2015年1月23日金曜日

慢心は最大の敵

アジアカップが終わってしまった。
1:1のドローのまま最後はPK戦。まさかの先頭本田がミスをし5人ずつ蹴ってまたしても4:4のタイ。更に延長のPKで6人目の香川もポストに嫌われて、結果アギーレJAPANは負けた。香川は大好きな選手の一人だが、蹴る前のTV画面の彼の表情を見ていたら、「香川、もしかして外すんじゃないか」と思ったのだった。筆者の杞憂に終わらなかったのは不幸の極みであった。

PKの結果なんかどうだって良い。PK戦まで持ち越してしまったことが全ての敗因だと思う。
シュート数UAE3に対して日本は35本、それでも1:1の決定力のなさ。後半UAEのディフェンスの脚が止まって圧倒的な日本のボール支配率だったのにもかかわらずだった。いつかゴールが決まるはず、いつか逆転するはず、悪く言えばシュートを打っていればそのうち入るはず的な。大昔からJAPANに付いて回る「決定力不足」が露呈。

JAPANの心のどこかに慢心と焦燥はなかったか?
得点能力が仮に3:35の差があれば、野球なら確率的にほとんど後者が勝つ。
しかしサッカーはそうではない。
野球用語に「試合には負けたが勝負には勝った」という慣用句があるが、サッカーには「試合に勝ったものが勝負にも勝った者」となるんである。

転じて少年野球である。
有馬フレンズは昨年あたりから長年の低迷を脱却する兆しが見えてきた。新6年生がいつのまにやら11名、その中には人数の少ないチームにありがちなパターンで、3年生頃からAチームで試合経験を積んで揉まれて来た選手もいることが大きな財産になっている。現指導陣もさることながら、むしろこの子たちの長年の経験値の蓄積が大きい。小さい頃からここまで指導してきた数年来の監督、コーチ、ベンチスタッフ、父母たちの賜物である。負の遺産ならぬ正の遺産を受け継いで臨む今年なんである。毎年シーズンオフのこの冬の時季は、Aチームの選手でさえキャッチボールさえままならぬこともあった。ボールを後ろに逸らすたびに暗鬱な気分になる。長いあいだグランドの片隅で見てきたけれど、例年と違い今年はそのキャッチボールでも後ろに逸らすボールの数は確かに減ってきたようだ。野球の基本はキャッチボールにある。キャッチボールが出来ない選手はたぶん何をやっても上達しないはずだ。

先日Queensの新年会に参加した筆者は、会う人ごとに笑顔で「今年のフレンズさんは相当いい線いくでしょう」と言われた。もちろん半分はリップサービスと心得る。「いやいやフタを開けてみるまで分らないですよ」と苦笑で返す筆者。決して謙遜ではない。そこそこイケルところまで行くだろうとは思う。しかしそれにはふたつ条件がある。

慢心しないこと。
普段の練習どうりに力を出し切れること。

つまりは、技術よりも精神力がいかに強く保てるかである。
大人だって普段の仕事の場面でこれをキープするのは至難の技なのに、子どもにそれを求めるわけで。でもこれが出来ないと、決して上には行けないはずだ。上に行けば行くほど技術よりも体力と精神力がモノを言うのは、少年野球のみならずどのスポーツでも同じなはず。近年の宮前常勝軍団WやSなどは上部に行っても勝負強いのは、これが他のチームと違う差異と言えるだろう。
点差が開いても諦めない気持ち。点差があっても慢心しない気持ち。

私たち監督コーチや親は、選手たちにどんなに期待してもかまわないが、
子どもも大人も心の隙間に「慢心」が忍び寄ったときは己を自分で締めてかからねばならない。それは他人に指摘される前に自分で気がつくことが望ましいけれど....。
しかし「慢心」というヤツは自分ではなかなか気がつかない厄介な生き物なんである。
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: