2017年11月22日水曜日

大工の掘っ建て小屋

2017フレンズ成績冊子が佳境を迎えている。従来とは違ったアプリで編集作制作。今日はベースとなるデータをどうにかアップ。あとは各ページに挿入する写真の選択と加工なんである。コーチ・父たちが6年生を囲む集合写真は、例年この時季に撮ったものを冊子と写真立てに入れ込むので、発注締め切りギリまで待って撮る態勢なんである。どーしても叶わない場合は、オトナの写真は中学校の卒業アルバムの右上にぽっかり浮かんでいる丸い顔写真的な合成で急場を凌ぐしかない。急場を凌ぐ...キューバを凌ぐ侍ジャパンなんである。
この週末が勝負どころである。日曜に撮れたらその日の夜には原稿を完成させて、月曜には発注しないと、あとに控える段取りの母にしわ寄せが行ってしまうから、期限は守らねばだ。皆の予定を調整するために母が奮闘しているのだった。

さて、今日は先の川崎学童野球大会、決勝戦の模様がケーブルTV系列でダイジェスト版にて放映されたんである。(ウチはits.com加入)。筆者は18:00時点では仕事に没入しており、スコンと失念し見逃した。そのあと20:00からの番組をブログ用にと写真を撮ったんである。決勝戦ダイジェスト版というか予告編、あっという間だった。
※出典its.com11/21放映から....TV画面を画像に撮ってネットにアップすることは、法に抵触する恐れから、一応出典を明記した。


中でもQueensの試合が一番長く(と言ってもほんの十数秒)放映。


おお、バーズの(ヤンキース)Kentaじゃないか!なんか泣けちゃうわけで...。

決勝戦は1時間番組。リプレイ、解説付きの本編は12月に放映される。以下その放映予定。
■イッツコム(中原区・高津区・宮前区)
 すべて11ch

「ジュニア大会」     12/17(日)17:00~18:00
「ジュニアシスターズ大会」12/21(木)19:00~20:00
「連合チームの部」    12/27(水)19:00~20:00
「単独チームの部」    12/28(木)19:00~20:00 

さて、今週金曜には「宮前タウンニュース」の発刊日。同決勝の記事が掲載される。Sohma会長や記者のYamadaさんとのやりとりのあと、Queens写真は親子全員の集合写真が載ることになった。記事の扱いは小さいらしいけれど、Q以外の宮前勢も載るのでこちらも見ていただきたい。

最後に全然違う話。
先のブログで筆者の仕事部屋のリフォームの話を書いた。ヤニでギトギト、ベージュ色に染め上げられた部屋を全面リフォーム一新。素人が壁紙や脚立を買って来て腰を痛めながら苦労して断行した。天井廻り縁やドア枠などもフィルムを貼りどーにか完成したんである。これが元で腰痛が悪化、長引いたことはすでに書いた。実は今でもコルセットをしており、だいぶ良くなったけれど、いまだに走ることは出来ない。
随分前にオトナ買いしてしまった「サンダーバード2号」のプラモデルを新設の棚に。
こいつ機体の変なところを押すと2号パイロット、トレーシー・バージルの声で「サンダーバード4号、応答せよ!」なんて音声が突然出てきちゃうんである。すると筆者心の中で「こちら4号、出動準備オーケー!」なんて呼応してしまうのであった。
すっかりハゲオヤジになっちゃったけれど、キャップはそれに関係なく昔から好きだったので帽子が夥しい数に増えた。使わないものも入れれば10個くらいあるだろうか。どーにも整理しきれないのでネットで帽子掛けの専用ポールを購入。右の壁面のレンガ調クロスもネットで買って自分で貼ったもの。ペラペラの安物でありこれを「大工の掘っ建て小屋」という。類義語には「医者の不養生」「先生の不勉強」がある。専門家でありながら自分のことには無関心、的な意味合いである。それでもそれなりに書斎空間としての体裁は形成されている。週末のヘビーローテーションの帽子は、フレンズ、Queens、連盟のそれであった。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年11月20日月曜日

晩秋の点景と視点

先ほどフレンズコーチ父会後、飲み会に突入し帰宅。今日は駆け足でブログしちゃう。
秋の点景を切り取って点描するんである。

6年を送る会兼、一年を振り返る会兼、来季新チーム紹介兼、お疲れさまでした会兼、忘年会、慰労会、懇親会などを兼ね備えた「送る会」、いわゆる卒団式を年末に控えてやることいっぱい。この時季はどーにも間に合わないので仕事のスキを狙って、日中からフレンズ仕事をやることもある。自営業だから出来ることだけれど、自営業だからこそ逆に自分の時間を削ってしまう悪循環でもある。もし今筆者が会社員で同じことをやろうとしたら、相当な苦痛を伴うに違いない。一時期池袋の某百貨店に出向で勤務していた時は、ブログ更新ペースは今とは比べ物にならないほど遅かった。

そんな中、送る会へ向けて撮り残した写真を撮ろうとグランドへ赴いた。コーチ写真の中で唯一Kaneda顧問の写真だけが良いものがなく、期限切れの最後のチャンスの今日撮りに行ったのだった。審判Kumadaさんとのツーショット。
年輪を重ねた男にしか醸し出せない、いい雰囲気の画が撮れた。

ぎゅんぎゅん、ぎゅるぎゅる、ぎゅるるるる、....ボムッ!
大昔にフレンズが導入したピッチングマシン。ほとんど骨董品に近い代物であるが、いまだに現役で使っている。今でもバント練習などにたまに活用。Maedaオヤジが操作する。
ボールがローラーに潰されて一番ぐんにゃりぺちゃんこになる瞬間を撮ろうと、シャッタースピードを1/4000秒の高速で撮ったがものにすることは出来なかった。これを撮るのに50枚くらい撮ったのに。


大昔のブログにも書いたが、影が階段に投影されるビミョウな角度。
ここから見るとコンクリート塀の影は直線に伸びている。

少し角度を変えて撮るとギザギザに変化。

もっと移動して撮るとガクガクに変化。

この一連の陰影を見て。
このように、ものを見る角度、視線、視点を変えるとその有り様が思わぬ姿を見せてくれる。人を判断する時に第一印象や直感を信じることは大事だけれど、固定観念や先入観で決めつける目線ではなく、違った角度で観察すればその人の本来の姿を垣間見ることが出来ることがある。
....更に転じて。子どもがいくら野球が下手でも角度を変えてみれば、必ずどこかその子が持っている良いものを発見できることがある。オトナと違って子どもは無限の可能性を秘めているわけで。我々オトナはそんな柔軟で寛容な目線で子らを見つめていかねばと、この階段の陰影を見て、改めて自戒するのであった。

色紙に貼るシールを制作せねばならない。成績冊子発注とシールが今週末がリミットだ。
毎年コーチ陣、6年生、5年以下の在校生の顔写真を撮ってシールに印刷。今年は合計235個の顔写真を印刷。
子らを撮った。
帰宅してMacに取り込み見ていると、ホントにその子の性格がそれぞれの表情に表れるんである。写真はウソをつかないわけで。それでも先の「神視点」で見ればどの子もいろんな可能性を秘めているように思うのだった。
がんばれ、ニッポンの子どもたち。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年11月17日金曜日

スコアブック集計の11月

今年もこんな季節になっちまった。11月なんである。少年野球界では他のチームはどーしているかわからないけれど、おそらくどこも似たようなケースではないだろうか。11月はフレンズでは来季のスタッフ会議をやるのが通例である。ベンチスタッフ、父とOBコーチが集い来季スタッフ編成について語り合い、その後は親睦会という名の飲み会に突入するわけで。数年前、いやもっと前だったろうか、筆者がイニシャチブを取って全オヤジと監督コーチを招集し、ファミレスでまずは飲み物だけ頼んでつまみはとらず、その状態で1時間ほど真面目な会議をやったのち、終了後野郎どもで怒濤の飲み会をやったこともある。もっと昔はグランドの片隅に男たちが集まり、スタッフ人事の他、来季の子どもの背番号なども、監督中心に話し合いで決めた時代もあった。その民主的な手法の善し悪しは別として、もはや常時今フレンズに来ているコーチで当時を知る人は、Yanagisawa代表とKaneda顧問と筆者くらいなものだろうか。
今週日曜はそのスタッフ会議と親睦飲み会がある。その前の土曜には練習後、同じようにQueensのスタッフ会議がある。フレンズは監督29番が選手OBのItohくんやShotaが務めてくれているので安心だが、Qの場合は来季のベンチスタッフに波乱含みが予想されるわけで。会長などは全力で慰留説得をするはずである。詳しくは書けないけれど。筆者も参加予定である。

さて、話は違って「今年もこんな季節になっちまった」の11月なんである。
毎年この時季は子らの年間成績表を作成する。12月の「6年送る会」に配付するもの。手書きのスコアブックを手書きで集計し、それをExcelに入力し、年間成績が確定。更にExcelデータを変換し別のソフトに取り込んで編集し原稿を作成、最終的にこれを京都のプリントパックへ発注し、冊子数十冊は「送る会」の一週間前に担当母の自宅へ届くように手配する。
昔Kaneda顧問と筆者だけがスコアラーだった頃はこの一連の業務をほぼ全て一人でやっていた。毎年仕事の合間を縫って、送る会の2,3日前は毎日半分は徹夜していたのだった。その後スコアラーをなんとか増やして今に至り、どうにか分業制を敷くシステムにしたので負担は軽減したんであるが、最終の冊子データ編集だけは専門的ソフトを使うため、筆者の仕事である。昨年、今年とExcek集計はOB母のTamaeネエさんがやってくれている。実に感謝である。一個一個全ての選手データを検証し間違いあれば修正し、いつしか夜も更けててゆく今日この頃なんである。

今、たけなわなんである。これの他にもフレンズ年末関連でやらねばならないことは数多く、デスクの脇には「フレンズの○○はいついつまでにアップ」と優先順位にメモ書きを貼ってある。先日やっと「送る会」で上映するDVD用写真を選別し、今年の担当母、Nakamuraオヤジの会社まで届けた。6年生とコーチの集合写真も撮らねばならない。それから、アレとコレをいつまでに...。
なんか愚痴っぽくなってきたので、もうよそう。

昨年全家庭とコーチたちに配った年間成績冊子の昨年2016年版の一部をアップしちゃう。
筆者が作る前の昔はガッツリ数字だけのモノクロコピーの成績表だったが、いつしか写真も加えてカラーにし、成績プラスその年の想い出アルバム的な要素も盛り込むようにした。全16ページ。特に2015年の全国大会の冊子は特別バージョンを作った。
せっかく作るんだもの、少々苦しくても自分も楽しんで、人にも喜んでもらえるモノを作りたいじゃないか。
....
余談。
筆を置こうと思ったその瞬間、たった今侍JAPANがタイブレークの死闘の末、宿敵韓国をサヨナラ撃破。ルーズベルトゲーム完成。サッカーW杯ほどではないけれど、この深夜にちょっと「うっしゃあー!」と大声を出してしまったんである。


にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ

2017年11月14日火曜日

キミには笑顔が似合うのだから

時系列は狂ってしまったけれど、土曜のQueensシスタージャビットカップ、準々決勝なんであった。もう試合結果はお分かりなので言ってしまう、惨敗であった。せめて川崎学童で優勝した王者(いや女王か、Queenだけに)の片鱗でも見せてもらえばと思ったのだったが、それも叶わぬほど対戦相手が強すぎたのだった。

その相手は中原ルーキーズ。ルーキーとは名ばかりの実に打力の抜きん出た強豪なんであった。事前に「中原強し」とは聞いていたものの、想像以上の長打力なんであった。
※写真は時系列を無視して掲載。

Nは1回表から2回の打者5人までの打席は5人中4人が外野への長距離弾、初回はフライに取ったものの、2回には連続二塁打を被弾し、2失点だった。筆者はファインダー越しにこれは凄いなと。しかし今のQなら負けちゃいないぞと。

しかし、Nは打力だけではなく、投手、守備力も安定しており、全く歯が立たないのだった。

このあとの詳細は割愛したい。スネの傷に塩をすり込むような、脚を骨折した人から松葉杖を取り上げるような、そんな仕打ちはしたくないわけで。『惨敗』とだけ記述しておこう。むしろNのチーム力を賞賛すべきである。先の川崎大会で上位に出て来なかったのが不思議なくらい。おそらく連合などで主力を欠いていたのだろうか。
気を取り直しQナインの可愛い姫たちを打順ごとに。






回を追うごとにNの得点が加算されれ、Qはゼロ行進が続く。
悲壮感漂う応援席。


最終回は先週までは勝利の方程式だったHinataを投入。必死の力投を見せる。

一週間前の天国から急転直下、この日は地獄への片道切符。いや、まだ交流戦がある。片道切符ではなく、ここからまた這い上がる気概を見せて欲しい。
キミたちQ姫にはいつもの明るい笑顔がいちばん似合うのだから。
試合後は6年を中心に号泣していた。


........
さてさて、これで終わらないのが「晴耕雨読」Blogなんである。Q父母たちには水を差すようで申し訳ないけれど。
気分を変えて写真+コメントを数発いってみたい。

試合後会長は激オコだった。すこぶる機嫌が悪い。触れれば火傷しそうな勢い。しかし、Mochidaファミリーと会見すると春の雪解けのようにゆるゆると溶けていく。決定的なショットを撮った。この時はもう桜が満開、メロメロだった。MeikaとHimari姉妹に囲まれて。うーむ、羨ましいぞ、会長。


ボールガールひとり娘。


仲良しふたり組。


ベンチスタッフ6人組。


おお〜、世界に誇るQの美人妻3人組。


極め付きは連盟の、仲良しフツーのオッサン3人組、なんであった。

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

少年野球 ブログランキングへ