2015年3月6日金曜日

最後のゲーム

某月某日、南部リーグの6年生だけによるオールスター戦が開催されていたんであった。筆者のMacのブログ倉庫に眠っていたんである。つい先日のことなのにいつだったかは失念...なんである。ローカル大会とはいえ大変に歴史のある大会。場所は有馬小スタジアム。そーなんである、運営幹事チームは毎年持ち回りで今回は有馬フレンズの番であった。本来昨年中にこの最後の懇親試合と閉会式を終わらせなきゃであったけれど、年々試合数が多くなり相手チームとの調整も難航する中、12月の対外試合禁止期間に突入したための苦汁の判断により今回の開催となったんである。歳を越してからの解禁日以降に開催となってしまったことは、ひとえにフレンズ及び筆者の不徳の致すところ、この場をお借りして関係各球団にお詫び申し上げたい。

その調整役はフレンズ事務局Tagamiオヤジ。一人に任せきりであったことは否めない。次回はチーム全体でサポートすべきだと自省の念。監督やベンチスタッフに比べて、フレンズのみならず他チームや連盟でも、事務局は裏方仕事であまり日の目を見ることがない。しかし、この事務局のスタッフあってこそのチーム運営なんである。チームによっては事務局のスタンスや仕事内容に若干の差異はあるだろうけれど、およそ大変な業務であることに違いはないはずだ。微に入り細に渡り、時に一斉送信メールに何人も返信がなく、思うに任せない状況にストレスを溜めることも多かろう。ご苦労さま、お疲れさま、ありがとうございますm(_ _)m

そのTagamiさんの差配で遅ればせながらこの度のオールスター戦開催となった。
連合チームでの顔見知りもいれば、初対面での選手同士も少なくない。それでも分け隔てなく同じ野球仲間としてチームを組むことに意義がある。
参加チームは(敬称略、略称愛称にて)ヤング、ブルアロ、フレンズ、フォルコンズ、アリコ、レッパ、松風の7チーム。人数の関係から先の3チーム16人対あとの4チーム15人の混成となる。チーム名は筆者が考案した。
ヤング、ブルアロ、フレンズ=YBF16
フォルコンズ、アリコ、レッパ、松風=FARM15
AKB48に倣(なら)ったのだがFARM=ファームとしたことは確信犯的な珍名である。

卒業生を労うのが本来の大会趣旨なので、基本全員を試合に起用する。顔を覚えている子もいれば、ほっほう面白い子だなあ、という選手もいる。もういっそのことランダムに写真を撮ってうまく撮れた写真を組み合わせてアップしちゃおうじゃないのよ。

この日一番目立ったヒーローは筆者的にはアリコのある選手だった。三塁コーチャーズボックスであらん限りの大音量で走者に指示を出す。大柄な体格に高音のよく通る声質でしかも実に明瞭である。グランドの応援の母たちにも大人気であった。筆者何も知らないくせに言える立場にはないのだけれど、この子はきっととても素直で野球に対して真摯な気持ちで向き合っているのではと、勝手に想像しちゃったんである。将来好感の持てる青年になるに違いない。
この子に限らず6年生はこれが小学生最後の試合。
我々大人たちには最後であっても、君たちには次のステージへの第一歩でもある。

フレンズのHiroの打順である。昨年はシーズン中連合も併せて6,7本のホームランを放っているスラッガーだ。宮前少年野球の聖地、第一公園ドームでのライト観覧席へ突き刺さる、豪腕投手から放ったホームランは今でもありありと瞼に焼き付いている。
有馬小のライト方面では今季選手たちがサーキットトレーニングをしていたのだが、Hiroの打席になるとわらわらと集まり両手を挙げて、「Hiroせんぱ〜い!ここにホームラン打って〜!」とおねだりする光景。なんだか素敵な場面を目撃しちゃった。
期待に応えようと力んだHiroはポテンに終わってしまったけれど(^-^)

なかなかの接戦であった。勝ち負けは記憶にないし、それはどうでも良いことだ。
みな野球を楽しんでくれたかなと思う。幹事チームとしてはもっとナニかサプライズ的オモシロ企画を考案したかったけれど、時間がなく忙しくて気がまわらず、残念であった。

一応滞(とどこお)りなく試合は終了。閉会式の優勝旗授与などはYanagisawa代表やKaneda顧問に要請するもやんわり辞退され、結局Tagami事務局が代役を務めた。
優勝は昨年上部大会でも活躍したブルアロ、準優勝はレッパ、フレンズが3位であった(かな?)

+++++++++++++
同日の晩、南部リーグ懇親会である。チームの垣根を越えてオヤジどもの打ち上げだ。
「ただの飲み会だろ」とおっしゃる御仁。そーではない。南部リーグに限らずこれはとても大事なイベントである。子どもの野球を共通項として見知らぬ隣人と楽しいオトナの時間を共有することはとても意義あることと筆者は思う。筆者はあえてフレンズから離れたテーブルに陣取りレッパさんと談笑。闘将Yoshida監督と名将Kurosu監督が根っこが生えたようにどっかりと奥の陣で構える。
順々と各チームからのひと言挨拶。笑いありシビアな意見ありで夜は更けてゆく。
今季つまり今年の幹事チームはブルアロさん。きっと大会運営も闘将Yoshida監督のもと、うまく運んでいただけるに違いない(^-^)

にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


0 件のコメント: