2013年7月5日金曜日

言葉だけで伝えられること

仕事で少年野球に顔を出せない週末が続く。必然的結果として野球を離れて何やらくだらない話や映画の話や言葉尻を捉えた話をネタに、このブログは展開していくのであった。
今日もソレなんである。

先ほどTV番組に脚本家のジェームス・三木が出ていた。ご覧のかたもいらしたろうか。
言葉をよく知っているし、さすが希代のプレイボーイでもあり、話が面白いんである。
「憧れの女優からネクタイをもらった。これをネクタイ関係って言うんですよ」
オヤジギャグはこれだけにとどまらない。
「ちなみにYシャツをもらった場合は、Yシャツ行為をしたくなっちゃうんですよ」
オトコなら分りますね?

言葉の話ではある。
恵比寿で事務所をやっていたころ、終日ラジオをつけていた。J-WAVE創立の時期でもある。なんてオシャレなラジオ局が出来たんだろうと、高校時代文化放送の深夜番組セイヤングを聴いていた筆者には驚きだった。清木場がいた頃のデビューしたてのEXILEなんかも番組に来たりして。当時はまさか今のようなモンスターグループになるとは想像もできなかった。でもあの頃の草創期のEXILEの曲が筆者は一番好きだ。J-WAVEではやたら透明感のあるBGMが終日流れていた。DJではなくナビゲーターという位置づけで、日本語ペラペラの外国人ばかりが次々と語りかけてくる。クリス・ペプラー、ジョン・カビラなどはその代表格であった。彼らもここから有名になっていく。

ラジオには映像がない。「音」や「言葉」だけで全てを表現しなきゃなんである。
「おくりびと」の脚本家の小山薫堂がまだ、さほど一般的には有名ではなかったころ、週末J-WAVEで番組を持っていた。これを聴くのが好きだった。CM提供は「味の素」である。このCMを聴くのがまた楽しみだった。
何かを料理している音だけを流して「これは何を料理してる音か?」という問いかけに、ピンポンとかブッブーとかクイズ形式で楽しむCMである。
例えば「ジュワ〜、パチパチパチ....」という何かを油で揚げて実際料理している音。
「う〜ん、これは、鶏の、か、唐揚げっ!」と、解答者が言うと、
「ブッブー残念!」これは唐揚ではなく天ぷらを揚げている音でした〜...みたいに。
確かに唐揚と天ぷらでは微妙に音が違うんである。その理由もちゃんと解説していた。勉強になった。他にも鍋をふるって炒める音でも料理によってそれぞれ微妙に違うのである。
このCMはその年のラジオCM大賞を取った。

ラジオCMと言えば今日こんなCMを耳にした。
TVでは誰しも観たことがあるに違いない、「ダイワハウス」のコマーシャル。
「Dルーム」といったか、女優の上野樹里が出演しているやつ。
「すいませ〜ん...今度私一人暮らしすることになって...」
と、言って喫茶店に歴代の仮面ライダーたちを呼んで自宅の各部屋の警備を頼むアレである。
「アマゾンさんにはベランダを〜...」
「しかし我々は世界平和も守らねば」と仮面ライダー1号が途中毅然と言う。
「1号さんには....お風呂場を...」とハニカミながら上野樹里。
ライダー1号はそれを聞いて、まんざらでもない様子....なかなかの傑作だと思う、コレ。
好きなCMのひとつである。反して同じダイワハウスでも役所広司のバージョンはいただけない。全くソフトバンクのホワイト家族のパクリで、オリジナリティーがないからだ。

今日仕事中耳に入ってきたJ-WAVEのラジオCMは、このダイワハウスのラジオバージョンである。以下、記憶をたどって再現。(多少は筆者の補足あり)

電話のやりとりのCMのようだ。
トゥルトゥル〜♪
「はい、こちらダイワハウスDルーム、お客様窓口担当でございます」
おそらく20代後半かと思われる女性のお客さんが言う。
「あっ、あの〜ちょっと訊きたいんですけどぉ」
「はい、なんでございましょうか」
「おたくのダイワハウスのTVコマーシャルで、お風呂場を仮面ライダー1号が警備するって言ってますけど、あれ本当なんですかあ?」
「いえ、あれは飽くまでCMですので、実際にはそういう機能はございません。大変申し訳ございません」
「あ〜良かった。だって、なんか恥ずかしくって、おちおちゆっくりお風呂なんか入ってられないじゃん」
「はい、申し訳ございません。....他に何かお訊ききになりたいことはございませんか」
「あ、いや別に」
「ダイワハウスDルーム、お客様窓口担当工藤でございました。お電話ありがとうございました」

大笑いするほどではないけれど、なんだか心の隅がぷるぷるするように笑えるラジオCMであった。

TVやネットのように映像や画像を駆使して心を震わせるのではなく、「音」だけで人のココロに届くものを造れる人は本当にセンスのある人だと思う。音楽はその最たるものだ。
転じて小説やブログもそうだ。
画像や動画に頼らず、「言葉」だけで心に届く文章を書いてみたいと思う今日この頃の筆者なんであった。
100万年かかっても無理だろうなあ〜(^-^)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村


0 件のコメント: