2013年9月3日火曜日

NPB CUPブログ序章

ブログをやっていて心苦しくなることのひとつに、せっかくアクセスしていただいたのに、こちらは全く更新出来てなく、読者を手ぶらで帰してしまうことである。ご祝儀持参でやって来た結婚式の客に、「本日の式は諸般の事情により中止となりました」と言って帰してしまうようなものだ。昨日も仕事のスキを見てヤング南部リーグ戦の試合だけを観にいって、終われば速攻帰り仕事に戻るわけで、とてもブログを書くエネルギーが残っていないんである。

先日の「NPB CUP関東学童女子野球大会」の横浜DeNAベイスターズガールズの.....もうこのクダリを書くだけでへろへろなんである。
しかし、それでも今日のアクセスは久々の奇跡の80超え。これは何か行動を起こさねばというので、「NPB CUP関東学童女子野球大会」の横浜DeNAベイスターズガールズのプロローグ編なんである。

前日寝たのはいつもより超早くて0:30、翌朝は4:30起床、5:30には自宅前にモッチーことMochidaファミリーのクルマがお迎えに。お気遣いありがたいことである。Qの主将でもあるHimariがハニカミながら「おはようございます」と挨拶してくれた。宮崎台JA経由でQueensの面々が大集合、一路大宮へ首都高経由でクルマのエンジンが唸りを上げる。乗り換えたクルマの操縦桿を握るのはNoeri父、Nissanワンボックスのブラックボディーの巨体を揺すりながら空を飛ぶように疾駆する。オスプレイよりも速くオスプレイよりも安全快適な操縦であった。

車中「早く着き過ぎちゃったんじゃないの」てゆーくらい早く着き過ぎちゃったんであったが、あにはからんや、いざ大宮の会場に着いてみたら、サハラ砂漠ほどの広さのある駐車場はほぼ満車に近い。関東中から少年少女軍団が大集合なんである。「早く着き過ぎた」と思えるくらいでちょうど良い時間であった。

ここからのブログは次回からおいおい書いて行こうと思う筆者なんである。
プロローグとして写真を1,2枚。
プロカメラマンによる例の記念撮影。こういう時に一般父兄のカメラマンは遠慮して脇で撮ってはいけない。脇から撮ると皆こっちのレンズを向いてないので、とんちんかんな写真になりがちなのだ。こういう時は遠慮せずプロの真後ろに立ち、プロと同じタイミングでシャッターを切るのが極意である。筆者は川崎市の広報という触れ込みでグランドを徘徊することに。「川崎市の広報」には違いない。ただし「川崎市宮前区宮前Queensの広報担当」の「宮前区宮前Queensの」部分を省略したのであるが(^-^)これは押しの利くKasahara代表と実行犯のKoshimizu監督の成せるワザである。おかげでグランドレベルでの撮影とカメラマン席での撮影が可能になった。

この大宮球場の大きさを理解させるに足る写真を撮ってみた。
試合前にハマの姫たちがアップのためにセンター付近をランニング。巨大な電光掲示板の前の彼女らは、アリンコがピンクの米粒を運んでいるようだった。

時系列は飛んでしまうけれど、次の写真は2試合目も終盤のもの。
横浜の連盟から来た素敵な若い女性がスコアラーをやっていた。筆者などよりもよっぽどきちんと付けているようだ。「私はオリジナルなので」と言いつつも撮影を許してくれた。スコアをつけながらも細々と選手に気を遣っていた。
スコアボードはみての通り、「大宮なう」シリーズにも書いたが山梨戦は圧勝であった。

さて明日以降仕事のスキマを見て「横浜DeNAベイスターズガールズ」のQの姫たちのことを中心に書いていこうと思う。その前に250枚の写真セレクト、加工がある。これだけでも東京ドーム3個分くらいの労力を必要とするので、ブログをいつ書けるかは「神の味噌汁」(^-^)/
にほんブログ村 野球ブログ 少年野球へ
にほんブログ村

0 件のコメント: