコパコ外野へ飛ばしていたんであるが。

3回Sは3本の安打とFの四球失策がらみで更に4点追加。Fの敗戦濃厚となる。
結果は8:0。ムリクリFの良い所を挙げるとすれば、点差の割には四死球は2個、失策も2個だけであったところか。弱いチームの負ける要因の第一位と二位がこれなのだけれど、そこそこ少ない数字ではあった。それだけSが良い場面で打線が繋がった結果だろうと思う。
もうひとつは、二遊間を痛烈に抜けた当たりをFのセンターYuunosukeがセンター前ゴロとしてバッターランナーをアウトにしたことであった。少年野球ではたまにあることだが、今年になって投打に成長目覚ましいYuunosukeの真骨頂である。他の高学年生たちの奮起を期待したいものだ。フレンズは守備の要である捕手とショートが、更にはセカンドも現3年生と4年生(新4,5年生)が担っているんである。(負けた言い訳に聞こえてしまったら恥ずかしい限りだけれど)
桜が咲く前に春はすでに散ってしまったのであった。

フレンズギャラリーの声援も虚しく、虚空に響き渡る。
ポテチを頬張りすぎて飲み込めないY.Kaitoの弟くん。
ボールガールの紅一点Anjuの髪留めも紅一点。巣を見つけるために野に放たれたミツバチに付けられた赤い目印みたい。


............
さてオマケなんである。
宮前少年野球連盟が懇願しバックネットに念願のボールカウント表示器がお目見えしたのは数年前。ベンチ以外の応援席やネット裏の本部席では非常に重宝しているアレである。主審の判定に基づき審判員がスイッチを入れて表示している。この素晴らしきマシンはLEDを組み込んで作ったT氏いや、T師の力作なんであった。日曜ネット裏に行ってみると更にもうひとつ新作がお目見えしていたんである。これはセンター後方に設置されるためのものなんであった。宮前少年野球連盟発展に寄与した功績を認められて、おそらくノーベル科学賞受賞は間違いあるまい。Tさんありがとうございます。


筆者、会長に進言した。
「いつかこれも電光掲示板に新調しましょうか?」

連盟が全国に先駆けて少年野球球場で電光掲示板を導入したらこうなる。
「THE MIYAMAE STADIUM」

筆者は私財を投げうってセンター後方にもバックスクリーンを設置してみる。

甲子園風デザインで総工費5億7000万。築地市場の豊洲移転、建設費用に比べれば安いものだ。
これが完成するまでTさんの力作に頑張ってもらおう。
筆者や宮前全チーム父母たちの切実な願いは、このグランドの地下に巨大な駐車場を建設することである。駐車料金は24時間一律ノーマル国産車なら10円とし、ベンツやBMや銀色のジャガーなら100円としたい。その収益金はもちろん「連盟10円募金箱」に寄付するんである。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

こんんちは。BSOカウンター製作担当です。

第一球場ドームのBSOカウンターは皆さんによろこんでいただいて本当にうれしいです。
大師球場のカウンターを見て「もしかしたら自分で作れるかな。。。」と思ったのが始まりです。

3つ目のストライクを入力したら、アウトが増えたり
4つ目のボールが入ったら、カウントがクリアされたり
制御プログラムは自分なりにちょっと「こだわって」みました。

少しずつバージョンアップして
「最終形」はテッシーさんの写真のように、センタースコアーボードにフルカラービジョン!
。。。はムズカしいかもしれませんが、使いやすく改良していこうと思います。

修理保証は無期限です。
いつでもご用命ください(笑)

テッシー さんのコメント...

匿名さん、コメントありがとうございます。

完成品を見ると完璧で、でもその隠れたご苦労はなかなか第三者には分からないもの。素晴らしい力作だと感心します。
ありがとうございました。

普通ならTさんではなくちゃんと○○のT○○さんと書くべきところですが、情報漏洩防止の観点からイニシャルだけにしました。

Tさんならセンタースコアボード建設も可能だと思うのですが、その前に連盟にそれだけの予算がありませんね。
Sohma会長のポケットマネーで造りましょうか?(^-^)